「いつもの峠」を持つ重要性

自分の走りの基準となる道を持つこと

今日も頼むねー

「マスターいつもの」という訳ではないですが、自分と自分のバイクにとって「いつもの峠」を見つけることはとても大切です。その道を自分とバイクの基準の道にすることでたくさんメリットがあります。バイク選びと同じくらい大切なことだと思っています。



厳密には「峠」である必要はありません。自分がコーナーを気持ち良く走れるところならどこでも大丈夫です。僕が「峠」と表現したのは峠というところはだいたいタイトコーナーが連続しているので「スピードを出さずにコーナリングを楽しめる」ので「峠」としました。なんだか走り屋見たいで抵抗があるかもしれませんね。
厳密に言うと「峠の中で特に気持ち良く走れる区間」を持つことです。「ここの峠のここからここまでが楽しいなぁ」という場所を指します。ますます走り屋みたいになってしまいますね。

「いつもの峠」の最大のメリット

安全走ることができる


→コースが頭に入っているのでツーリング先の初見のコースより遥かに安全に走ることができます。
湧水でウエットになっているところ、ブラインドコーナーの先の路面に亀裂があるところ、高速で進入しそうになるけど奥でコーナーがきつくなるところ等自分の頭の中に次の走りのイメージができます。

もちろん一本目は路面状況や取締り等を確認しつつゆっくり走ります。

この単純明快なメリットから全てが始まります。

いつもの峠で安全にできること

コースが頭に入っているので下記のことがより安全にやれるようになります。

◯ライディングの練習
→反復練習ができるのでとても良いです。このコーナーはここでブレーキをリリースしてみよう、うまくいなかったから次はここにしよう、等同じ環境で違う条件でトライ&エラーを繰り返すことができます。

◯サスセッティングができる
→同じコースを走ることで微妙な違いを感じることが大切なサスセッティングが捗ります。ツーリング先でサスセッティングをやると「毎回初めましてのコーナー」なので訳がわからなくなります。「ここは曲がりやすいかなー?」「でもここはだめかなー?」とかフワッとした感想になってしまいます。同じところを走ると条件が毎回同じなのでサスの具合の違いが格段に分かりやすくなります。

◯タイヤの皮剥きができる
慣れているところなので臆することなくタイヤの皮剥きができます。スピードを出すところは出して、緩めるところは緩めて、メリハリのあるライディングで皮剥きができます。

◯ツーリング先に迷わない
→色々なところに走りに行くのも凄く楽しいですが、「明日走りに行けるけどどこ行こうかー」となったときに気軽に行けます。「明日はいつものところでライディングの練習!」と割りきれれば前夜は安眠できます。

◯「昨日はどこ行ったの?」に「いつもの所だよ」と言える
→休みの日の次の日「昨日はどこ行ったの」と聞かれて「いつものとこ」って言えます。なんか良くないですか。もちろん「明日は?」「いつもの」という感じで使えます。なんか良くないですか。「マスターいつもの」みたいな。

いつもの峠の条件

全てに当てはまるところがある人は幸せです。凄い希だと思います。下記条件になるべく当てはまる方がいいです。

◯気持ち良くコーナリングできる道
→基本です。ちょっと気合い入れて走れるくらいのタイトコーナーがあれば尚吉。
◯自宅から高速道路、有料道路を使わずに行ける
→経済的にも気軽に行けるのがいいです。
◯自宅から二時間以内にある
→距離的にも気軽に行けるのがいいです。二時間でもちょっと遠いですかね。近ければ近い方がいいです。行き帰りでくたくたにならないように。
〇片側一車線以上の道路
→両側一車線だと対向車が怖いです。片側一車線でもはみ出してくるアホがいるので気を付けてくださいね。
◯休憩できる場所が近くにある。
→コンビニや道の駅が最高ですが、自販機、公衆トイレでもいいです。座れるベンチも欲しいですね。
◯ガソリンスタンドが近くにある
→バイクもガソリン食べないと動けないので。

皆様も様々ツーリングしながら「いつもの峠」を見つけて下さい。

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

「いつもの峠」を持つ重要性” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です