「自由気ままにツーリング」というやつが大嫌いな理由

やつらは永遠の命を得ているのか


この記事にたどり着いた方は

・自由気ままにツーリングすることがツーリングの醍醐味だ
・風の吹くままバイクに乗るのが最高に楽しいね!
・ツーリングは計画せずに行っちゃうね?


という方でしょうか。あと数十年しか生きられない僕なんかは「それって本当に楽しいの?格好つけてるだけじゃないの?」などと邪推してしまうなーという記事です。

耳触りがいい「気ままにツーリング」

「気ままにツーリング言ってきたっすー」
(ライダーっぽいおれかっこいい!)


誰も興味がないのにひたすら自分の行動を報告し続けてくれているバイク関係のブログなんかを見ると

「今日はフラッとここに行きました」
「気ままにツーリング」
「計画せずに行って来ました」


などとご丁寧に報告してくれているものが多数あります。


バイクは一見自由なものな感じがするし、計画に縛られない姿はとてもバイクにマッチしているように思いますよね。なんとなく「自由なバイク乗り!」という雰囲気がでます。


「自由気ままにツーリング」はとても耳触りがいいです。



自由気ままツーリングの落とし穴


僕は効率厨なので、なにかをするときは最小の動きで最大の効果を得たいと考えています。まぁバイクに乗るなんて人生の効率悪すぎるんですが・・・。それは置いておいて。


で、ツーリングをするときにこの考えを当てはめると「せっかく行くのだから100%楽しみたい」ということです。



例えば

「昼にまずいラーメンを食べたが、少し離れたところに有名な大変美味しいラーメン屋があった」

「バイパスを通ったが、一本隣に最高のワインディングロードがあった」


などということがあれば「100%楽しめなかった」という解釈をします。 この機会損失こそが「自由気ままツーリング」の落とし穴だと思うのです。


僕がツーリングプランをバチバチに決めるたった1つの理由 は>>>こちら

バチバチに計画してツーリングに行くことは「自由気まま」ではないのか

未計画だと遠くに行けないよね基本的に


「自由気ままツーリング」とは「自分の中で気が向くように自由に走る」ということですよね。


バチバチにプランを計画している僕もそれやってるんですよね。


つまり、

機会損失をなくすために自由気ままにバチバチに計画して走りに行く

ということ。

計画しているのは自分です。地図を広げて好き勝手に最高のルートを出して好き勝手に走りに行っているんです。それって自由気ままってことになりますよね。


そしてツーリング中も地図では見えていなかった楽しそうな道があればそっちに寄り道したりします。自由気ままにバチバチに計画して、現地でも機会損失が発生しない程度に自由気ままにツーリングしているということです。

報告ブロガーの「自由気まま」と僕の「自由気まま」の違い

報告ブロガーの場合

機会損失を生む自由気ままツーリング
「下調べをする手間>機会損失」

僕の場合

機会損失を生む可能性を極力排除した自由気ままツーリング
「下調べをする手間<機会損失」


ということですね。機会損失と手間とを天秤にかけたときに手間の方が嫌だと感じるかどうかです。

何故僕は機会損失をしたくないのか



同じコスト(ガソリン代、高速代、時間、体力)を使うのであればより多くの効果(よりいい道、より美味しい食べ物、より美しい景色)を得た方が単純にいいことだと思うからです。とてもシンプルですよね。友人と同じラーメンを注文して、自分のだけぬるかったら嫌じゃないですか?

それと僕には寿命があるのでその限られた時間の中でなるべくパフォーマンス高めに生活していきたいと思っています。なるべく楽に、なるべく楽しくということです。


「自由気ままツーリング」を賛美する方



自由気ままツーリングをいかにも「自由なライダーだ!」などと賛美する方は「自由気ままツーリング」の雰囲気に酔っているだけでしょう。そんなモン酔うより、僕は素晴らしい道、景色に酔いたいですね。


マスツーリングで「自由気ままにツーリング」をすることの愚かさ

大人がわざわざ予定を合わせるマスツーリング



とはいえ、自由気ままツーリングを賛美していても、その怠慢による機会損失が自分のだけのことであれば全く問題ありません。誰にも迷惑をかけないので勝手に雰囲気に酔って、勝手に機会損失をしていればいいわけです。


しかし、これがマスツーリングの幹事になるとかなりタチが悪いです。いい大人が複数名、わざわざ予定を調整してツーリングに行きますよね。そこで「今日は自由気ままに」といわれたらどうでしょうか。

僕ならそんな機会損失の可能性があるマスツーリングよりも機会損失がないソロツーリングに切り替えたいです。


何故貴重なお休みを雰囲気に酔う輩のために損失しなければならないのでしょう。僕は生きられてもあと数十年です。限られた人生を自分のために有意義に使いたいです。


まとめ


いかがでしたでしょうか。
とはいえ、バイクの楽しみ方は人それぞれなので「自由気ままツーリング」で満足できる人ならそれが最高ですよね!うむうむ!僕はその一日持ったいねーと思っていしまいます。貧乏性なんですね。

・無計画にツーリングに行くのは怠慢!
でもその人の勝手!
・他人を巻き込むのはやめて!
・勝手に酔って!
・無計画ツーリングマンは永遠の命を得ている



という乱暴な記事にりました。皆様、限られた人生を効率良く楽しく生きていきましょう。

僕がツーリングプランをバチバチに決めるたった1つの理由は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!

あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA