バイクにおけるマーフィーの法則

バイク屋に行くだけでバイクが直るよ!!

「にーちゃん、バイク壊れてねーけど?」


みなさま「マーフィーの法則」というものをご存じでしょうか?

マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、: Murphy’s law)とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。

出店: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87


というものです。簡単に言うと「ユーモアのある、あるある。」です。

このマーフィーの法則はしばしばライダーを悩ませます。

洗車したら雨降る
クラッチワイヤーに注油したら1回逆流してミラーにグリスつく
海鮮丼屋はだいたい閉まっている


などです。ライダーそれぞれにそれぞれのマーフィーの法則があるのではないでしょうか?


僕が強烈に思っているマーフィーの法則があります。それは

バイクの不具合、
バイク屋で再現しない

です。

「テールランプ切れたからバイク屋いこー」
「テールつかないんででおなしゃーす」
「つくよー」

「エンジンチェックランプ光ってエンジン止まったからレッカーよぼー」
「おなしゃーす」
「エラーでてないよー」

「ハンドル重いからステムベアリングかなー」
「おなしゃーす」
「大丈夫だよー」(ハンドルスイスイー)


なんなんすかねあれは。最近は「バイク屋行ったら直ってんだろーな」と思って行きます。行かないと直らないので。


「壊れてないよー」


僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA