僕がツーリングプランをバチバチに決めるたった1つの理由

過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

カンニングができる選択問題で常に正解し続けるため






ツーリング大好きマンのあなたはテレビを見ながら「ここのラベンダーソフト有名なのかー!この前食べればよかったなー!」などと思ったことはありませんか?



僕はたまにあります。「ツーリングの名所、名物漏れ」的なやつです。



このツーリング漏れを極力なくすようにどーすかこーすっかと悩んだ末、僕なりの答えを見つけていますのであなたにも共有します。




それは「ツーリングルートをバッチバチに決める」というとってもシンプルなことです。


ツーリング漏れとは


「この前行ったまずいラーメン屋の隣のラーメン屋
めちゃうまそうやんけ・・・」



ツーリング漏れとは僕が今思いついた言葉ですが、感覚としてはバイクに乗り始めたときから持っていました。


分かりやすいところで例えると

・昼にらーめんを食べて少し走り出すとちょっと先に行列ができるらーめん屋がある
・名所の名物を食べ逃す(名物ということをツーリング後に知る)
・軽井沢に向かうのに碓氷峠ではなく最短距離ではあるがつまらない碓氷バイパスを走ってしまう



と言う感じのものです。



「知っていればそっちにしたのにー!もったいないことしたなー!」


ということです。

・どうせ昼を食べるなら少しでも評判の良いところを
・どうせ名所に行ったなら名物を
・どうせ走るなら楽しい道を



常に選択し続けたいです。僕は貧乏性なので「10楽しめる可能性があるなら10楽しみたい(できれば20)!」と思ってしまいます。



「バイクは自由だな・・・



本人は「気ままツーリング」を楽しんでいるつもり



ツーリング漏れをなくすにはどうすれば良いのか



きちんと下調べをしてバッチバチにルートを決めてツーリングへ行くしかないです。

同じ目的地へ行くにも様々なルートがあります。下調べなしに目的地へ向かうと無機的に「最短距離」や「最短の所要時間」でナビが案内してくるので自分の好みを有機的に入れてルートを選ぶようにします。



隣あった評判の良い店と評判の悪い店の二択に常に正解できます。
同じ目的地へ通じる楽しい道をつまらない道の二択に常に正解できます。

まとめ





常に正解を選択できるように事前にカンニング(下調べ)して、ルートをバチバチに決めてツーリング漏れのないようにしましょう。
バチバチに決めたからといってそれが絶対ではないのがツーリングです。バイクに乗る前はバチバチで、バイクに乗ったらゆったりまったり臨機応変に楽しみましょう。




ツーリングを延期(中止)する4つの絶対的ルールを持つことの重要性 は>>>こちら
ツーリングプラン、ルートを無限に計画できる14ステップ は>>>こちら
ルート公開は>>>こちら
僕がツーリングの宿泊先をプランに組み込まない5つの理由 は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です