アマリングの消し方




空気圧を下げて、スポーツタイヤで真面目にコーナリングする




この記事に辿り着いた方は




・一緒に走った人に「アマリング酷いね」と嫌な感じで言われた
・道の駅でリアタイヤを見た春日が「ヘッ」って言った
・最近アマリングという言葉を知って生き辛くなった
・ネットでアマリングという言葉を見たが意味を知らない
・アマリングが夢に出てくる
・「アマリングなんて気にするな」とアマリンガーに言われたが気になる




と言う方ではないでしょうか。うむうむ。


僕もアマリングという言葉を認識した途端、自分のリアタイヤと他人のリアタイヤが気になって仕方ない病になりました。今はお陰様で完治しています。


治療方は「アマリングを消す」しかありません。いや、「気にしない」とかありますけど気になっちゃうんだもんなー。



アマリングてなぁに?という方は アマリングとは>>>こちら
を読んでみてください。


半袖短パン=頭が悪い人


フロントタイヤのアマリングは割りとどうでもいい




僕はリアのアマリングは気にしますがフロントのアマリングはさほど気にしません。フロントタイヤのアマリングはリアタイヤとのタイヤサイズのバランスや車体の何かしらの要因に依るところが大きいと思っているからです。ライダーのスキルせいではないと思っています。


ただし、ハンドルを無理にこじったりハンドルに無駄な力をかけてコーナーリングをしていると、フロントのアマリングがリアのアマリングより狭くなっていくようです。


フロントの方が使えているように見える状態になりますがあまり芳しくない状態ですので気を付けましょう。←この辺りは素人考えなのであまり参考にしないでくだい。(逃げ)


何故アマリングができるのか




で、アマリングができる原因ですが


ざっくり言うと



バンク角が浅い
タイヤを潰してコーナリングできていない



からです。

・バンク角とは、コーナーを曲がるときのバイクの傾き具合です。バイクが傾けば傾くほど「バンク角が深い」と言います。バンク角が深ければ深いほどタイヤの端まで路面に接地するのでアマリングが消えるということです。


・タイヤを潰すとは、コーナリング中にうまく自分の体重と車体の重さがタイヤの乗るとタイヤが潰れてよりグリップ力【タイヤが路面を噛む力】が上がるということです。タイヤを潰せば潰すほどタイヤの端が路面に接地するのでアマリングが消えると言うわけです。


アマリングを消すにはバンク角を深くするよりもタイヤを潰す方が良い(安全的な意味で)




アマリングを消すには、ある程度のバンク角は必要ですが、バンク角を深くしよう深くしようと頑張ると転倒の可能性が高まるのでオススメしません。それよりもタイヤを潰す方向でやってみましょう。


アマリングを消す方法



空気圧を下げる


まず空気圧を指定空気圧より前後2~3割くらい少なくします。

空気圧は車種毎(←タイヤ毎ではない)に「指定空気圧」というものがメーカーからでています。「車種  空気圧」でググれバばすぐわかります。

例えばフロント2.4kgf/cm2←キログラムフォース(=240kPsキロパスカル)リア2.6が指定空気圧だった場合フロント2.0  リア2.3とかにしてみます。


バイク屋さんがガソリンスタンドの店員さんにお願いしましょう。



空気圧調整をお願いするときはkgf/cm2 や kPs という単位は言わずに「フロント2.4(ニーテンヨン)で」「リア240(ニヒャクヨンジュウ)で」と言えば伝わります。舌かんじゃうので。


プロも単位は言わないの
下げすぎ注意




常に空気圧低めで走るとタイヤの寿命が短くなってしまうので自宅で空理圧管理ができると一番いいんですけどね。僕は自宅でやってます。5000円程度で始められますからおすすめですよ。詳しくは・・・



空気圧管理の答えは>>>こちら

こんなやつで管理してます。
雰囲気でていい感じですよ!



いつもより高めのギアで回転数低めで走る



いつもの峠へ行って僕が推奨する峠道の走り方で走りましょう(今後>>ライテクカテゴリで書きます)。いつもより一つギアを上げて立ち上がりのときにアクセルをいつもより開け気味にできるようにしましょう。アクセルを開けることによってタイヤをグリグリ路面に押し当てます。


低いギアだとパワーが出すぎてスリップダウン【滑って転倒】してしまうかもしれないので。安全に。



いつもの峠をもつ重要性は>>>こちら

タイヤをスポーツタイヤ以上にする




スポーツタイヤ【そこそこ路面を噛むタイヤ】やハイグリップタイヤ【すごく路面を噛むタイヤ。減りが早い=寿命(ライフ)が短い】を履くと、タイヤや車体から「まだまだ滑らないよー安心してバンクさせていいよー」という声が聞こえてきます。ちなみにこの声を「グリップ感」と呼んだりします。



バンクするのが怖くなくなるしタイヤ自体が柔らかくて潰れやすいので超オススメです。すぐ消えます。



僕は以前ツーリングタイヤ(路面を噛む力は弱いが寿命が長い)ばかり履いていたのでタイヤ交換する度に「今回のタイヤもアマリング消えるかなー。」とか思ってましたが、スポーツタイヤにしたらそんな心配することなく、ほどほど走りで恥ずかしくないくらい端まで使えています。


常に後輪を潰すイメージをしながらコーナリングする



ライテクとか方法論はたくさんありますが、バイクって感覚で乗る割合が高い乗り物だと思っています。ライテクも結局「感覚を文字起こししたもの」がほとんどですしね。ですからちょっとしたイメージ1つでライディングが変わったりします。


コーナー中に



頭の先から背骨を通ってお尻を通った僕の体重がシートを通じてリアタイアを潰している潰している。うん、今まさに潰れているな!おお!いい感じやんけ!



とイメージして見てください。

これが一番効いたりして?





これでだいぶアマリングがなくなるはずです。



我ながら良い図を書けた(; ・`д・´)ワカル?






まとめ



如何でしたでしょうか??多分この記事の通りにやれば今よりはアマリングが狭くなります。うまくいけばなくなるかも!


・空気圧を2~3割低くする
・回転数低め、アクセル開度大目でいつもの峠を走る
・スポーツタイヤ以上のタイヤを履く
・後輪が潰れているイメージを常に持つ


こんな感じで今週末行ってらっしゃい!安全には十分注意して下さいね!油断するとバイクはすぐに裏切りますよ!

まぁ気にしない人は気にしないでいいんですけどね!

バイク楽しいけど気をつけてね





アマリングとはは>>>こちら
アマリングと服装の不思議な関係は>>>こちら






僕にロッコルを履かせて!



↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

アマリングの消し方” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: アマリングとは – okoblo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です