バイクを駐輪するときにギアを入れなければならないたった1つの理由

ギアを入れて駐輪するとタイヤは回りません



この記事に辿り着いた方は

・バイクを停めるときにギアを入れている人を見た
・何故ギアを入れて停めるのかわからない
・どうせニュートラルに入れて発進するんだからニュートラルの方が効率がいい


という方ではないでしょうか。この記事では「何故、駐輪時にギアを入れた方がいいのか」ということを説明していきます。興味のある方もない方も読んでいってみて下さい。




坂道にバイクを停めるときに、あなたは「なんか不安定だけど大丈夫かなぁ」と思ったことはありませんか。坂道の駐輪に関して、僕も一通り悩んで、考えて、試したりしてました。



その結果坂道の駐輪を安心してできる「僕なりの答え」を見つけていますので今お悩み中のあなたにも共有します。


それは「ギアを入れて停める」というとってもシンプルなことです。


ニュートラルで停めると危険


ニュートラルでバイクを停めると危険です。


なぜなら、坂道でニュートラル駐輪をすると、タイヤが回って自動転倒します。歩行者に少しぶつかられた、地震が起きたなど、きっかけがあればバイクは容易に自動転倒してしまいます。


あらかじめ「この局面ではこうしよう」という答えを持っていれば自動転倒させずに済みます。


そうすれば運転に余裕が出て事故の可能性も減り、より安全に、周りにも不快感を与えずに運転することができます。


メニューは少ない方が管理しやすい



メニューが100個ある中華屋より醤油ラーメン1本のお店の方がやるほうは楽ですよね。+150円で大盛りは対応しますよ。 食材の管理も調理もお会計もメニューが少ない方が楽なのでどんどんスピードを精度があがります。どんどん楽になります。


「坂道での駐輪はこうする」
「平地での駐輪はこうする」
「ツーリング先での駐輪はこうする」
「自宅の駐輪場で の駐輪はこうする」




と「メニュー」を分けずに



「駐輪するときはこうする」



と、メニューを1つにしましょう。


全員が自分のバイクさえ守れればいいと思えば全員のバイクが守られる


以前、マスツーリング先で駐車場が坂になっているコンビ二に入りました。3台並べて停めて休憩に入りました。


コンビニの中で「1速に入れて停めました?」と聞くと「え?ニュートラルだよ」とのことで、心の狭い僕はとっても嫌な気持ちになったことがあります。


その方のバイクが単独で坂から転がり落ちるのはまじでどーでもいいんですが、僕のバイクを巻き添えにされたらたまったもんじゃありません。


真面目にやっている僕にだけは迷惑をかけないで頂きたいのです。
つまり、全員まじめにやれば全員のバイクが無事でいられるということです。

ギアが入っていればタイヤは回らない



エンジン停止状態でもニュートラルに入っているとタイヤは回ります。


ギアが入った状態で駐輪するとタイヤは回りません。


ですので坂道に駐輪する場合は必ず1速にギアを入れて駐輪し、バイクを離れます。




平地でも歩行者がぶつかったり、地震が起きてバイクが不安定になる可能性があるので 1速にギアを入れて駐輪 した方がいいです。ほんの少しの手間でも愛車を守れる可能性がでてきます。


休憩後、倒れているバイクを見て「ギア入れておけばよかった・・・」と思っても遅いんです。



愛車を大事にするって、こういう小さいことの繰り返しだと思うの


マニュアルの車でも同じです。サイドブレーキを引いただけだと動いてしまう可能性があるため(サイドを引いたままでも車は運転できてしまいますよね)登り坂であれば後ろに下がるかもしれないので1速にいれ、下り坂であれば前進する可能性があるためバックギアに入れます。



一部の特殊な車種を除くバイクにはバックギアがついていないので、登りも下りも1速に入れてギアを固定し、タイヤを動かないようにします。

ちょとしたことで万が一に備える



ツーリングをしていると「停めたときにバイクが動かなければ1速に入れない」という方が多いように思います。


強風が吹いたり、人がぶつかったり、地震がきたり、その他、小さな小さなきかっけで動いてしまったらあっという間に倒れてしまうので、僕は常に1速に入れて停めることをオススメします。


東日本大震災のとき、皆様のバイクは倒れましたでしょうか。



とあるバイク屋さんの話では最も倒れたのが


センタースタンドで停めていたバイク


次に倒れたのが
ニュートラルサイドスタンド



最も倒れなかったのが
ギアを入れたサイドスタンド




だったとのことです。



センタースタンドが一番倒れたのが意外に思いましたが地面との設置面(「サイドスタンドが接地している幅」と「タイヤとサイドスタンドの距離」)を考えると横揺れに対する強さはサイドスタンドの方が確かに強そうです。ギアを入れていれば前後の揺れにも強くなるので納得がいきます。





想像するに、センタースタンドのものは横に倒れて、ニュートラルサイドスタンドのものは前後に動いたことでサイドスタンドでが払われたかなにかで倒れたのではないかと思います。



1速に入れて停めるときの注意点とコツ



1速に入れて駐輪しても、そこからほんのすこーしだけタイヤが回ります。


ですので



下り坂であれば駐輪したところからほんの少し前に車体を押してあげて「これ以上前に行かない」状態にしてあげてください。


登り坂であれば 駐輪したところからほんの少し前に車体を後ろに下げてあげて「これ以上後ろに行かない」状態にしてあげてください。


1速に入れたままエンジンをオフにすればスムーズですが、ニュートラルでエンジンをオフにしてから1速に落とす場合は、クラッチレバーを握らずにシフトペダルを踏みながら車体を前後に揺らせばすぐに入ります。

跨がりながらでも、降りてからサイドスタンドを立ててでも。

まとめ



いかがでしたでしょうか?

これで駐輪に悩むあなたも少し安心して駐輪出来ると思いませんか?

常に1速に入れて駐輪する


ということを頭の片隅に置いて、次回のこの局面ではより安心して、安全に走れることと思います。

少しの手間でバイクの転倒を予防できるので坂道、平地に関わらず「1速での駐輪」を心がけてください。

あなたのバイクが下らないことで傷つきませんよーに!!


バイクを駐輪するとき、絶対に行うべきの5つのルーティン は>>>こちら
たった1つのバイクのウインカー消し忘れ防止対策 は>>>こちら
バイク乗車時、絶対に行うべきの8つのルーティーン は>>>こちら
バイクを駐輪するときにギアを入れなければならないたった1つの理由は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!

あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA