15年目で初の立ちゴケ

>>>立ちゴケは突然に





あの日あの時あの場所で・・・・



立ちゴケは恥ずべきこと

皆様、立ちゴケは恥ずべきことと言うことを頭に入れてください。



そのバイクを扱えきれていないと言うことなのでとっても恥ずべきことなのです。


バイクの取り回し、低速で動かすことができないと立ちゴケします。単純に下手ということ。



そんな僕の恥ずべき立ちごけの話です。


立ちゴケなんて無縁だと思っていた





今まで何度か危ないこともあったよーななかったよーな気もしますが立ちゴケすることなく過ごしてきました




バイク歴も人並みに長くなり



「僕はこのまま立ちゴケを経験することなく人生を終えるんだなぁ」





と思っていたこともあります。



バイク動画で立ちゴケしたいる人がいると



「ヘタクソお疲れさまです。もっと考えて乗りましょうね。」




と思っていました。





立ちゴケに至る経緯





普段ツーリングで使うビューエルさんが猛暑の為仮死状態になり、長期入院を繰り返していました。





そのため、通勤やツーリングもDトラッカーxさんのお世話になっていました。このDトラさんはとっても優秀な子で大袈裟な荷重の移動などしなくても



「こっちに曲がりたーい」



といえば



はいよー」





って感じです言うことを聞くとってもいい子です。






ビューエルさんが何回目かの長期入院から退院して暫くしてツーリングに行きました。



もちろん退院したばかりのビューエルで。





そして立ちゴケへ

ナビをつけて順調にジェラート屋さんを目指していましたが、右折するところを一本早く曲がってしまいました



そこがカスタム頑張ってます系の車屋さんの強制的に敷地内に入ってしまう道になっていました。




幸い、後ろの2台は「そこじゃねーだろ」
と停車していました。






後続のバイクもいたので焦ってUターンしようとしました。

D  ト  ラ  感  覚  で  。

ビューエルはDトラと比べて、足つきはいい(マシ)けどセパハンだしハンドルの切れ角が狭いのですがDトラ感覚いっちゃったんです。

坂道だったんすねー。砂利だったんすねー。坂道でDトラ感覚でいっちゃいました!ビューエルで!



ゆっくり切なく、しかし確実に倒れていくビューエル

足つきは問題ないのなかったのですがハンドルが予期していない所で切れなくなったので



「あら?あららら?そー言えばこの子はDトラほどいい子じゃなかったなぁ。あーれー。」





という感じです。意地でこらえたのでゆっくりゆーっくりそっと寝かすように立ちゴケしていきました。



突き刺さる車屋の店員さんの視線。




「さーせん」と謝る僕。





立ちごけの被害というかむしろ加害





何故かバーエンドミラーは無事でしたが右のウインカーが前後うなだれました。そのまま走ってジェラート屋さんのおっちゃんに養生テープを貰って補修しました。一番の被害は僕の心の傷です。加害者も僕です。無限ループ!



「お!あいつ立ちゴケライダーだぞー!やっちまえー!」と通りすがりの子供に石を投げられても仕方ないな

と思いました。




その後




それからは「立ちゴケする可能性が十分にあるライダー」としてUターンのときはかなり注意しながらやっています。


まさか15年目にして初立ちゴケするとは思いませんでした。僕はとってもヘタクソでございます。




ある角度を超えると「あ、今自分の手を離れたな」
という悲しい感触が・・・







まとめ

久々にビューエルに乗った
Dトラ感覚で操ってしまった
道を間違えたのと人の敷地に入ったので焦ってしまった
そもそもバイク操作がヘタクソだった

この4つがうまいこと合わさって立ちゴケした感じですかね。

分析完了しているので糧とします。皆様も危ない思いをしたり転倒してしまったりしたらしっかり糧にしましょう。同じ事を繰り返さないために。






僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です