ブログ初心者は記事のパーマリンク設定をタイトルの英語訳にするのが一番良いという記事

カテゴリ名など余計なものは入れずにタイトルの英語訳のみが1番良い


この記事に辿り着いた方は

・ブログ初心者でパーマリンクの設定で悩んでいる



という方ではないでしょうか。


僕も最初の頃は日本語のまま、そのままでパーマリンクを作成していましたが、色々調べた結果「タイトルの英訳が1番いい」という結論に達したので共有します。


パーマリンクについて調べていると「カテゴリーを入れたほうがいい」や「タイトルのみでもいいかも」など様々な意見がありますが、絶対に「英訳のタイトル」にするべきです。



パーマリンクとは

パーマリンクとはネット上の記事の住所のようなもので、
この記事だと
https://answer-wave.com/i-changed-the-permalink

「 i-changed-the-permalink」という部分です。

パーマリンクは一度設定したら変更してはいけない


例えば記事の内容を全く変えずにパーマリンクを変えた場合、それはweb上では全く新しい記事として取り扱われます。住所が変わるからです。そうすると今までその記事が蓄えてきたweb上の力も「0」になってしまいます。その記事に対していい印象を持った人が自分のブログにリンクを貼ってくれていてもパーマリンクが変わってしまえばそのリンクから記事に飛べなくなります。「そんな記事(パーマリンク)存在しませーん」と言われてしまいます。web上の力が「0」になってしまうので、今まで検索上位に表示されていた記事でも検索圏外へ飛んで言ってしまいます。今まで積み重ねてきた実績がまったくなくなってしまいます。


ですのでパーマリンクは一度設定したら二度と変えてはいけない(変えることはできてしまう)ものです。これがパーマリンク作成の大前提です。


パーマリンクに余計な情報を入れてはいけない

余計な情報とは

・カテゴリ名
・記事作成日時

のことです。

カテゴリ名が起こす矛盾


記事が増えてくると新しいカテゴリーを増やしたくなったり、逆に減らしたくなったりします。そのときにカテゴリー名がパーマリンクに入っているとカテゴリ名と変更後のカテゴリーに矛盾が発生してしまいます。将来のカテゴリー変更のためにパーマリンクにカテゴリ名を入れるべきではありません。入れてはいけません。


記事作成日時が起こす矛盾



ブログでは「記事を書いたらそのまま」ということはあまりないと思います。少しずつ記事を読みやすいように、見やすいように、検索が集まりやすいように修正していく「リライト」という作業を繰り返し行うことになります。ライティングスキルが上がれば、初期の頃に投稿した記事の修正をしたくなります。

また、「最新2019年の便利グッズ」などという記事は2020年には最新ではなくなるので記事のリライトが必要になってきます。その場合パーマリンクに2019年に記事を書いたという情報があると矛盾が生じます。

リライト作業をした2020年に更新されたにも関わらず、パーマリンク上は2019年の記事をいうことになる矛盾です。



パーマリンクに日本語を使用してはいけない



記事は通常クローラーと呼ばれるweb上のロボットのようなものが巡回して「いい記事はないか」「悪い記事はないか」を探しています。

このクローラーは外国人なので日本語を認識できません。その記事にどんなことが書かれているのか、パーマリンクから読み取れないのでSEO的にかなり不利になります。

また、パーマリンクが日本語の場合、リンクを貼ったりする際に、日本語から記号に変換されます。

試しにアマゾンの商品ページをコピーしてグーグルの検索窓にでも貼り付けてみてください
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%
のようなわけの分からない表示に変換されます。

これはアマゾンがパーマリンクに商品名を使っているせいで、このお陰でどこかにリンクを貼ってもらったときにお尻が切れてしまうというようなことになります。

通し番号をオススメしない理由

通し番号でパーマリンクを作成すると、上で説明したクローラーが何の記事か全く読み取ることができません。これはSEO的にかなり不利になります。



結局タイトル名を英語訳したものが万能

上で説明した弊害が一切でないのはタイトル名を英語に直したものです。ブログを始めてすぐにこのことに気付ければよかったのですがメンターのいない僕はこの答えに辿りつくまでに暫く時間がかかってしまいました。

この記事を見て、パーマリンクを英字タイトル名にしていない方は即刻修正すべきです。

というわけで

パーマリンク作成のために記事タイトルを一瞬で英語訳にする方法は>>>こちら



ここまでがリライト作業で足した文章。これからが初期のころに投稿した文章です。なんとなく残しておこうと思います。



既存の記事のパーマリンクを全て変更しました。

内部リンクでうまく飛ばないものがあれば当該記事のコメントから教えて頂ければ幸いです。

今までパーマリンクを日本語の投稿名にしていたのでSEO対策のため、英語表記に変更しました。

結構記事は書いてきたつもりですがまだブログを始めて2週間と少しで、訪問して頂ける方も少ないため思い切って全記事やりました。内部リンクも全て変更したつもりですがうまく飛ばない部分があれば教えて頂ければ幸いです。


色々調べて、カスタム構造で最も身軽な /%postname% を選択しました。


カテゴリーも入れようかと思いましたが後々記事のカテゴリーを変更するとリダイレクト作業をしなければならないらしいので却下。


日付にすると記事を更新してもパーマリンク上の日付は公開日のままなのでなんとなく矛盾が発生する気がしたので却下。


シンプルに投稿の度に任意で決められるものにしました。

経験した注意点

当初、カスタム構造にチェックを入れて 「 /%postname%」を選択し設定を保存しようとしましたがうまくいきませんでした。よくよく調べてよくよく見てみたらボックス内の表示が /%postname%/ になっていました。「 /」 が末尾に余計に入っていました。これを削除したらうまくいきました。



ちなみに凄く知ったかぶりしていますがブログを始めると同時にmyパソコン(中古)を初めて手に入れた凄くパソコン素人です。自分が経験したことは伝えてもいいよね!

2週間前はまじでこんな感じ。今もね。





僕にダブルクリックをさせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

ブログ初心者は記事のパーマリンク設定をタイトルの英語訳にするのが一番良いという記事” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です