フューエルワンより7.8倍お得な代替品:AZ FCR-62燃料添加剤

AZ  FCR-62燃料添加剤はお得【FCR-62?フューエルワン?】



この記事に辿り着いた方は

・フューエルワンをもっと使いたいけど高いなあ
・フューエルワンの代わりになる安いものがないかなあ


と言う方ではないでしょうか。あります。実はあります。しかも安いだけでなく、ツーリングに持って行く量も少なくて済むものがありあます。興味のある方は是非読んでいってみて下さい。




フューエルワンでも効果がすごいので十分コスパが高いのですが、最近僕はこちらに浮気中です。




洗浄成分がフューエルワンよりも濃いとの噂もあり、何より低価格で一度に添加する量もフューエルワンの1/3以下という驚きのコスパ。

AZ  FCR-62燃料添加剤はフューエルワンと比較してどれくらいお得なのか【FCR-62?フューエルワン?】

3本セットで買った場合

フューエルワン・・・1mlあたり7.8円
FCR-62・・・・・・・1mlあたり3.3円


更に添加量が1/3なので・・・




フューエルワンより7.8倍お得!!




7.8倍ってやばいすね・・・。もうこれでいいじゃん・・・・。



ツーリングに持って行く量も少なくて済みますし、これだけお得であれば気兼ねなく何回でも使えますよね。


AZ  FCR-62 の使い方

使い方はとっても簡単で

・ バイクの場合、5L毎に約15ml のAZ  FCR-62を添加する。

です。


しかし効果を最大限にするために意識すべきことがあります。これはフューエルワンと同じです。

・少なくとも2回連続で使用したほうが効果がある
・使用後は多少なりともエンジンオイルが汚れる
・たくさん入れると効果が出るどころかエンジンに悪い影響がでる可能性がある
・ガソリンと混ざりやすくするために給油するときに入れる


これを考慮した上で僕が「僕なりの答え」としてやっている添加方法を紹介します。



okoblo流、最大限 AZ  FCR-62 の効果を引き出す使用方法【FCR-62?フューエルワン?】


効果を最大限発揮させる方法を説明します。

添加時期


エンジンオイル交換が迫っているときの長距離ツーリング。

ガソリン添加剤使用後はエンジンオイルが汚れるとの説があるので使用後はエンジンオイルを交換します。ですので交換サイクルが迫った時期に使用してエンジンオイルがもったいなくならないようにしましょう。

持ち物



・ツーリングの走行距離から算出した必要な量のAZ  FCR-62総走行距離を燃費で割ってだいたいの「消費するガソリン」の量を出す。それに対応できる量のAZ  FCR-62を持って行く)というか投入量が少ないので1本持っていけば十分です。

・テープを貼った計量カップ(投入量をしっかり計量するのためのテープ)

・ビニール袋2枚(汚れない様に計量カップを入れておく用。袋2重ということです。)


テープが貼ってあります。







AZ  FCR-62 使用の流れ

出発前にガソリンスタンドで AZ  FCR-62 をタンクに入れたあとにガソリンを入れる



先にAZ  FCR-62を入れてからガソリンをガボガボ入れることでタンク内でAZ  FCR-62とガソリンが綺麗に混ざるようにします。


ビューエルのタンクは14ℓなのでここでは30mlのAZ  FCR-62を添加します。


youtube見ていると皆さん計量なしでドバドバ「こんなもんかなー」って感じで入れてらっしゃるので驚きます。愛車の飲み薬ですので用法容量は守るべきです。


「170ml・・・」って言いながらドバーっといれる矛盾。
それがなんとなく大胆でかっこいいと思っていそう・・・
繊細さがないとモテないんだよなぁ・・・






エンジンを気持ち回し気味でツーリングする。高回転まで回してツーリングする





少し高回転気味で、一定の回転数で長距離を走っているときの方がカーボンが除去されやすいのでそれを意識して乗ります。



高速道路が最も適した場所ですね。いつもよりギアを1つ下げて、一定の回転数をキープすることを意識しましょう。



次の給油の際、AZ  FCR-62 をタンクに入れてからガソリンを入れる




必ず「減った分(これから入れる分の)のガソリン 5L毎に約15ml のAZ  FCR-62」を添加しましょう。



ビューエルの場合「10ℓのガソリンを使うと(残り4ℓになると)燃料警告灯が点灯」します。ですので燃料警告灯が点灯したときに給油すれば最初と同じ30mlのAZ  FCR-62を添加すれば最高にばっちりというわけです。つまり給油の際はずっと30mlで良いということですね。楽!


この作業をツーリング中の給油全てで繰り返す。



→(連続して)回数を重ねれば重ねるほど効果がでやすくなるため、せっかくなので全ての給油のタイミングでこれをやります。



僕は最大5回連続でやったことがあります。1000kmツーリングだと5回か!




長距離ツーリングのときは大きなシートバッグを使うのでAZ  FCR-62や軽量カップの積載も気にしなくていい(楽に持ち運べる)ので楽です。



ツーリングが終わったら早めにエンジンオイル交換する






→ガソリン添加剤を使うとエンジンオイルが汚れるそうです。汚れを「少しだから気にしない」という方もいますがせっかくなので交換しましょう。最大限の効果を得たいですね。



計量のコツ【FCR-62?フューエルワン?】





バイクのように車と比べて小さなタンクに添加する場合はどうしても計量が必要になってきます。「キャップ1杯で○○ml」「ボトルの一部が透明でメモリが付いている」といった仕様だと非常に助かるのですが・・・。そんな機能はないので計量カップで測るしかありません。

「だいたい半分で」「だいたい1/3で」と入れる方が多いようですが、ボトルが透明ではないので重さの感覚に頼るしかありません。重さの感覚ってあてにならないんですよね。



「さっきと半分の重さになったな」とかわからなくないですか???



計量カップの目盛りは消えてしまうのでテープを貼ります。

目盛りつきの軽量カップを買ったのですが、使用したカップをビニール袋に入れて持ち運ぶので「残った微量のAZ  FCR-62が付着して目盛りが消える」ということがありあました。



対策として「油性マジックで目盛りを書く」ということをしましたがこれも消えてしまいました。



最終的に「30mlの部分にテープを巻いて計量する」というスタイルで落ちつきました。

購入直後に目盛り部分に透明なテープを貼れば目盛りが消えないと思います。



注ぎ口が付いているものの方が圧倒的に使いやすいです。



小さい測りがあればそれでもいいような感じがしますね。



FCR-62?フューエルワン?のまとめ


いかがでしたでしょうか。

AZ  FCR-62 はフューエルワンより7.8倍コスパがいい


これだけお得だと常用にはフューエルワンより向いている感じです。


ガソリン添加剤を使ったことがない方は初めに「名の知れたフューエルワン」でツーリングに行って「カーボン落ちたー」という気になって(実際落ちているんですが)次からは「FCR-62をガンガン使ってカーボン予防」と考えてもいいかもしれません。


体感したフューエルワンの効果3つと、最大限効果を引き出す使い方 は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA