春先はネズミ取り、速度取り締まりにチュー意

ライダーが活動を始めるときお巡りさんも活動を始めます






長い冬が終わって待ちに待った今年最初の最高気温18度の日、天気は晴れ予報。着ているだけで疲れる冬装備を脱ぎ捨てて春の訪れを感じにバイクに股がります。

冬の間に閉ざされた何かしらの扉が開いて暖かい光が差し込んでくるのを感じます。久しぶりの陽気ついついアクセルを開けがちになってしまいます。









町から山へ接続する幹線道路の信号に捕まり、すり抜けをして先頭にでます。もう少しいけば本格的に非日常入り。心が高鳴ります。




信号が青になりアクセルオン!左に過ぎ去っていく椅子に座った不穏な人影!

慌ててアクセルを戻すも時すでに遅し。前方で「止まれ」の旗を振る青い制服を着た人。今日の空くらい眩しい青。みるみる青ざめていく自分の顔色。

下らない言い訳をしないで。カッコ悪いから。「へへ…」じゃねーよ



と、ならないように春先はネズミ取りに十分注意しましょう。

ライダーが気持ち良く走る頃合いを見計らって警察も取締をします。こちらは趣味ですが向こうは仕事、プロです。バイクシーズンの出鼻をくじくことによって今年一年の事故防止に努めるわけです。効果は抜群だ!

常日頃から事故防止に努めている皆様には要らぬ気遣いなので、春先は特に気をつけて運転しましょう。









万一捕まってもグダグダだだをこねずに「さーせんした」と言って大人しく、大人らしくサインしましょうね。大の大人が自分の行動に責任を持たずに文句言っているのは凄くカッコ悪いですよ。捕まるときもグッドライダーで。

エーコラじゃねーんだよ。ダセエな。




僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です