【趣味人の】エクストリーム出社のススメ【特権】

自分の時間が取れない人向け!出勤前に「趣味」してしまいましょう!



マイク「そろそろ会社行く?」
ボブ「もう1周!」
エリック「休んじゃう?」



全員「イーーーーネーーーーー!!!!」




この記事に辿り着いた方は

・エクストリーム出勤ってなぁに?
・趣味の時間が取れない
・自分の名前を忘れた
・自宅と会社の往復で一生が終わる


と言う方ではないでしょうか。 みなさま気持ち良くツーリング行けていますでしょうか。特にブラック会社にお勤めで休みが少なく、日々ストレスを抱えている方にとってもオススメなのがエクストリーム出社です。


この記事では

・エクストリーム出社とはなんなのか、その効果と注意点
・僕が実際にやってきたエクストリーム出社の例



についてその魅力を紐解いていこうと思います。悶々としたストレスの海で泳いでいるあなたは是非読んでいってみて下さい。


エクストリーム出社とは

早朝5時、お祭りの準備ですわな


出社前に

・登山をする
・合コンをする
・朝市に行って寿司を食べる
・温泉に入る
・カラオケをする


など、休みの日に行うような「非日常体験」や「趣味」をすることです。究極の朝活です。


高低差がある分、日常の前の非日常は超パンチ効いてますよ



「早起きは3文の得」と言われますが3文どころではありません。1日休みが増えたような気がするので「早起きは体感24時間の得」と言えます。出社後も高揚感が続くのでそういう意味でも「実質24時間の得」と言えるかもしれません。


バイク乗りとエクストリーム出勤は相性がいい



・早朝ツーリングは道が空いている
・夏場は涼しくて気持ちが良い
・予想外の渋滞等で遅刻する可能性が車よりも低い
・電車の始発よりも早く出発できる
・ツーリング先で温泉に入ったり、朝市に行ったりとエクストリーム要素を足しやすい



などエクストリーム出勤と物凄く相性が良いです。特に「ツーリング」だけでもエクストリームなのに「温泉に入る」などエクストリーム要素を時間の許す限り、好きに足していけるのが大きな特徴です。



エクストリーム出社の効果



まじで休みが1日増えたような錯覚に陥ります。純粋に得をした感覚です。
「これから仕事か・・・」とネガティブに思いません。それよりも「1日得した感覚」が大きいのでその日はわくわくしたまま仕事をすることができます。
隣のデスクに座っているしみったれた同僚をチラ見して下卑た優越感に浸れます。


エクストリーム出社の午後の注意点



エクストリーム出社をすると、午前中は高揚感でギンギンしてとっても良いのです。しかし、午後(特に15時過ぎ~)は赤ちゃんかっていうくらい眠くなるので大切な打ち合わせやプレゼン、会議などが入っている日は避けましょう。割とスケジュールが平和な日にやるのが良いです。

僕がやったエクストリーム出社例






僕がやったことのある「単にツーリングへ行く」以外のエクストリーム出社を紹介します。まぁ結局「単にツーリングに行く」のと変わらないんですが・・・。

風呂に入りながら昇る朝日を拝んでから出社



山梨にあるほったらかし温泉というところが日の出の1時間前から営業しているので、ここに浸かってから出社しました。
この日はとっても忙しい日でしたが自分の名前を忘れてしまいそうになったので「自分がどういう人間か確認するため」に少し無理をして行きました。
結果、仕事に忙殺されず、名前とともに「上る朝日を見ながら早朝温泉に浸かることに価値を見出す人間だったな」とと思い出せたのでとってもよかったです。


奥多摩の吊橋の前でモーニングコーヒーを飲む


奥多摩の吊橋まで行って、朝の爽やかな空気の中で缶コーヒーを飲むためにエクストリーム出社しました。この回は職場の先輩と行きましたがその日は二人ともウキウキで仕事をしていたように思います。
まぁ午後はお察しです。

道の駅の自動販売機が故障していないか確認しに行く

「動作確認よぉーし」



いつもの道の駅の自販機が正常に作動しているか確認しに行きました。正常に動いていたので「動作確認よぉーし」とか1人で言って缶コーヒーを飲んで出勤しました。「ツーリングに行くのに理由なんてどーでもいい」という典型的例ですね。

写真はその時の実際のものです。

まとめ



いかがでしたでしょうか。
「休みがなくてバイクに乗る時間がない」などと寂しい言い訳をしないようにしましょう。
人生はあなたの力でいくらでも楽しくできますよ。


時間は無慈悲に奪われるものでもあるし、自分で作り出すものでもあります。
会社には自分の労働力と時間を売っているわけで、あなたの人生丸々売り渡したわけではないですよね。いつもの町並み、ブラックないつもの会社でさえもカラーで見えてますよ!



僕にロッコルを履かせて!




あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA