人の趣味にケチをつける人のスルー能力

人の趣味を悪く言う人は心の貧しい人

釣れちゃったー!男の人呼んでー!




「よくバイクなんか乗るね」
「危ないよね」
「うるさいよね」
「暑いよね」
「寒いよね」
「車買えばいいのに」



よく言われます。そういった方に「休みの日はなにしてますか。趣味はなんですか?」と聞くと「趣味はない」疲れて寝ている」という答えがほとんどです。




逆に趣味がある人とは

「バイクですかーいい趣味ですね。私は釣りしかしないので」
「釣りなんて最高の趣味じゃないですかー。僕生きてる魚触れたら絶対釣りやってましたよー」
「魚触れないんだw」
「食べるのは好きなんすけどねw」

など会話が盛り上がったりします。






人の趣味にケチをつける人は「趣味に打ち込むなんて変わってる」「自分とは違う。異常だ。自分が正常だ」と考えています。



正気を保つは>>>こちら



趣味がある人は「趣味を持つ大切さ」や「趣味は心を満たしてくれる手段」、更には「人はそれぞれ考え方が違うものだ」という基本的なことを理解しているのでネガティブな会話になりません。



みつをさんの言う「みんな違ってみんな良い」、つまり人類の多様性ということを理解しています。




少し前にテレビで>>>「どんな趣味でも素晴らしくないものはない」と言ったオタク(←敬意を込めて)の方がいましたが、世界中の人がこの考え方になれば豊かで戦争もない世の中になるのになぁ。と思いました。




人の趣味にケチをつける人は知見の狭い心の貧しい野暮な人間だと思ってスルーしましょう。







ところで、あなたの趣味はなんですか?















僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

人の趣味にケチをつける人のスルー能力” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です