【心配】vapeの飛行機への持ち込み方【無用】

バッテリー、リキッド、全て手荷物にすれば問題なし
タイ以外はね・・・



この記事にたどり着いた方は

・飛行機に乗るときにvapeはどうすればいいの?
・持ち込み手荷物?預けても平気?


という方ではないでしょうか。この記事では飛行機に乗るときに実際に僕がやっている方法をご紹介します。この記事を読めばあなたも憂いなく飛行機に乗ることができます。ラッキー!


vapeの道具で旅行に持って行くものは

  • リキッド
  • mod&予備バッテリー
  • ビルドツールの道具
  • ニコチンリキッド


くらいでしょうか。それぞれについての取り扱いを説明していきます。



リキッド

vapeリキッド

機内持ち込み手荷物


出国手続きをした後に、喫煙所で一服したいので100ml以下のリキッドボトルをジップロック的な袋に入れて手荷物にしましょう。

※他の液体(化粧品とかなんとか)を全て合わせて100ml以下ですので注意を。

預ける手荷物


滞在期間が長い場合は多めにリキッドを持っていくかと思います。100ml以上であれスーツケースなどに入れて預けましょう。リキッドボトルは柔らかいので気圧の変化で破損しても被害を最小限にするためにビニール袋を2重にしたものに入れましょう。リキッドは手軽に手に入るものではないので大切に扱いましょう。

mod&予備バッテリー【vapeで飛行機】

mod&予備バッテリー
ちゃんとmodとケースに収めましょう。


機内持ち込み手荷物


vapeに使われているバッテリーはリチウムイオンバッテリーといって、とても強力なものです。バッテリーの容量によっては「独り暮らしの家電を全て一瞬動かせる」くらいの瞬発力を持っています。スーツケースに入れて預けた場合、人目の届かない飛行機内の荷物室で万一爆発や発火したらどえらいことになるでは済まないくらいどどどどえらいことになります。手元に置いてしっかり管理しましょう。 例え予備バッテリーであっても機内持ち込みの手荷物として肌身離さず管理しましょう。

預ける手荷物


modとバッテリーに関しては一切預けてはいけません。充電器はどちらでもいいですが到着まで充電する必要がなければスーツケースに入れて預けましょう。

ビルドツール【vapeで飛行機】

ビルドツール
今厳しいですからね。スーツケースに入れましょう。


預ける手荷物


RDA愛好者の方は手巻き用の道具を持っていって、海辺でビルドしてvapingすると思います。ハサミやニッパーなどもあるため、ビルドツールはスーパーケースに入れて預けましょう。

ニコチンリキッド【vapeで飛行機】

ニコチンリキッド
ニコチンリキッドも自作派なのでこんなボトルです。
持って行く量に注意!


機内持ち込み手荷物


ニコチンが入っているいないに関わらず機内に持ち込みできますので、ノンニコチンリキッドと扱いは基本的に同じですが持っていく量には留意する必要があります。

ニコチンリキッドはMax120ml


ニコチンリキッドを個人輸入する場合、ニコチン濃度に関わらず「1ヶ月間に消費できる量(120mlとされています)」しか1度に輸入することができません。
旅行やビジネスで移動する際にこの規定が適用されるかどうかは不明ですが、ニコチンリキッドは120ml以下にしておいた方が良いでしょう。
個人輸入の際、120mlでも税関を通れない場合もあるので僕は100mlにしています。
もっと持っていきたい場合は量を増やすのではなく、ニコチン濃度を増やして対応しましょう。

預ける手荷物


ニコチンリキッドの総量は機内持ち込みと合わせて120ml(僕は100ml推奨)を越えないようにしましょう。

例えば

機内持ち込み

ニコチンリキッド50ml
ノンニコチンリキッド50ml

預ける手荷物
ニコチンリキッド50ml
ノンニコチンリキッド10L


であれば問題ないということです。10Lも持っていく人はいないでしょうが・・・。例えです。

現地でニコリキをたくさん買ってしまうと持って帰って来れなくなるのでお買い物をするニコリキも120mlを超えない様に注意しましょう。海外のリキッドはパッケージが可愛いからついつい買い込んでしまいますが勿体ないので注意!


※ニコチンリキッドは国内での売買が禁止されているのでリンクは貼りません。後々、国内での合法的、簡単な入手方法やコスパの高い自作方法を記事にしますので乞うご期待!



ついつい買い込んでしまうおじさん
店員さんとの微妙な距離感が秀逸!



税関で止められないか心配な方へ


海外ではvapeはかなり一般的なものです。禁煙マークの隣に禁vapeマークを設置してあるところがえるほどです。ですので税関でわざわざ「What is this used for!?」などと聞かれることはありません。少なくとも僕は今まで一度も止められたことはありません。

vapeで飛行機まとめ

今日もvapeが美味しいよ!


いかがでしたでしょうか。あなたの悩みは解決できましたか?滞在先でvapeショップに行くのも楽しいですよ!

・リキッドは袋に入れれば100mlまでは機内持ち込み可
・mod、バッテリーは全て機内持ち込み
・ニコチンリキッドは機内持ち込み、預ける荷物、併せて120mlまで
・ビルドツールは預ける


ちなみにタイに電子タバコ持っていくと罰金刑か10年以内で服役です。vape事情は刻一刻と変わるので、渡航先の国でのvapeの扱いを調べてからいて下さい。

アイコスとかあんな周りの目を気にした下らないガラパゴス製品は海外でどうなのかは知りません。認知すらされていないでしょう!



てな感じで良い旅を!





僕にロッコルを履かせて!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA