大沢あかね論

走りが別次元の人にがいる。僕はその次元に行けない。

たまに峠でめっちゃくちゃ速い人いますよね




「そこそこ走れるようになったなー」




と思って奥多摩周遊に行くと





「おれはなんてバイクが下手なんだ」と落ち込みます。





なーんで最新のパニガーレでフルバンクできるんだ。。。





次元の違うライダーの例





以前椿ラインで無理膝で走っていたとき、(多分CB1100?の)白髪の男性に追い付きました。



当時の僕はアドレナリン出ちゃってるんで(危険なことです)、膝擦りながら「じじいはこんなとこ来ねーでハーレー乗ってSAで駄弁っとけや!」と思いつつ車間を詰めました。



すると3コーナーほどミラーを見ながら走っていた白髪の方が




「お前さんそんなもんかい。つまらんのー」





と飽きれ気味に呟き(脳に!直接話しかけてくる!だと!)、次の2コーナーで見えなくなってしまいました。



VFRより100キロ近く重いであろう巨躯を、大袈裟に腰を入れることもなくリーンウィズでひらりとバンクさせる様をみて、僕は一瞬ポカーンとしたあとにヘルメットの中で「かっっけぇぇええ!参りましたー!!」と叫んでいました。





峠で遊んでいるとこんな感じの「ちょっと理解を越えた速い人」に出くわすことがあります。そんな人のことを「(全く違うレベルにいる)あっち側の人」と読んだりしています。





僕もそんなあっち人になりたくて日々勉強していますが、最近思ったことがあります。





「今僕が一生懸命勉強して、考えて、練習して、経験を積み重ねた延長線上にあの人たちはいない」

大沢あかねかも怪しいけどね最近





です。今やってることの精度を上げてもあのレベルに行ける気がしません。



>>>ほんの小さな出来事で行けるような気もするし、そうではない気もするし、一生いけない気もします。





多分にはあの走りをする才能がないんだと思います。それを努力で何とかしようとしていますがその努力の積み重ねの先には僕が望むものはないのです。




とっても寂しいですが仕方ありません。





と、思い至ったとき一人の女性の顔が思い浮かびました。

「大沢あかね」

そうです。>>>ブス界一の美女、大沢あかねさんです。(2:10~)




大沢あかねさんがどんなに努力しても檀れいや石原さとみにはなれません。しかし別の世界、「ブスの世界」では一番の美女なのです。



僕も「下手な世界のうまい方の人」を目指して頑張ろうと思った次第です。大沢あかねさんにはとても励まされます。

「次元が違う人はもともとの素質と本人の努力、素質がない人がどんなに努力してもその次元には到達できないので、できることの最大範囲で無理せず楽しく走りましょう」



という考え方を「大沢あかね論」と呼んでいます。

※例えで使わせてもらいましたが大沢あかねさんはとても素敵な人だと思います。檀れいの次に素敵な方だと思います。





僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

大沢あかね論” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です