バイク購入を反対された場合に家族を説得する方法

人生をもう少しだけ楽しくしたいんだ




ショボーン


この記事に辿り着いた方は

・バイク趣味を始めたいが家族に反対されている
・バイクに乗ってみたいが親を説得する必要がある
・彼氏にバイクに乗ることを反対されている


というお悩みを抱えている方ではないでしょうか。


もしかしてあなたの説得がうまくいくかもしれない、失敗しても納得が行くかもしれない、あなたの今後の人生をかえてしまうかもしれない説得の方法があるので書いていきます。

初めてのバイクに説得はつきもの



「ではこれからバイクに乗りたい理由を説明しまーす」





初めてバイクに乗るにあたり、自立した成人の独身の方であれば誰の了承も得ずに済みますが、未成年の方はご両親の、既婚者の方はパートナーの方の了承を得るために説得しなければならない局面に陥ることがあると思います。

自立した成人の方でも恋人に反対されたらそのお相手を説得する必要がでてくるかもしれません。

こう考えると、賛成される、反対されるは別問題として、「誰の了承も必要なくバイクに乗り始める人」の方が多いのではないでしょうか。

反対されること自体は自然なこと



「反対」
「反対」
「反対」



バイクは危険な乗り物というのは世間一般に広く知られた常識なので「大切な人がそんな危ないことを始めようといている」と分かったら反対するのが自然な流れです。

反対されること自体は悪いことではなく、「危険」というものからあなたを守りたいという「愛情」やそれに近い感情からくる行動です。

ですので反対されたからと言って親を恨んだり、パートナーに対して嫌な感情を抱いたりするのは間違っています。

説得の方向~移動手段ではなく人生の楽しみとして~


さて、肝心の説得方法です。

親やパートナー、恋人に関わらず、バイクを趣味にすることに反対する方は「危険だから反対する」わけです。他に思いつきません。


もし経済的な理由からであればあなたが一生懸命アルバイトをしたり残業をしたりして頑張ればいいだけの話です。自分の頑張りでどうとでもできるのですから相手は関係ありませんもんね。


ではバイクが危険とはどういうことでしょうか。

・事故を起こしたときに死亡率が高い
・大怪我をする可能性が高い



ということですよね。この考えの根拠になっているのは


車と比較して


ですよね。

・車と比べて、事故を起こしたときに死亡率が高い
・車と比べて、大怪我をする可能性が高い



「やちまったなー」

ということですね。


「車を買う」といって「危険だから」という理由で反対されることはあまりないですよね。車は移動手段の道具のとても一般的なものだからです。


それと比べて危険だからバイクは反対となるわです。


つまり、お相手は今



移動手段としての危険度を根拠に反対している



ということです。


ということは、あなたが

・バイクは危なくないよ
・目的地に早く着くよ
・維持費が車より安いよ




などと、移動手段という土俵にバイクを上げて論じてもまったく勝ち目、説得の成功は見えてこないということです。なぜならばバイクは移動手段としては快適性、安全面で車よりも明らかに、そして絶対的に劣っているからです。


鉄のフレームに囲まれた自動車とヘルメットやバイクウエアくらいしか身を守るものがないバイク、どちらが安全でどちらが危険かは説明不要ですよね。


エアコンがついた自動車と風がバンバン当たる、雨もあたる、荷物も詰めない、乗車人数も最大2人のバイクとどちらが快適かも説明不要ですね。




ですので「移動手段としてのバイク」ではなく「人生の楽しみとしてのバイク」という方向で説得を試みるのです。




それはまるで「楽器を始めたいんだ」「絵を始めたいんだ」といったどこかクリエイティブな雰囲気の説得です。

説得は一言で済む






で、肝心の説得の仕方ですが、一言で済みます。
この一言で失敗したら諦めます。

先述したように、移動手段として「思ってるより危なくないから」とか「車より維持費が安いから」とかそういう説得の仕方ではいけません。


ごちゃごちゃした小手先の説得ではなく、もっと右ストレート1発でハートを1発で撃ち抜くような説得の方がかっこいいです。


相手の目をしっかり見て、真剣に、



「人生をもう少しだけ楽しくしたいんだ。
そのヒントがバイクの中にあるように思うんだ。」



と言いましょう。感受性が豊かな人であればこれでグッと来ると思います。

言葉の解説

人生を



→移動手段やそういうものではなく、「人生」という大きな括りで話を始めて、「移動手段という土俵」から一瞬で引きずり下ろします。こうすることで相手が根拠にしているものを崩します。


もう少しだけ楽しくしたいんだ


→(今のままでも不満はない、十分楽しいけど、)もう少しだけ。という行間を挟んでいます。つまり「相手との生活に特に不満があるわけではないが」「現状も十分楽しいけれど」というニュアンスを入れて相手に対して敬意を払い、愛情を見せるわけです。

そのヒントが


→「絶対」とは言い切りません。「ヒント」という言葉を選び、敢えてフワっとした言い方をすることで「かなり思いつめて悩んでいる」という雰囲気を絶妙に醸し出します。「バイクにノリタイー!キーーー!」となっていない、「人生を楽しくするためのツールとして乗ってみたい」という一味違った厚みのある感じにできます。

バイクの中にある


→「乗りたい乗りたいー!」の駄々っ子ではなく。バイクの中にあるであろう

・装備を選んでいく楽しみ
・走る喜び
・ツーリング先でみる景色
・出会い

などなど含めて魅力をかんじているんだよということを伝えます。そういう意味で「バイクの中」という言葉をチョイスしています。

バイク趣味全体に魅力を感じているということを表しています。


ように思うんだ。


→「そのヒントが」と同じです。結びの部分で再度、 かなり思いつめて悩んでいる、一味違った厚みのある感じを表してさらに言葉全体に厚みを奥行きを持たせていきます。



練習してみる



では練習してみましょう。何事も練習でうまくいかなければ本番でもうまくいきません。



「溜め」を使っていきましょうか。


人生を・・・
もう少しだけ・・・
楽しくしたいんだ

・・・・・・

そのヒントが・・・

(深呼吸)


・・・バイクの中に

・・・・・・


・・・・・・

あるように思うんだ。





あらやだいい感じ。少し半笑いだったのでそれだけ気をつけて下さい。



説得に失敗した場合の諦め方の解釈


この一言で説得に失敗したらもう諦めましょう。この一言は感受性が豊かな人には刺さりまくる一言です。


「そこまで考えているんならいいかな・・・」


と思ってくれる一言です。



それでもダメなら諦めなければなりません。立場ごとに「諦める解釈」と書いていきます。しっかり諦めてくださいね!


親を説得できなかった場合


「この程度の感受性の親のもとに生まれたおれの感受性もまたそんなもんだろう。バイクに乗ったところでなにも変わらないな。あーつまんねー。」


です。そんな貧しい感受性を親に持つあなたの感受性もたかが知れています。三つ子の魂百まで、環境要因であなたが感受性豊かな人に育っているとしても先天的なものには勝てません。結局根っこにあるのはそういう貧しい感受性です。あなたがツーリング先で花を見ても「あ、花咲いてる」くらいしか思いません。車で行っても同じなのでバイクは諦めて移動手段として優れた車を購入しましょう。きっと親御さんも反対しないでしょう。そういう感受性の持ち主ですから。


未成年の場合は最終ラウンドが残されている



もしあなたが未成年の方でしたら諦めるのは少し早いです。成人すれば一人の大人として自分が良いと思った選択をすることができます。この場合、もう親の説得をする必要はありません。「バイク買うわー」と一言かければいい程度です。
成人した後でも口を出してくる、こどもの自主性を軽視する親御さんで、且つ、あなたがそれに従わなければならない状況の場合は

「この程度の感受性の親のもとに生まれたおれの感受性もまたそんなもんだろう。バイクに乗ったところでなにも変わらないな。あーつまんねー。」


と思って車を買いましょう。

夫婦間の説得に失敗した場合


「こんな感受性の人をわざわざ選んだおれの感受性もたかが知れてるな。バイク乗ったところでなにも変わらないな。あーつまんねーなー。」

と解釈しましょう。あなたは、あなたの感受性でもって相手をパートナーに選んだわけですよね。ということは目の前にいる「シケタ感受性の人」と同じ、或いは同程度の感受性しか持っていないと考えられます。ですのであなたがツーリング先で花を見ても「あ、花咲いてる」くらいしか思いません。車で行っても同じなのでバイクは諦めて移動手段として優れた車を購入しましょう。きっとパートナーさんも反対しないでしょう。そういう感受性の持ち主ですから。

そもそも自分の行動を制限するパートナーなんてあなたにとってラーメンに乗っかった鰹節よりいらないものだと思いますけどね。

相手はあなたのことを尊重していないばかりか行動まで制限しています。まあそんな方をお選びになったのはご自身なのでこころの天秤にかけてみればいいかと思います。バイク(今後の陣背を含めたあなたの全選択)とパートナーを皿に乗せて。


恋人の説得に失敗した場合



もし自立した独身の方が恋人に「バイク買うわ」と言って了承を得られなくてもなんの問題もありませんね。バイクと恋人さんを天秤にかけてから重い方(バイク)を選べばいいだけですから。自分の行動を制限する恋人なんてあなたにとってラーメンに乗っかった鰹節よりいらないものですからね。

ですので「恋人の説得に失敗する」というシチュエーションはありえないということです。ラッキー!


本来比べるものではないけれど制限されたらかけざるを得ない


まとめ




いかがでしたでしょうか。何だか説得がうまくいくイメージしかできませんよね。


「人生をもう少しだけ楽しくしたいんだ。
そのヒントがバイクの中にあるように思うんだ。」


これでやってみましょう!失敗しても大丈夫です。それぞれのシチュエーションに解釈を当てはめればノーダメージ!どーんと説得してきてください!




僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイク購入を反対された場合に家族を説得する方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です