【絶滅危惧】東京駅で文化的に喫煙を楽しめる唯一の場所【嗜好品】

隣の新幹線ホームの喫煙所はめっちゃ空いている



この記事に辿り着いた方は

・東京駅の喫煙所どこ?
・新幹線で初めて東京行くんだけど、たばこはどこで吸える?


という愛煙家の方ではないでしょうか。この記事は新幹線を利用する喫煙者の方向けの記事です。


我々はただ嗜好品を楽しみたいだけなのですが、世間は禁煙ブームというか社会の至上命題が喫煙者の根絶であるかのようにうねっています。

嫌煙者の汚い顔を許容してあげているわけですからそんなにいじめなくていいじゃんと思いますが、まぁ我々もこの日本で生きているので仕方ありません。多数派のお祭りに付き合って、悪者を演じましょう。

たばこは嗜好品!ゆっくり楽しみたい!



太古の昔は新幹線にも「喫煙席」というものがあり、愛煙家は窓から見える景色を紫煙の行方に己の人生を重ね合わせて大きく息を吐いたりできたのですが、そんな情緒溢れることはこのご時世は許されません。みんななるべく窮屈に窮屈に、お互いがお互いを監視して生きづらく生きづらく生活を粛々を続けていくしかありません。

喫煙程度の個人の楽しみも許容できない社会に未来はないと思いますが、「>>>来る未来ではなく」「ない未来」に向けて邁進していくのが愚民というものです。


東京駅の新幹線のホームでゆっくり喫煙できる裏技



自分が到着した、或いはこれから乗車するホームの隣のホームの喫煙所に行きます。



ガラガラです。


到着ホームだと、カラカラに乾いた喫煙者が「我先に」喫煙所へ向かい、ニコチンを摂取しようとします。出発のホームだと、少しでもニコチンを血液中に貯めようとします。


違う・・・我々に必要なのはニコチンよりもむしろ「未来が来るんじゃないか」という錯覚、或いは単純に嗜好品を楽しむ凪のような心模様です。




隣のホームの喫煙所に行くだけで何ランクも上の時間を楽しむことができます。コーヒーでも持っていれば尚良しでしょう。




先客がいたとしても同じ思想を持った愛煙家なので、無言のままに「ここで未来は終わりですね・・・」と言葉をかけあって一期一会ができます。

東京駅で唯一風情のある喫煙所です。


東京駅の他の喫煙所



東京駅の他の喫煙所はカスです。わざわざ狭い喫煙所を作り、「定員5名」などと貼り紙をしています。


ニコチン摂取できるだけ有難いと思えや



という駅長様、世間様のメッセージのいつも以上に肩身を狭くして喫煙所の前に並ぶのです。行列ができる喫煙所です。

いざ喫煙所に入っても、そこは嗜好品を楽しむような素敵な空間ではありません。むしろそれらとは真逆に位置するような居心地の悪い空間です。



そこのコソコソを入ってはニコチンを有難く摂取し、我々はどこにも到達しないそれぞれの道を歩き出すのです。




まとめ



いかがでしたでしょうか。


・到着、出発ホームではない喫煙所は嗜好品を楽しむ空間
・その他の喫煙所は非文化的な世間様に有難みを感じる空間


非非片論あるとは思いますが、どうせ言ってもわからねぇぜ。それがどんなにつまらないことか。という感じでございます。


マジョリティの波に流されて、文豪に愛煙家が多かった事実、長寿と喫煙率の関係関係などの不都合な事実からは目をそらして、ゆらりゆらりとどこにも辿り着かない現代の日本という船に乗って旅を続けていきましょう。




僕にロッコルを履かせて!




あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA