【初心者必見】高速道路の合流車をうまくかわすたった2つの方法

過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

一瞬右の車線に移れば憂いなし



この記事に辿りつた方は

・高速道路の運転に自信がない
・車線変更とかマジ怖い
・もっと余をもって高速道路を運転したい


と言う方ではないでしょうか。そーでもねーか!


バイク初心者の方は高速道路の運転が心配と言う方が多いようです。スキー場のリフトと一緒で一度経験してみればなんてことはないのですが、経験するまでが心配なんだよっということでちょっとしたことで劇的に高速道路の走行が楽に、怖くなくなるヒントろ記事にしてみます。

高速道路は一般道よりも安全


高速道路が怖いと思っている初心者の方が大勢いらっしゃいますが、そもそも高速道路は一般道よりも安全です。

・ 運転免許所持者しかいない (飛び出してくる歩行者、自転車がいない)
・最も事故が起きやすい交差点が存在しない
・バランスを崩すような低速で走行する局面がない
・対向車線との間に中央分離帯がある
・一般道に比べみんな前を見て走っている
・事故率は一般道の1/10程度というデータもある

いかがですか?高速道路が一般道と比べて安全なことがわかりますよね。あなたが「高速道路が怖い」と思っているのは速度が速いから「危ない」というイメージが先行しているだけではないでしょうか?

バイクには速度が上がれば上がるほど車体が安定するというジャイロ効果が働きます。正しく高速道路を走行すれば一般道と比べてより安全により遠くへ行くことができます。

自分の中の根拠のないイメージを壊して、自信をもって高速道路を走れるようにこの記事を利用して下さい。

今回は合流車線から入ってくる車を華麗にかわす方法です


SAやPA付近やインターチェンジ付近では本線に合流してくる車がいます。お互いに安全に走行できるように気を配りましょう。

合流の前触れ


SAやPAを過ぎるとすぐに合流してくる車がいます。
インターチェンジは出口を過ぎてすぐに合流してくる車がいます。それぞれ「◯◯SA◯km」「◯◯出口◯km」の標識を見たら心の準備をしましょう。


そんなに身構えることもないけどね。

一番良い方法~合流される車線を走らない~


すごく 単純な話なんですが、「合流されるのがこわいならば、合流される車線にいなければいいじゃん」という根本解決的発想です。


合流車線が終わるまで一番左の車線を走らなければなにも気にすることなく終わります。


高速の出口が見えたらひとつ右の車線に車線変更しましょう。追い越し車線に入る場合は速度差に気をつけてしっかりアクセルを開けましょう。後ろの車の迷惑にならないように気をつけて。合流の区間を過ぎたらまた左の車線に移りましょう。

これで解決!楽勝!

今日はスカイウェイブ250さんが主役です。昔僕が乗っていたやつには敵いませんがカッコいい。
合流の前に右に移ってしまえば解決です。対向車線でピカチュウさんがドエライことになっています。



左端の走行車線を走る場合



車線変更ができなければそのまま左端の車線を走ることになります。

合流車線が見えたらしっかりと入ってこようとする車を確認して、自分が減速した方がいいのか加速した方がいいのかを見極めましょう。


車と比べてバイクはパワーウエイトレシオ、加速性能が圧倒的にいいので加速してあげた方が良いことの方が多いです。減速すると後ろの車にブレーキを踏ませることになってしまうかもしれません。


3億4000万円の車と比較してわかったバイクの恐るべき性能~パワーウエイトレシオ~ は>>>こちら

ピカチュウの件は警察に任せましょう。


加速するか減速するかの判断材料


ご自身と相手の速度にも依りますが、合流車線と走行車線の間にあるオレンジ>>>ポールの終わりを判断のひとつの基準とするといいかもしれません。合流させるときにget busyにならないように。


ポールの終わりの時点で

こちら側が先行している→加速
並んでいる→加速
こちら側が少しだけ後ろにいる→加速
こちら側がかなり後ろにいる→速度維持or減速

合流してくる車はスピードに乗っていないので少しでもこちらが前であれば迷わず加速です。



並走でも迷わず加速



このくらいなら加速


合流車線の車の後ろ姿が見えるくらいなら減速か現状維持です。速度差を見極めて。急に減速すると後続車に迷惑がかかるので注意。



もちろん急ブレーキではなくシフトチェンジをしないでアクセルを戻すだけの減速で大丈夫です。

まとめ

とっても簡単な記事になりました。

合流してくる車をうまくかわすなら

左の斜線にいなければいい
左の斜線にいればオレンジのポールを基準に加速減速を考える
ほぼほぼ加速


てな感じでやり過ごしましょう。



高速道路でバイクのすり抜けを安全に行う方法と注意すべき3地点 は>>>こちら
高速道路渋滞時の合流が上手くいき、たった1つのルール:ジッパー方式 は>>>こちら
ライダーにとっての高速道路とは は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!



あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

【初心者必見】高速道路の合流車をうまくかわすたった2つの方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です