Googleアドセンス審査合格

コツコツ真面目にやればイケた






この記事に辿り着いた方は



・googleアドセンスに合格してブログを収益化したい
・googleアドセンスに落ちまくっている
・どうすればgoogleアドセンスに合格できるのか
・googleアドセンス合格のためにやるべきこと、やってはいけないことはなんなのか
・googleアドセンスの申請はどのタイミングで行うのが1番いいのか



という方ではないでしょうか。そんなあなたのために体験談として記事にします。




アドセンス的にポロリはダメです。


googleアドセンス合格できて素直に嬉しい



お陰様でGoogleアドセンスに一発合格できたのでGoogleアドセンス合格に向けて自分が気にしたことを記事にします。

ひとつ大きな山を越えられた感じです。承認欲求がかなり低いと思っている僕ですが、ちょっと顔がカッコ良くてかわいくて、髪型がかっこよくて、話も面白くて、後輩にも威張らず、コンビニの高校生のアルバイトの店員さんにも敬語を使い、自分なりの思想に基づいてブレずにただ日々を生きているだけのつまらない僕が、世界を征服している大企業Googleに認められたと思うとやはり嬉しいです。

Googleアドセンスとは?




そもそもgoogleアドセンスとはなんなのか見て行きましょう。



GoogleアドセンスとはGoogleとサイト管理者(僕)が提携してGoogleの広告をサイトに貼り付けて、その広告をサイトに訪れたユーザーがクリックすることでサイト運営者に報酬が発生するというものです。ワンクリック数円~数十円らしいです。広告の種類によって変動します。多いものだと200円近くのものもありました。




昭和生まれの僕からするとそんなことで収入を得られるのはなんだか如何わしい感じがしますが、調べてみるとテレビ局のコマーシャルと同じかなと思います。僕が調べた限りの解釈なので専門家からすると違うかもしれませんが専門家でない人が専門家でない人に説明するとこんな感じかと↓↓↓


テレビ局

CM流したい会社→お金→テレビ局→お金→番組制作会社:視聴率の高い番組を作ってCM流したい会社のCM流す

Googleアドセンス


広告出したい会社→お金→Google→お金(クリックされる毎に発生)→サイト運営者:人が訪れる質の高いサイトに広告を出したい会社の広告をGoogleが選んで貼る

こんな感じ?




つまり僕はコンテンツを作る制作会社の立ち位置に来られたということです。

Googleアドセンスの縛りについて~何故縛りがあるのか~




テレビ局の例えで、視聴率を上げようと番組制作会社が「薄着の女性がたくさんでてくる番組」を作ったとします。


そーすると「教育に良くないー!」と一部の良識を持った人びとに叩かれます

するとCMを出している会社のイメージダウンになるのでその会社から「そんな番組作るんならお金出さないよ」となります。


なのでテレビ局は「薄着の女性はダメ」とかルールを作ります。放送禁止用語を作ったりしますね。コレが所謂>>>「コンプライアンス」です。

自由に番組作りができなくなりますが一部の人にとっての健全な社会作りにとっては仕方のないことです。ヒップホッパーであれば「コンプラなんでカンケーねー」で行けますが。



ちなみにこの前「R指定に似てますよねー」と言われました。自分でも思っていましたが確かに似ています。あそこまで頭の回転いかないですけど。4st250より回ってますよあれは。


呂布カルマの様な思想でチプルソの様な段取りと口の悪さと優しさと切れ味で、鎮座ドープネスのようなスタイルで生きていきたいと思っています。


話が逸れましたが、Googleアドセンスの場合もGoogleが定めている「コンプライアンス」的なものがあり、それに違反しているとGoogleアドセンスの審査が通りません。Googleが定めているコンプライアンスを守るため、あれこれ考えていると結構な縛りがあることに気づいて「完全に自由にサイト作りはできないんだなぁ。これがコンプラかなぁ。テレビマンも大変だなぁ。新鮮!」と思いました。


—-2019/8/24追記—-審査後もルールに違反した表現があるとアカウントの停止などペナルティがあります。今問題のないように過去記事の表現を見直しています。それに伴い表現が変になっている部分が多数発生していますが察してください。—-

Googleアドセンス合格のためにやってはいけないことや、やらないほうがいいこと


Googleのポリシー違反になることはやってはいけません。ポリシー違反はたくさんあって全て理解するのは難しいので僕の知っている範囲、僕の解釈を書きます。一応1発合格したので参考にして下さい。

