横断歩道での一時停止:歩行者に道を譲る判断【車、バイク共通】

横断歩道必ず一時停止して譲るわけではない。状況に合わせてなるべく譲る。


この記事にたどり着いた方は

・横断歩道に歩行者が立っていても絶対に譲らないマン
・横断歩道に歩行者が立っていたら絶対一時停止マン
・自転車にも絶対一時停止マン


という方ではないでしょうか?そもそも皆さん、横断歩道に歩行者が立っていたら一時停止義務があること知ってます?プリウスさんとか絶対知らないですよね!


僕は違反で捕まりたくないし、少しでもグッドライダーでいたい自分のために、可能な限り譲るようにしています。一時停止しない車がほとんどですのでかなり譲る部類に入ると思います。


横断歩道で可能な限り一時停止をして道を譲るとは


一時停止できないときや、しない方がお互いのためになる場合もあります。


後続車に追突される可能性が高いときなどは譲らずに、心の中で「南無三!ごめんね!」と唱えて通過します。


あくまでも自分で勝手に「行った方が全体的に安全」と判断しているだけですのでもちろん違反は違反です。それで捕まったら大人しくごめんなさいします。


横断歩道で一時停止できない、譲らない、譲れないとき

こども「止まれや・・・」


具体的に横断歩道で一時停止をしないケースを書いていきます。繰り返しますが違反ですよ。道路交通法よりも「交通社会の全体の運行」を勝手に優先させているだけです。


ということは実践的ということです。是非参考にして下さい。いや、やっぱり違反なので読み流して参考にしないでください。

 歩行者の発見が遅れて安全に停止できないとき


注意力不足や、直前まで植栽などに歩行者が隠れていて気がつかなかったとき、後続車両との車間距離が短く、安全に停止できそうにないと判断した場合は歩行者の動きに十分注意して通りすぎます。

歩行者がこちらを見ずに横断してくる可能性も十分にあるのでもちろん減速は行います。



自分がギリギリ止まれそうでも後続車との車間距離によっては通りすぎます。


前方を走る車両が通りすぎていて、自分が車列の最後尾の場合


前を走る車列が一時停止を行わず、自分が車列の最後尾だった場合は横断歩道で一時停止しません。


すでに歩行者は「止まってくんねーなーこの車列行ったら渡るべー」と考えているのでわざわざ最後尾の自分の前には飛び出してきません。もし飛び出してきたら当たり屋です。



ここで最後尾の自分が譲ってもなんだか「恩だけ売る」みたいな感じになるので僕は譲りません

自転車に乗った大人


横断歩道の横に自転車に乗った大人がいる場合、十分止まれる状況でも一時停止しません。

自転車に乗った状態で横断歩道を渡っては行けないからです。ルール違反です。

普段小さい違反を繰り返している僕が言うのは非常に自分勝手ですが、ルールを守らないやつのために僕のバイクのブレーキパッドをすり減らす義理はないのです。


大人であればその事を知っているはずだし知っていなくてはなりません。

もちろん自転車を押していたら一時停止の対象です。ルールですから。

自転車に乗った子どもの場合は譲る


自転車に乗った子供だった場合は譲ります。そのルールを知らないのも致し方ないからです。

中学生くらいまでは譲ります。まだ物心がついていないからです。ちなみに僕に物心がついたのは19歳のときです。


譲るかどうかスッゴい迷うとき


対向車線に車がバンバン走っているときは未だに迷います。

対向車線に連携を取って一時停止してくれるくれる車両がいないかもしれないからです。それならばさっさと行ってしまって車列の切れで渡った方が安全なのかなぁとも思います。




あまり汚い世の中を見せたくないので子供の場合は対向車がバンバン走っていても一時停止します。


以前、中学生がいたので一時停止したら対向車が全っっっく止まってくれなかったことがあります。しばらく止まっていましたが、中学生も「渡らなきゃ 汗 」みたいな雰囲気になってきてので「ごめんね。うまくいかなかったわ」と謝って発進したことがあります。


止まれや対向車ボケカス。

稀にいるクラクション野郎


安全に停止できた局面でもごく稀にクラクションを鳴らす車がいます。

「譲ってんじゃねー」という意思表示でしょうが、驚いて中指が突き抜けてしまってたりもします。少なくとも我々は心のゆとりを持って、精神性を高く持って生きていきたいですね。



【鞘から】公道を走る危険人物に使う3つのハンドサイン【抜く時】 は>>>こちら

横断歩道での一時停止がうまくいったあと


譲ったあとに手を上げたり、会釈してくれる歩行者がいます。このときはしっかり「いえいえ、義務ですから」と言う感じでクールに会釈を返します。グッドライダーでいたいため、自分のためです。

余談:歩行者の特徴

若い方は駆け足で渡ったり、渡りながら会釈してくれます。

中年女性は「トーゼン!」という顔でゆーっくり渡られる方が多いです。もちろん会釈なし。まぁこちらが一時停止するのはトーゼンですからね。


たった1つの高齢ドライバー、女性ドライバーの運転が下手で危険な理由 は>>>こちら

この記事の僕の考察とばっちり合致する現象です。
そんなことに気づいたりしても面白いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こんな感じで譲って行けばお互い安全に公道で不快感なく共存できるかと思います。道路交通法順守の方は真似しないでください。


ほとんど譲らない世間の車よりはかなりマシな自分ルールかと思います。

>>>ブログ内容へのご批判や交通違反を伴う記載について


僕にロッコルを履かせて!

あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA