関東日帰りツーリングプラン、ルート公開:小諸 ビーナスライン 夏

☆ネット上に半永久的に残る、あなたの愛車『超絶賛美記事』執筆します。詳しくはトップページかサイドバーから☆
過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

上信越自動車道小諸⇒立科温泉権現の湯(ランドマーク)⇒国142 笠取峠⇒黒耀の水 バス停横⇒県155左折⇒国152右折 県40右折ビーナスライン⇒県194右折ビーナスライン⇒県460、464 観光センター⇒帰宅



来月のツーリングどこ行こう・・・。
週末のツーリングどこ・・・。
明日どーしよー!!!!

せっかくのツーリングだから最高に楽しいルートで楽しみたいがために



「あっちがいいかも」
「こっちがいいかも」
「いやいややっぱりそっち?」



という具合で直前まで決まらず、寝不足でツーリングへ・・・なんて本末転倒なこともしばしば。


そんなことにならないように今回は



夏の気持ちいい季節。新緑、突き抜ける青空、を見ながら、超絶爽快ワインディングルートはいかがでしょうか?





忙しいあなたの代わりにルート出しておきましたよ!


ツーリングプラン解説

関東屈指の有名スポット、ビーナスラインを含みます。ビーナス行ったことない方は「どこからどこまでがビーナスなの?」と思うのはあるあるではなでしょうか?このルートを通ればビーナスクリアできます。白樺湖の辺りに宿泊してビーナス往復や周りの道を制覇しても最高に楽しいですよね。

上信越自動車道小諸⇒立科温泉権現の湯

ビーナスの日は大人しく高速でピュー!がいいですね。1日は24時間と決まっていますし・・・とまりでしたら蓼科スカイラインとか経由して下道でいっても面白いです。今回は小諸で!

国142 笠取峠

マツの並木が有名みたいですが・・・記憶になし!わっふー!

黒耀の水 バス停横


結構分かりやすいです。他の地域の湧き水は結構雑多な感じ(こっちの方が風情があって好きですが)ですがこちらはきちんと整備されています。写真あるんですが人が写っていて加工があれなので割愛!

ここから先の道が結構楽しかった記憶・・・。

県155左折⇒国152右折


県155がワインディングが楽しかった記憶があります。やっぱり国道より県道ですわね!

県40右折ビーナスライン⇒県194右折ビーナスライン


てっぺんの道の駅にて
ここが天気の分かれ目!!



ビーナスラインは間違いないです。いついっても最高の体験ができます。橋のつなぎ目の段差と鉄板に十分注意してください。調子に乗って飛ばしていると不意に荒れた路面があるので気を付けて!観光道路なのでトコトコツーリングするつもりでいれば最高ですよ。

県460、464 観光センター


ここの道は最低です。路面荒れ放題。県62にぶつかって松本に抜けることができますがおすすめしません。最低の道です。一筆書きのルートでプランニングするので、癖でやっちゃいましたが、ビーナスに関しては美術館から来た道を引き返すのが1番です。

まとめ

いかがだったでしょうか?ビーナスの路面に気をつけていってらっしゃい!くれぐれも夜走っちゃだめですよ!

夜の山道は僕らのものではない~1匹の鹿でninjya400が廃車~ は>>>こちら


他のルートは>>>こちら
まだ運転が不安な方はこちら読んでからどうぞ>>>こちら
okoblo流ルートの出し方は>>>こちら
快適ツーリングの装備達はこちらのカテゴリから>>>こちら
快適にツーリングをするヒント達は>>>こちら







僕にロッコルを履かせて!

あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です