小学生の子どもと見ていて気まずくなる内容の記載

ぶっちゃけこれだけ押さえればうまくいきます。

子供の頃、親と一緒にテレビを見ていて、キスシーンが流れたり、水着のお姉さまがワイワイしていてなんとなく気まずくなった経験ありますよね?あの「なんとなく気まずい雰囲気」にならないようにサイトを作ります。

アダルトな内容は一切載せません。例え話でも一切載せません。そういった類の写真やイラストもです。

言葉使いも乱暴でなく、お上品にします。汚い言葉は使いません。過激な画像も話題もいけません。

こどもが興味を持つといけないので、お酒やたばこの話題も同様です。

文章や画像の引用、転載


イラストや写真の無断使用はだめなので全てオリジナルのものを使用します。

他のブログからの引用もやめたほうが無難です。文章も全てオリジナルで書きます。コピペ一切なし。もし使用したものが著作権で保護されているものだったりしたらまずいです。






Googleアドセンスのために僕が諦めたこと




vapeの記事を書くこと。


Googleアドセンスの関係であまり詳しく書きませんが僕の趣味のひとつです。2014年の1月(多分)から使っているので日本の中でもかなり早めに始めている方です。


年数相応にかなり価値のある情報(RDAはもちろんニコチンリキッド、フレーバーリキッド自作も)をたくさん持っているので、この情報も出していこうと思っていましたがGoogleアドセンスのコンプライアンス的にvape含むチュッパチャップス関係がアウトだったので諦めました。


チュッパチャップスなんて男の趣味の嗜好品文化なんですが仕方ないですね。残念。バイクの方がユーザーとネタが多いので戦略的にバイクにしました。

Googleアドセンスのために僕がやったこと


アドセンスを意識してやってみたことです。

問い合わせ窓口の設置




問い合わせ窓口を設置した方が良いとの記事を見たのでその通りにしました。初めはプラグインを使って「問い合わせボタン」を設置するつもりでしたが、そこは流石の「パソコン素人」、あと一歩のところで設置がうまくいきませんでした。


プラグインを利用する方法を諦め、問い合わせはこちら」と言う記事を作り、トップページに「問い合わせはこちらという記事へのリンク」を固定しました。これをGoogleが「問い合わせ窓口が設置されている」と認識してくれるかどうか不安はありましたが、割りと一般的な手法だったのでこの手法で行きました。結果行けました。

広告を貼らない



ブログを始めたと同時にアフィリエイトサイトに登録していつでもアフィリエイトの広告を貼れる状態にしていましたが、実際には貼らずにいました。他の広告があると審査が通りづらくなるそうです。

毎日記事を投稿する




毎日コツコツ記事を出していました。「僕コツコツ頑張ってまーす!やる気ありまーす!」と言った感じでしょうか。


始めたての頃は「質のいい記事を書けばGoogleの評価上がるし、>>>社会から評価され続ける限り価値のあるものだから書けた分だけさっさと投稿しよー」と思い、1日5記事とか出していた日もありました。中川翔子か。


途中で「Googleの評価が上がる前にネタ切れになったら本末転倒やんけ!」と思い、「質のいい記事をババンと出して人事を尽くして天命を待つスタイル」をやめ、「質のいい記事を少しずつ出して大器晩成スタイル」に切り替えました。


Googleアドセンスの審査に不利になるか少し心配していたこと



調べても答えがなかったのですが「これって不利になるかな」と心配していたことです。

外部リンクは勝手に貼っていいのか?


あまりにも当たり前過ぎることなのか、調べてもそれっぽい答えがなかったんですよね。
僕はたまに記事の中に外部リンク(オコブロではないところに飛んでいくリンク)を貼っています。

説明を分かりやすくするためのものもたまにありますが、多くは「開いた人がクスッとする」様なちょっとした調味料みたいな使い方でリンクさせています。完全に蛇足です。


このリンク先はほとんどがYouTubeなのですがそもそもブログに勝手にリンクを貼っても問題ないのか?と思いました。リンクを貼ることで僕は何かしらの利益を得ているわけでもないし、むしろリンク先に訪問者が増えて得するのはリンク先じゃないかなー?と思っています。

外部リンクのコンテンツが不正なものだった場合不利になるのか?

これも調べても答えがなかったです。
リンク先のコンテンツが著作権違反などしていた場合、Googleアドセンス的に不利になるのでは?と危惧していました。

リンクを外しても良かったのですがなんだか寂しいし、何より面倒だったので「審査に落ちたらリンク外すかー」くらいの気持ちでした。

そもそもGoogleが運営しているYouTubeのリンク先が不正なコンテンツだった場合それを理由にGoogleがアドセンス審査を落とすということは矛盾していると思いました。


どちらかと言うとほぼ善意の第三者の僕よりも不正なコンテンツを抱えたままYouTubeを運営しているGoogleに瑕疵があるんじゃねーのと思ったのです。結果、不正なコンテンツを貼っていなかったのかどうかはわかりませんが問題ありませんでした。

その他著作権違反などをしているのか?

著作権が絡むので凄く情報量が多くて答えがないのと同じでした。

街乗りの仕方など、ポケモンのおもちゃを使って説明している記事を投稿していました。写真は自分で取っているのでオリジナルですが、「これポケモン的にいいのかな」と気にしましたが「じゃあ隣の名もなき玩具の製造元はどーなる?」と思って考えることを止めました

稲川淳二の似顔絵やニコニコプンのポロリの絵を描いたりしましたが「似てないし下手だからいいや!これがダメだったらなんにもできねーし!」と気にしないことにしました。

結びの言葉について


副業として確立するためにブログを始めたので勿論収益化しないと意味がありません。なので記事の最後には「(広告をクリックして、このブログのリンクから商品を買って)僕にロッコルを履かせて!」という決め台詞というか、この結びの台詞を入れています。


ロッコルとはバイクのタイヤの名称です。

Googleアドセンスでは「広告のクリックをお願いしてはいけない」のでこの台詞がどの程度お願いしていることになるのか不安でした。


例えば「今月お金ない」「たまにはお寿司を食べたい」「誰か焼き肉を食べさせて!」という文章はいいのか?とか考えるともー審査する人の匙加減だなという結論に達したので考えることを止めました。腹にあるものを隠しているのもなんだか気持ちが悪いし。


そしてカーズは考えることをやめた・・・



申請を出すタイミング




記事数が少ないうちに出したほうが修正作業が楽


ネットでは大先輩が「1年間は広告を貼らずにファンを作ろう」などと書いたりしていましたがこれは絶対オススメしません。

1年も経っていたら相当な記事数になっているハズです。もしアドセンスが不合格になった場合、その膨大な記事から問題のある記事を全て自力で探し出して修正しなければなりません。Googleさんは「この記事のここが問題です」とは教えてくれません。記事数が多ければ多いほど修正に時間と労力を裂かなければならなくなります。

そもそも「わー!広告が貼ってあるからファンやめる!」という人なんていないと思いますしね・・・。


申請を出す記事数、内容、文字数は?

記事数


僕はブログを始めてバババーと記事を投稿してしまったので50記事くらいで申請してしまいましたが、これでは多すぎです。もし審査に落ちていたら面倒くさくてブログ辞めていたかも。

10~20記事書けたら申請してみるのがいいです。


内容



Googleは「ユーザーの役に立つかどうか」を最重要視するので、独りよがりな日々の報告では審査が通らないと思います。

ハウツー物だったり、役立つ情報、中身のある記事にしましょう。

僕の場合は日記的な内容は一切書かずに「ヘルメットのサイズの選び方」「ツーリングプランの提案」など少しでもユーザーの役に足つ記事を書いていました。


文字数


文字数が大いに越したことはありませんが2000文字は欲しいと思います。

ライティングスキルが身につけばもっと文字数が増えるのですが、初めたてのころは2000文字でも大変かも。Googleアドセンス合格後たくさん記事を書いてライティングスキルがあがればリライト(記事を再編集)すればいいので気軽に書きましょう。


※僕も今リライト作業の真っ只中です。300記事くらいあるので・・・。



Googleアドセンスの審査期間



昨日の23時くらいに申請を出して、本日の16時過ぎに「おめでとう!」のメールが届きました。意外と早かったです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。少しイケそうな気がしてきませんか??

・こどもと気まずくなく見られるサイト作り
・文章も画像もオリジナル
・問い合わせ窓口を設置する
・広告を貼らない
・コツコツ毎日記事を公開する
・2000文字程度でユーザーの役に立つ内容で20記事


こんな感じですかね。


ブログ始めたての方に少しでも役に立てば幸いです。コツコツやれば多分イケますよ!



初心者に役に立ちそうなブログネタは>>> こちら

※僕がサーバー契約をしているの↓のエックスサーバーです。word pressで始める方はここを契約すれば間違いないです。word pressについて指南してくれているサイトのほとんどがエックスサーバーありきで話が進んでいくのでエックスサーバーでないと話が噛み合わなかったり、悩み事を解決するまで時間がかかったり、解決できなかったりします。


僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

Googleアドセンス審査合格” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です