デグナーDP-27 バイク用デニムパンツを買ったけど結局レザーパンツを履いている件

DEGNER DP-27はジーパン以上革パン未満、温泉ツーリングにオススメ



「ずっと革パンだったけどバイク用のデニム気になるなー」
「ずっとジーパンだったけどバイク用のにしようかなー」



と考えているあなたのためにレビュー記事です。



僕もずっと革パンでしたが、少しでも涼しくなればと思い試して見ました。


※この記事は9月に書いています。


デグナー  DP-27の特徴と革のパンツとの比較

デグナー  DP-27の前面

デグナー  DP-27の本革ヒートガード


足の内側に牛革が仕込んであってエンジンやマフラー(アメリカンタイプの)の熱を弱めてくれる。
ジーパンにはない機能なのでとても有難い。しかし普段革パンを履いている人からするとその恩恵は感じられない。
熱を遮断するという機能においては革パンの方が優秀。全部革だから当たり前ちゃ当たり前。

デグナー  DP-27にはシャーリングが付いているので前傾姿勢が楽


ジーパンだと突っ張ってしまうがシャーリングによってストレスなく前傾姿勢がとれる。
革パンにもついている機能なので僕にとっては真新しくはない。

デグナー  DP-27にはプロテクターが付いている


膝に標準でハードプロテクターがついている。2000円近くするヒッププロテクターが別売りのオプション扱いなので残念。


革パンには膝、ヒップ、太ももの外側などプロテクターが充実しているので「ジーパンよりは遥かにいいが革パンには遠く及ばない防御力」と言う感じ。


デグナー  DP-27のニーグリップ具合



熱対策の牛革部分が膝の辺りで一回切れているので二ーグリップは革パンよりだいぶ劣る。ジーパンよりは良い。

足の内側全体が牛革になっていればよかった。あとほんの少しの面積なので残念。コーナリングではかなり違いがでます。

デグナー  DP-27は暑さ対策として



革パンよりは確かに涼しい。エンジンの熱をある程度遮断してくれるのでジーパンよりも涼しいかも。

どうせなら中途半端に間をとらないでフルメッシュのパンツがいいような気がする。


デグナー  DP-27は洗える


革パンは洗えないがこちらは手洗いができる。洗濯機に放り込んでも大丈夫だった。メーカーは手洗いを案内しているので自己責任で。

デグナー  DP-27の手入れ


革パンはクリームを塗ったりしなければならないがこちらはメンテフリー。ジーパンと一緒でクローゼットに引っ掛けておけばいいので楽。


レザージャケットとレザーパンツの手入れはたったの3ステップ は>>>こちら

デグナー  DP-27の疲れ具合



意外だったが革パンより生地が薄いのでお尻が疲れやすい。今まで革パンのお陰でお尻の疲労が相当減っていたんだなと革パンに対して感心してしまった。意外な盲点。


デグナー  DP-27の写真

デグナー  DP-27まとめ




すでに革パンを履いている方は購入する必要は全くありません。暑さ対策をお考えであればフルメッシュのものを試してください。



普段ジーパンでバイクに乗っている方で「革パンはちょっとね・・・僕おしゃれにうるさいし・・・」と言う方にはかなりオススメです。


レザーパンツよりも脱ぎ履きがしやすいので温泉ツーリングなどにはいいかもですね。




バイクにレザーパンツをおすすめする4つの理由と4通りの選び方 は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!


デグナーDP-27 バイク用デニムパンツを買ったけど結局レザーパンツを履いている件” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA