【注意】公道の秩序が大いに乱れる年に2回のタイミング【喚起】

一年の中で最も注意すべきゴールデンウイークとお盆期間

この記事に辿り着いた方は

・サンデードライバーってなーに?
・親に「ゴールデンウィークの運転気をつけろよ」と言われた
・先輩に「お盆は渋滞以外にも恐ろしいことがあるよ」と言われた


と言う方ではないでしょうか。違うか?
あなたがもし公道初心者で、お盆とGWの公道の危険性についてご存知なければ是非最後まで読んでいってください。

あなたがもし公道ベテランで お盆とGW の公道にイライラしている方であれば最後の「まとめ」だけ読んでいって下さい。




既に車やバイクに乗っている方はご存知だと思いますが、お盆とゴールデンウィークの運転には注意が必要です。

普段よりも交通量が増加し、日常的に運転をしない所謂「サンデードライバー(ライダー)」「ホリデードライバー(ライダー)」が多く公道を利用ります。


運転が不慣れなことに加え、連休で浮き足立っている、連休の疲れなどの理由でとんでもない運転をする車が多発します。

運転に慣れている人からすれば突拍子もない公道をするので特に注意が必要です。

ゴールデンウィーク


→免許を取得したばかりの若者がレンタカーで仲間で遠出、とっても楽しそうですが周りは注意が必要です。


自分に自信がない人は虚栄心が強いです。



これを運転に当てはめると


(免許取り立てで)運転に自信がないけど「うまいっぽい運転」をする。


となります。自分の技術からはかけ離れたスピードで走ったり、強引に割り込みをしたりなどです。



運転が下手な自分を虚勢で隠したいという心理が働いています。特に周りに友人があると「運転が下手なことがばれてはいけない」ので余計危険な運転をしてしまいます。
たまに「深夜、若い男女が乗った車が緩やかなカーブで事故」というニュースが流れますがまさにこの虚栄心ど真ん中の事故だと思って見ています。

このようなドライバーとトラブルになると「あーんだおーこら」と長くなるので注意しましょう。



使えない先輩社員と同じですね。

お盆


高速道路の渋滞と暑さで皆殺気立って運転しています。すこしのトラブルが大きなトラブルに発展してしますことがあるので注意しましょう。

対策

普段より車間を空けて運転しましょう。



→先行車の急ブレーキに対応できますし、ホリデードライバーが車線変更しやすくなります。

普段より道を譲ろう



→譲りすぎても危険なことがありますが、普段より優しい気持ちで道を譲ってホリデードライバーが安全に運転できるようにしましょう。

すり抜けを控える



→ホリデードライバーは前ばかりみて後ろに注意を払っていないことが多いです。特に渋滞中の車線変更が怖いのですり抜けは極力しないようにしましょう。

渋滞、信号待ちの最後尾につかない


→上の「すり抜けを控える」と矛盾しますが、サンドイッチされると一たまりもありません。最後尾に止まるのは避けて、玉突きも考えて2~3台はすり抜けして停車するようにしましょう。


ここでは停車している車の横をすり抜けるので急な車線変更被害に合う可能性は低いと思われます。それよりもずっと攻撃力の高い追突を回避しましょう。

イライラしない



→自分が虚栄心を持ってしまったら収集つかないので心穏やかに運転しましょう。

イライラしたら牛乳を・・・
発想が昭和僕


まとめ



みんな最初は初心者です。最初から運転がうまい人なんていません。大きな心で周りに配慮して運転しましょう。

悪なのは「長年運転しているにも関わらずまったく周囲の迷惑を考えないドライバー」です。

僕もあなたも、あなたも僕も初心者のころがありました。周りに優しく、自分にはもっと優しく運転しましょう。


【鞘から】公道を走る危険人物に使うの3つのハンドサイン【抜く時】は>>>こちら
【注意】公道の秩序が大いに乱れる年に2回のタイミング【喚起】 は>>>こちら
たった1つの高齢ドライバー、女性ドライバーの運転が下手で危険な理由は>>>こちら
覚えておくべき対向車へのハンドサイン4つと出し方のコツ は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!

【注意】公道の秩序が大いに乱れる年に2回のタイミング【喚起】” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA