【初心者必見】車線の左側を自分のペースで走るのは危険で超迷惑な理由

過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

良かれと思って左端を走るのはとても自分本位で迷惑な運転ですよ


ぶふーーー!!!




この記事に辿り着いた方は

・初心者だから道路の端走っています
・道路の端ゆっくり走っていれば迷惑にならないよね!
・どうぞどうぞお先に!

と言う方ではないでしょうか。気を利かせているつもりでしょうか?もう少し想像力を働かせてみて下さい。想像力がない方はこの記事を読んでくださいという記事です。


気を利かせたつもり?




速く走るの怖いから道路の左側走ろう!他の車にはどんどん抜いてもらって迷惑にならないようにしよう!


と気を利かせたつもりで車線の左端をゆっくり走行している初心者のあなたへ向けた記事です。



他人に甘えるな



他人にそんなに甘えられても迷惑なんですよ。しっかり流れに乗って走ってください。
多分初心者の方だと思うのですがたまに車線の左側をバイクでタラタラ走っている方がいます。
原付であれば制限速度30km/hなので良いのですが、30km/hの制限速度の縛りがないバイクが左側をタラタラ走っているのは他の車やバイクからするととっても迷惑です。



車線の真ん中をゆっくり走っている車はなんとも思いませんが「車線の端を抜いて欲しそうにゆっくり走っているバイク」は凄く迷惑に感じます。



ゆっくり走っているのに何故迷惑なのか



僕が伝えたいのは「左に避けて走っているそのラインはあなた専用車線ではないですよ」ということです。



あなたは「自分遅いんで先にお先にどーぞ」とでも思っているのかもしれませんがそれならば後ろから追いつかれたら都度ウインカーを出して左に寄って道を譲りましょう。



ちゃんとした手順(左ウインカーで左に寄る)で譲っているのであれば後続の車は「このバイクは今こっちの存在を把握していて先にいってほしいんだな」ということがわかります。


左に寄って左ウインカーでちゃんと意思表示





ちゃんとし手順をせずに「いつでも抜いてください。いつでもお先にどうぞ」というスタンスで走っていると後続の車は「こいつこっちの存在に気付いてないよな?気付いてる?急に車線の真ん中に来るかも、右折し始めるかも。初心者っぽいし怖い怖い」と思います。




つまりあなたは「ずっと「お先にどうぞ」という意思表示をしている」つもりでも周りからすると「意思表示をしていないのと同じ」「むしろ変な動きをしている分普通の車より怖い」と感じます。








抜くタイミングの判断を100%周囲に甘えているあなたの運転は「想像力と周囲への配慮の足りない非常に迷惑で危険な運転」と言えます。



免許を取得して公道にでているのですから見ず知らずの人に甘えないで下さい。

特に高速道路では追い越し車線から勝手に抜いていってくれる




特に高速道路の走行車線をゆっくり走っているバイク、普通にその速度(定められた最低速度でも)で走行車線の真ん中を走ってくれればみんな追い越し車線から抜いていきますよ。



それをわざわざ左に寄って自分の走行ラインを「自分専用車線」にしているのが本当に迷惑です。「ここは4車線かい?おお?」と言う感じです。


キキキキキキープレフトしてるだけだもん!安全に走ってるだけだもん!という気の毒な方へ



キープレフトって車両通行帯がない(車線が引いていない山道とか)道路で左端を走ろうねってことです。狭い山道で道路の真ん中走っていたら対向車が来たときに危ないでしょ。


原付が左側を走っているのは、原付には最高速度30km/hまでという縛りがあるので、道路の真ん中を走るのは現実的ではないためです。

まとめ


弊社先輩37歳



あなたが周りに気を使ってやっていることは全くの的外れであり迷惑です。


しっかり車線の真ん中を通行して下さい。一般道で抜かせたいときはしっかりウインカーを出して左に寄って「譲る意思」をはっきりと意思表示して下さい。



高速道路では最低速度を下回らない速度で走行してれば問題ありません。
無駄なお気遣いいただかなくてもこちらは追い越し車線から抜いていきますので。


下手くそは本当後ろのこと考えないです。下手くそというか多分全体的に能力が足りていない。


公道には本当に何考えているかわからないやばい人がたくさんいます。そんな人も無理な追い越しを防ぐと言う意味で、左側よりも真ん中よりも「車線の右側を走る」のが一番安全だと思いますよ。






左側にいると
「あ!バイク抜けんじゃん!」
と思わせやすくなる

真ん中でも
「あ!バイク抜けんじゃん」
と思ってそれを実行するやばいやつもいる

右側にいれば
「あ!バイク抜けんじゃん!」
と思わせにくくなる。



ちょっとだけ言葉が乱暴になってしまいました。申し訳ありません。ただ、弊社の先輩みたいな自分の都合しか考えずに周りに甘えっぱなしの能力が低いベラベラしゃべるアホが大嫌いなんですよ。

この記事にベラベラしゃべるは関係なかたですね。謝罪せずに訂正します。


ぼくにロッコルを履かせて!




あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です