僕の町乗りのレベル

他人に極力不快感を与えない程度で我を出している


この記事にたどり着いた方は

・このブログ書いてるやつってどんだけ走れるやつなの?
・好き勝手書いてるけど何様なの?


という方ではないでしょうか。このブログはフィクションブログですよ!


初めてokobloに来て頂いた方へ は>>>こちら


この記事では脳内ライダーをしながらブログを書いている僕の「脳内設定」の街乗りレベルをお伝えします。「ハイハイこれくらいの設定なのねー」とお考えください。

交差点レベル


信号と停止線を遵守するライダーです。すり抜けしたときは停止線を越えることもあります。
交差点の手前でしっかりウインカーを出して「かっこつけの巻き込み確認」をして曲がります。

巻き込み確認は>>>こちら

信号のない横断歩道レベル


歩行者がいたら周りの状況を確認して譲ったり譲れなかったりするレベルです。大人が乗った自転車には絶対譲りません。子供が乗った自転車には譲ります。

譲った歩行者が会釈したら会釈を返します心のゆとりを持っているレベルです。


横断歩道の判断は>>>こちら

車間距離レベル


車間距離は常識の範囲内できちんと取ります。追突防止というより「先行者が不快に思わない程度+α」空けています。

危険なドライバーに対してのレベル

頭に来ればすぐにハンドサインを出して意思表示するレベルです。あまりにもとっさだと中指も出たりするレベルです。


【鞘から】公道を走る危険人物に使うの3つのハンドサイン【抜く時】 は>>>こちら

シグナルダッシュレベル


信号が青になると同時に制限速度一杯までフル加速して楽しむレベルです。ついつい+30km/hくらいに到達してあわててスロットルを戻します。そのあとは制限速度遵守です。嘘です。

すり抜けレベル


バカスク時代に一生分のすり抜けをしたので今は割と控えめです。バカスク時代の経験を生かして「そ本気を出したら多分125ccスクーター以外には遅れをとらない」という自信はあります。夏の渋滞でごく稀に本気を出します。


高速道路でバイクのすり抜けを安全に行う方法と注意すべき3地点 は>>>こちら


全体的に

宜しくお願いします。


全体的に他人に極力不快感を与えない程度で我を出しています。不快感を与えたくないですが全ての人に不快感を与えずに生きていくことは不可能なので不快感を感じた方はそのままでごめんなさい。これが僕の精一杯です。という感じです。


不快感に関しては人それぞれなので僕をみて「あのバイク不快ー!」と思っている人もいると思います。だけれども育ってきた環境が違うのでそういう方がいるのも仕方ないし、逆にそういうことを僕に対して思う人が不細工だったら僕が「あの人不快ー!」となるのでもうね、キリがないです。

なので
道路交通法を遵守する気持ちで
違反したり
捕まったり
しながら過ごしています。


【違反者】全国交通安全週間中はバイクに乗らない【拿捕期間】 は>>>こちら

まとめ


いかがでしたでしょうか。脳内設定はこんな感じです。なるべくグッドライダーでいたいですが、道路交通法を破ったり、空気を積んで移動している車に付き合いきれなくなったりと様々です。



こんな街乗りレベルの僕で良ければまた見に来てください。


僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA