バイクコーナリング練習用:コーナーがうまくいっているときのイメージ

感覚に依るところが多いバイク、細かいライテクよりも効果があったりして・・・


過去記事から読み上げ機能を実装しています。上にYoutubeのサムネイルがある場合、タップしていただければ読み上げ機能が発動します。 冒頭はチャンネル紹介ですので30秒程度飛ばして頂いても結構です。 記事内容の補足説明も入れていますので読み上げをスタートさせてから一緒に記事を読むとより楽しめます。別の作業をしながら聞き流していただいても楽しめます。
後ろのR1以外スタンド!




この記事に辿り着いた方は

・コーナリングうまくいかない
・なんかヒントが欲しい
・ライテク本は読みつくした
・バイクのお勉強中


という方ではないでしょうか。僕も人様に教えるほどうまくはないのですが以前一生懸命膝を擦ったり、ブーツをすり減らして乗っていたときにイメージしていたことなどを書いてみたいと思います。

あくまで僕の頭の中のイメージを文字起こししたようなものなので、ちょっと何言ってるかわかんない部分はご容赦ください。


大沢あかね論~バイクが下手だと落ち込んでいるあなたへ~ は>>>こちら




ちょっと何言ってるかわかんない話の方が技術うんぬんのライテクよりも役に立つかもしれない話


バイクの乗り方は人に教えてもらうということがし辛い乗り物だと思っています。
車など、他の乗り物であれば教えてくれる人に隣に乗ってもらって「はい!ブレーキー!からのアクセルべた踏みー!」と教えてもらえます。バイクの場合、後ろに乗られると操作感が全く変わってしまうのでこれができません。

ですので基本的にバイクを教えてもらったり勉強する手段は「言葉」を読み取った想像力だと思っています。

という意味では「コーナーのクリップ目指して減速、シフトダウンして、視線は常に先に送る・・・」という方法論を試したあとは「なんとなくのイメージ」でスキルの突破口が開けるかもしれません。


方法論をがっつり勉強した後に「こんなイメージ」という情報を頭に入れて想像すればなんとなくうまくいくかもしれないということです。

というわけで今まで僕がイメージしてたりできたりしたものを列挙してみます。



スタンド(Ideal self)に自分の2m先を走ってもらう


みなさんジョジョの奇妙な冒険は読みましたでしょうか。この漫画には「スタンド」というキャラクター?概念?が出てきます。自分の精神が実体化したものです。自分のスタンドを発現させて、自分の前2Mくらいをバイクで走ってもらい、自分はその軌跡をトレースするという感じで走っていました。
簡単に言うと、


理想のライダーを自分の2m先くらいに想像する


めっちゃ簡単に言えました。ちなみにこのスタンド名はIdeal self(理想の自分)です。
頭に思い描いている

理想の姿勢
理想のライン
理想の視線
理想のスピード


でコーナーを曲がっていくスタンドです。

前を走らせるのはスタンドではなく、式神でも大丈夫です。自分が発現させられる方、お好みの方でオッケーです。






ドラゴンボールに出てくるような1輪車の乗っているイメージ




バイクはなるべくハンドルに力を入れずに「ハンドルはレバーとかスイッチがついているから嫌々さわるものだ」ということで、セルフステアを100パーセント引き出すために前輪を失くしてみました。


もちろん現実に前輪を失くしたら色々と問題があるので頭の中で消してしまったということです。

その時にイメージしたいたものがこんな感じの1輪車です。


「後輪の傾きだけで曲がるしかないもんねー」


という感じです。






両太ももで車体をキャッチボール

これは椿ラインでめっちゃ調子のよかった日に自然とイメージできたやつです。「こうしよう」と思ったのではなく「こういうことじゃね?」と思ったことです。

ペンでもなんでもいいのですが、右手から左手へ、左手から右手へポンポン投げては受け取り、投げては受け取りを繰り返します。


冒頭~0:07





右手を右の太もも、左手を左の太もも、ペンをバイクに置き換えます。
バイクのタイヤは地面から離れずに「地面との接点」を軸にして扇型に動く感じです。

太ももでバイクを反対側の太ももに投げて、また投げてというイメージです。このイメージでものすごくテンポよく走ることができました。


新手の妖怪かな








兎に角後ろに乗りたい!



いつか下りで調子がよかったときに「ああ!もっと後ろに乗たい!!」とこれまでになく思ったことがあります。僕のバイクはシングルシートカウルが着いているのですが、シートカウルにお尻をぐりぐり当てて「もっと後ろに座れたらもっと曲がれそうなのにー」とさえ思って走っていました。



調子がいいときはいつでも、下りのフルブレーキでもきれいに後ろに乗れていますね。きっと後ろに乗れているときは車体と体が強くグリップできていいて前にズルズルいかないんだと思います。


まとめ


いかがでしたでしょうか。なんだかもっとイメージして走っていた気がしますが思い出したのはこれだけでした。


思い出したり、また気づいたりしたら追記します。


ちょっとしたきっかけで上手になるバイクですから、この記事があなたのきっかけになることを願いつつ・・・。僕もきっかけが欲しいです・・・。



僕にロッコルを履かせて!



あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA