わお!ガス欠直前!バイクの低燃費走行スキルを実行しよう!

加速減速を控えてアクセル開度を一定にする【バイクの低燃費走行】

低燃費運転をしなかったバイク
こうなる前に低燃費走行しましょう




この記事に辿り着いた方は

・燃費が良い運転の方法が知りたい
・今正にガス欠しようとしている。少し先のガソリンスタンドまで辿り着きたい!


と言う方ではないでしょうか。

後者の方、お疲れ様です。万一辿りつけなかったらロードサービスですよ!


本日限りのドレミファドーナッツってな感じで記事にお付き合いください。





9曲目↓

低燃費走行をする場面【バイクの低燃費走行】

・>>>高速道路や>>>神奈川道などつまらない道を走るとき
・「ガソリンがやべーなー。スタンドないなー。」と思ったとき


ですかね。関東の方は雁坂トンネル(国道140号)前後には特に注意して下さい。マジでガソスタないので不安になります。

低燃費走行の方法【バイクの低燃費走行】


僕がやっている方法は

・エンジンの回転数を低く保つ
・普段より高めのギアで走る
・なるべく停車しない
・スロットルを一定に保つ
・シートの後ろ側に座ってリアタイヤに体重が乗るようにする(気休め)
・前傾姿勢をとって風の抵抗を減らす(気休め)
・高速道路では一番高いギアで80km/h巡航


こんな感じです。
各項目詳細丁寧解説です。

エンジンの回転数を低く保つ


凄く乱暴に言うと「エンジンの回転数=ガソリンが爆発する回数=ガソリン消費量」です。
つまり回転数を低く保てばそれだけガソリンの消費量を抑えることができます。

しかし速度に合っていないほどの高いギアでアクセルを開けて加速をすると逆に燃費が悪くなるので注意が必要です。
極端に言うと1速で発進するのと3速で発進するのは3速発進の方が燃費が悪いと言う感じ。まあ普通より気持ち丁寧に加速、減速(エンジンブレーキ)はアクセル開度に回転数がちょうどついてくるくらいでゆっくり行えばオールオッケーです。

普段より高めのギアで走る


回転数を抑えたいので不自然でない程度、エンジンがギクシャクしない程度でいつもより高いギアで走行しましょう。

普段2速 30km/h で走っているならば 3速 30km/h で走るといった感じ。

なるべく停車しない


停車状態からの発進が一番燃料を使います。
街乗りの燃費が悪くなる原因一つがこれです。信号が赤なのにトラックやダンプなどが完全に停車せずジリジリ前進しているのを見たことがありませんか?

大きく重い車だとなおさら燃費が悪くなるので少しでも動いている状態で青信号を迎えたいのです。エコ運転を揶揄して「エゴ運転」と言われたりするものですね。

こちらはピンチなのでエゴ運転しても仕方ない。赤信号になりそうな交差点や赤信号を視認したら緩やかにエンジンブレーキを使って完全停車を避けましょう。

あくまで周囲の状況的に可能だったらですよ。周りに迷惑をかけてまでやってはいけません。

スロットルを一定に保つ


加速減速に燃料をたくさん使うので、交通の流れに乗って巡航を始めたらスロットルを一定に保ちましょう。ギクシャクしない程度のなるべく高いギアで。

シートの後ろ側に座ってリアタイヤに体重が乗るようにする(気休め)


車と比べて小さく、軽いバイクの場合、乗車しているライダーの体重も無視できません。なるべく効率よくリアタイヤが地面を蹴られるようにシートの後ろに座って体重をリアタイヤにばっちりかけてあげます。とはいっても気休めにならない程度の気休めです。

前傾姿勢をとって風の抵抗を減らす(気休め)


これも気休めにならない程度の気休めです。単純な話で、バイクが風の影響を受け辛くするためにタンクにベタ伏せして風の抵抗を少なくします。

前述のリアシートの後ろに座るのと併せて、ガソリンスタンドに辿り着いたときに「おれも頑張っただろー」と愛車に語りかけるために行う対策と言ってもいいかもしれません。

高速道路では一番高いギアで80km/h巡航


以前テレビで「オートマの車は80km/h巡航が最も燃費が良い」と紹介されていました。のでバイクもスロットル固定でこんなもんでいいかなと勝手に思っています。
この速度で一番左の走行車線を走っていれば周りの迷惑にもなりません。
どんどん抜いていってもらえる速度なのでこちらは加速も減速もせずにスロットルを一定に保てるのでそういう意味でも適切な速度かと思います。
高速道路では一番上のギアで80km/hで走るようにしましょう。

まとめ【バイクの低燃費走行】

ガス欠になったバイク
レッカーの前に低燃費走行!!






いかがでしたでしょうか。

・エンジンの回転数を低く保つ
・普段より高めのギアで走る
・なるべく停車しない
・スロットルを一定に保つ
・シートの後ろ側に座ってリアタイヤに体重が乗るようにする(気休め)
・前傾姿勢をとって風の抵抗を減らす(気休め)
・高速道路では一番高いギアで80km/h巡航


といことを意識してまたガソリンスタンドを目指してください。きっと辿り着けますよ!頑張れ!

普段からこんな低燃費走行をしてはだめですよ。ずっとこんな運転だと車体にもライダーの精神衛生上も良くありません。
程よくエンジン回して、たまにはぶん回して下さいね。
普段から低燃費走行するくらいならエコカー乗ってください。



趣味ですから!



【予防】バイクガス欠の4つの症状とたった1つの対処方法【が1番】 は>>>こちら
わお!ガス欠直前!バイクの低燃費走行スキルを実行しよう! は>>>こちら
燃費のいいバイク、悪いバイクの見分け方。燃費最強のバイクとは? は>>>こちら
バイクでのガス欠事例~浜名湖を徒歩で渡るアホな男~は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA