何故煽り運転が起こるのか~煽る側のポテンシャルにのみ依存しない原因~

煽る側と煽られる側が鍵と鍵穴の様に相性良くピッタリはまったときに煽り運転が起こる






あなたは煽り運転をしたことがありますか?煽り運転に合ったことはありますか?
この記事では社会問題になっている煽り運転が何故起こるのか?ということを考察していきます。

ドライブレコーダー普及の影響で煽り運転が社会問題化



ドライブレコーダーの普及によって煽り運転が社会問題化しています。一億総監視社会のとても良い面だと思います。
以前から煽り運転は存在していましたが、今までは泣き寝入りしていた被害者も映像とネットいう最強の武器があるので声を上げられるようになり、警察も映像という最強の材料があるので捜査しやすくなり、マスコミもセンセーショナルな映像を簡単に入手できるので報道しやすくなりました。


日本古来の道徳観


神道には具体的な行動を縛る経典はない




日本は世界でも非常に稀な無宗教の国です。(厳密には神道ではあるが他の宗教の「経典」や「崇める絶対的対象」がない)

ですので、我々の道徳的行動は当然宗教に縛られていません。分かりやすく言うと「悪いことをすると天国にいけません」などの教えがないため本来怖いものなしです。


しかし日本人が元々農耕民族のため「他者と協力したほうが生存(のための農耕)しやすい」ので他者との関わりをとても大事にしてきました。


そこから宗教がなくても「他者との関係を円滑にするための」道徳を身につけてきたということもあると思います。


村八分などがわかりやすいでしょうか。「悪いことをすると村八分にされるよ」と言う感じ。



欧米型資本主義による道徳観の変化



しかし戦争に負けて欧米型の資本主義国になったため、他者と協力したほうが生存しやすいという考えが薄れ、利用できる他者は利用するという考えにシフトしていったのではないでしょうか。

「悪いことをすると村八分にされるよ」「別いにいいよ生きていけるし」という感じ。


「子は親を見て育つ」為、それが世代を経る度に濃縮されていき、現在「卓上の醤油を鼻に突っ込む」「煽り運転をする」などという到底理解できない自己の承認欲求を満たすことで得られる快楽を得ようとする人が増えているのだと思います。


結果ね、結果。よくわかんねーけど。


「炎上」と言う名の村八分的社会的制裁と快楽主義



この状況を良しとしない一部の人間が「炎上という手段で、そんな人間を社会的に制裁を与える」ということをしています。

炎上させているほうは一見善人に見えますが全ての人が善人ではなく、むしろほとんどが「悪者に社会的制裁を与えることで快楽を味わう」というのが目的になっていると思ってます。




結局快楽主義ですね人間は。二郎食いてー。


大衆が大衆のうねりを増幅させる



宗教的裏づけがないので歯止めが効きません。一人のカリスマ(或いはカリスマが遺した指示書:経典など)に依って動いているわけではなく「大衆という大きなウネリ」が飽きるまで、得られるであろう快楽を得たと思えるまで進み続ける。


その結果、マスコミは「大衆の代表」である(であった方が利益が出る)ため、うねりの要望、否、欲求を満たすためドンドン騒ぐ。そうすると「大衆の代表に背中を押された大衆」は更にどんどん膨れ上がる。



どんどんうねり続ける。当事者を社会的に抹殺してもその欲求は飽き足りずねり続ける。


大衆の代表に欺かれる大衆




大衆の欲求が満たされてしばらくすると「大衆の代表のコメンテーター」がテレビやネットで「騒ぎすぎじゃないか?もっと大事なことがあるのではないか」と言う。あからさまな一石を投じる。


うねりの中では散々燃料を投下し続け、うねりの中ではそんなこと一切言わなかったのに急に「僕はまともです」という顔で「もういいじゃないですか」という。


でそのときにはとっても重大な法案が通っていたりするわけですね!はい大衆楽勝ーーーー!と言う感じです。僕に迷惑はかかっていないのでなんでもいいですが。


ある種のマッチポンプですかね。これは。





煽り運転報道の裏でなにがあったのか調べてみるもの面白いかもしれません。


政治家の不祥事や我々の生活に直接影響がある法案が通っていたり、未確認飛行物体が墜落したりしてるかも!



話が謎の陰謀論になりましたが・・・。

一億総監視社会と相性の良い「現代の歪んだ道徳」が今後の道徳のスタンダードになる




この「大衆のうねり」は「現代の歪んだ道徳」だと思うのです。「煽り運転をした人間は村八部(社会的抹殺)だー!」です。それが最近の「一億総監視社会」ととっても相性がいいのでもう止まらなくなるのです。



余程のことがない限りこの歪んだ道徳が今後スタンダードな道徳になっていくのだと思います。




そのことで日本人が監視の目を気にして自らを律すれば良いことだと思いますが、それは他者への思いやりなどポジティブなところからくるものではなく、自分が制裁を受けることを恐れてというネガティブなものに由来することなのでどんどんこの国が生きづらく、息苦しくなっていく可能性が非常に高いと思います。



僕は憂国の志士ではないので僕と僕に近い人に迷惑がかからなければ何でもいいんですが。緋村剣心的発想でござる。



結局僕も無宗教で欧米型の資本主義の中育ち、煽り動画を見ては「こいつやば」とか言ってるので。



前置きがとっても長くなってしまいましたが別記事にするほどの内容ではないのでこのまま続けます。


なんだっけ?


煽り運転か。

  煽り運転には2種類ある

①煽る側のポテンシャルにのみ依存して発生する煽り運転


例えばあなたが前方の車と適切な車間距離をとって周りの車の流れに合わせて通行していたとします。



後ろから猛スピードで車が迫ってきてあなたとの車間距離を詰めて蛇行運転をして煽り運転をし始めました。


これは100%煽る側のポテンシャルが原因で発生した煽り運転です。

この場合、煽る側は




・精神疾患を患っている
・世の中に不満がある
・高い性能をもつ車に乗り、この性能は矮小な自分自身の能力であると勘違いをする(ハンドルを握ると人が変わる:ドレス効果)
・幼い頃に親に愛されず、寂しく育った
・重大なコンプレックスを抱えている



人なのだと思っています。一言で言うと





自分の人生がうまくいかないことを他者のせいにしてうっぷんを晴らしている人


と思っています。ちなみにこの解釈はいろんなところで役に立ちますので今後の人生に是非役立ててください。



例えば、会社であなたに意地悪してくる先輩や社長も 自分の人生がうまくいかないことを他者のせいにしてうっぷんを晴らしている人 ということになります。


急に憎い先輩や社長が可哀そうに思えてきませんか??笑





こういう人は兎に角、だれかれ構わず(パトカーや黒塗りの高級車は避けるのかもしれませんが)煽っていくストロングスタイルです。


確認作業:ホスト ローランド氏


有名ホストのローランド氏の車に対する考えを見るとこれが凄くわかりやすいです。



自分や自分の環境に不満がなく(実際にあるかは別、ローランド氏は不満がないように演じている可能性もあるがそれは問題ではない)、自信に満ち溢れている人はこういう考えになるということのわかりやすい見本であると思います。


これと間逆のことをやっているのが煽り運転を行う人間だと考えます。重大なコンプレックスを抱えています。

ローランド氏が「心の余裕論」を本気で話しているならば一回飲んでみたいすね。
心の余裕論に関しては意気投合できると思うです。


②煽る側と煽られる側の相性がピッタリ合ってしまった煽り運転


先述のストロングスタイルよりは落ち着いている煽り運転ですがストロングスタイルがストロング過ぎるだけであってこちらもかなりストロングです。


これは煽られる側が煽る側に、何かきっかけを与えて煽られるという煽り運転です。


煽られる側は

・ウインカーを出さずに車線変更
・危険な割り込み
・不要なブレーキを連発




など「周囲の迷惑を全く考えない運転」をしたときに元々「ストロングスタイルを内包しているドライバー」が後ろにいた場合、内包していたものが開花してしまうということになります。




バイクを趣味とすることに向いていない人の8つの特徴 は>>>こちら
たった1つの高齢ドライバー、女性ドライバーの運転が下手で危険な理由は>>>こちら

このとき煽る側は

・この危険な運転をする車(煽られる側)を自分が懲らしめなければならない


と言うような使命感が伴うことがあるのでタチが悪いです。


以前テレビで


煽り運転の被害者:
「3台の車を一気に追い抜いたら、抜いた車に煽られた。被害に合った。僕被害者うわーん」

という方がいました。もうね。凄いよねその発想。よくテレビ出られたな。

まとめ


一億総監視社会の影響で今後煽り運転は確実に減ります。


大衆が「煽り運転される方にも問題があるんじゃないか」といううねりになれば周囲の迷惑を全く考えない運転も減ると思います。

しかしそれはやはりネガティブなものに由来することなのでどんどん生きにくい世の中になっていくような気がします。

「自己の保身」「制裁への恐れ」ではなく「他者への思いやり」「気遣い」に由来するものであればどんどんいい世の中になっていくのでしょうがこれは無理でしょうね。




ちょっと書き散らかした感が否めないので今後もっと短く要点をまとめて短くしてあれします。あれを。


バイクで煽り運転に合ったときの3つの確認方法とたった1つの対処方法 は>>>こちら
何故煽り運転が起こるのか~煽る側のポテンシャルにのみ依存しない原因~ は>>>こちら
たった1つの高齢ドライバー、女性ドライバーの運転が下手で危険な理由 は>>>こちら
【必死な】バイク乗りは車の運転時に余裕がある話【車乙!】は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!

あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA