このバイクいくらするの?に対するたった1つのパンチライン

中古で買ったくせに新車価格を伝える


「にいちゃんこのバイクいくらすんのー」
「(うっせーな)」




ツーリング先で休憩しているとおじちゃんが近づいてきて

「どこから来たの?」
「これ何シーシー?」
「何km/hでるの?」


など、一通り聞かれることありますよね。


この人バイク乗って(乗ってた)んなって方は

「これエンジンハーレー?まじ?なにこれ」
「このホイールベースだとフロントポンポン浮くでしょ?」
「面白そう・・・ねぇこれ面白い?これスッゴイ曲がるよね?」


など、バリエーションは様々です。基本的に僕は愛想がいい(本当に愛想がいい人は普通自分で言わない)ので話しかけられること自体は全然いいのですが、むしろ楽しくお話させて頂くのですが唯一・・・



おっさん随分品の無いこと聞くね


とうんざりするのが


「このバイクいくらするの」


です。日本人は元々農耕民族のせいか(狩りで「とったどー!」ってゆーより「みんなで収穫☆」って感じ)、お金の話が嫌いですよね。まあ僕も日本と言う国の環境でどっぷり育ってきたので初対面の人に



「このバイクいくらするの」




と聞かれたらなんか自分の経済状況を探られているようで多少むっとします。


お相手はだいたい「そんなにするのー車買えるじゃん」と話をもってきたいので



「新車で買ったら200万す」

おっさん目利きじゃん!


と新車価格で答えます。ちゃんと「新車で買ったら」と言っているので嘘ではないですし。
まあ本当は新車価格170万なんでちょっと盛ってますが。シシャゴニューシシャゴニュー!


で・・・・・「車買えるねw」と来たら>>>こちらの記事の「車買えるじゃんwww」の返しの「移動が趣味じゃないんで・・・」に繋げます。うむうむ流れがキレイ。



まさに声かけられた現場
高いバイクたくさんあるなー



「バイクじゃなくて車買えるじゃん」に対する たった1つのパンチライン は>>>こちら
人の趣味にケチをつける人のスルー能力 は>>>こちら
バイクを反対された時に家族を説得するたった1つのパンチライン は>>>こちら
このバイクいくらするの?に対するたった1つのパンチラインは>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

このバイクいくらするの?に対するたった1つのパンチライン” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA