アマリングと服装の不思議な関係

ラフな服装の人はアマリング率が高い

僕の方がひどいアマリング


この記事に辿り着いたかたは


・アマリングという言葉を最近知った
・真面目にバイクに乗っているがアマリングが消えない
・アマリングなんて言葉知らない。普段はTシャツでバイクに乗っている
・バイクは自由なもんだから自由な服装で楽しむんだ
・僕はおしゃれで個性的なライダーなんだ


という方ではないでしょうか。違います?きっとそう。違っても別にいい。うむうむ。

おしゃれライダーに関する面白い僕なりの統計


ブログを始めて間もなく一か月が経とうとしていますが、なんだかバイクウエア、服装のことを多く書いている気がします。Tシャツライダーが親の仇と言うわけではありません。



初心者の方にとって、とても大事なことなのでなんだかベクトルがそっちに行っているんじゃないかと思っています。


ラフな格好でバイクに乗るのが如何にライダーとして未熟な考えか、如何に危険か、如何に御頭が御悪くダサくてブサイクなことか伝えたいのだと思います。何事も最初が肝心。うむうむ。



さて、服装ラフライダーを糞みそにバカにしている自分ですが更に燃料投下です。僕の中で面白い統計がありますのでご紹介します。

服装がラフなライダーはアマリングある率が非常に高い


街中でもツーリング先でも、服装がラフなライダーはアマリングがある確立が非常に高いです。というか100%といっても過言ではありません。


服装がラフとは


服装がラフとはどんな状態なのか、改めて定義してみます。


・ヘルメットのアゴ紐を締めていない
・ヘルメットがフルフェイスではない
・バイクウエアを着ていない
・グローブをしていない
・私服でバイクに乗っている


などです。



アマリングとは


タイヤの真ん中しか使えていなくてタイヤの外周に地面と接地していない部分があることを言います。下にリンク貼りますので見ていない方は見てください。


一般的にアマリングの幅が広ければ広いほど「バイクを傾けられていない」≒「バイクが下手」≒「バイクを楽しめていない」と考えます。


詳しくは
アマリングとは>>>こちら
アマリングの消しt方>>>こちら
辺りをご覧下さい。


「気軽な移動手段」としてバイクに乗る方々のアマリング


街中で「バイクを気軽な移動手段として使っている若者」がラフな格好でバイクに乗っていますよね。


夏はTシャツ、ひどい方はサンダル履きです。彼らは「気軽な移動手段」としてバイクに乗っているのでラフな格好をしても仕方がないと思っています。


コンビニや、友達の家、彼女の家、アルバイト先で、いちいちフルフェイスを持ち歩いたりプロテクター入りのジャケットなんて脱ぎ着していたら気軽ではないですから。


シティユースの方
洗車もしていないみたいでえすわね!



こういった方々のは当然バイクはシティユースです。


バイクの醍醐味の一つである「リアのトラクションを感じながら曲がっていくコーナー」は走りません。交差点を曲がるのが主なコーナーではないでしょうか。これでは当然アマリングが消えることはありません。


超楽しそう!




コルク半を被って街を走っている幼い少年の後輪を見てみてください

バリオスやゼファーに乗って、何の意味もないダブルクラッチ(シフトアップの時にアクセルを煽る何の意味もない行為)をしながら強烈な承認欲求を満たそうと一生懸命街を駆け抜けていますが後輪にはしっかりアマリングがあります。

それは彼らが「交差点しか曲がらない」からです。当然です。 バリオス乗りたい。峠全開で走りたい。上りを。


承認欲求を満たしたいけどバイク乗りからは全く承認されないという鬼の矛盾。


ツーリング先にいるラフな服装の方のアマリング




さて、趣味としてバイクに乗っているはずの「ツーリング先にいるラフな格好のライダー」のバイクのリアタイヤを見てください


くっきりアマリングがあるんです。その確率が非常に高いんです。リアのトラクションを感じながら走るコーナーをいくつも走ってきているはずなのにアマリングがくっきりあるんです。不思議ですよね。今度ツーリング先でジロジロみてください。「バイクウエアを着ていないライダー」のバイクのリアタイヤをジーロジロ見てください。「あらまぁ」と思いますよ。


まさか、バイクが趣味なのにリアのトラクションを感じながらコーナーを走っていないということ???いやいや!そんなはずないですよね。そんなのネタが乗っていないお寿司を食べて満足してるのと一緒ですもんね。そんな寿司ライダーいないでしょ!

何故ツーリング先にいるラフな服装の方のアマリング率が高いのか




服装がラフだと怪我が怖くてバイクを倒せないわけではないでしょう。もしそうだったら突き抜けて御頭が悪いです。




「上っ面だけで乗っているからバイクが下手、だからアマリング率が高い」

と僕は考えています。


つまり安全意識や想像力が働かない脳みそしか搭載していないのでバイクに乗ることが如何に危険か理解できないのです。



安全意識をもって想像力を働かせ、真面目にバイクに取り組めば自ずとカッチリした格好になります。



アマリングがあるけどカッチリした装備で走っている初心者の方はそれだけで真面目にバイクに取り組んでいると思います。そんな初心者の方は既にラフな格好で乗ってる方よりもバイクを本質的に楽しめているはずだし、アマリングも消えていくと思います。まだ発展途上なだけで楽しい未来に向かっています。



ラフな服装ライダーは発展の途上ですらありません。灰になるまでアマリングぶら下げて半ヘルTシャツでバイクに乗っているだけです。もっと楽しい瞬間が無限にあるのに。


まとめ




いかがでしたでしょうか。


また書き散らかしましたが、一連のバイクウエア関係の記事で僕が言いたいことはただ一つ


「みなさん安全快適に走るためにしっかりした装備で乗りましょうよ」


ということです。回りくどくて口悪くてごめんなさい。全部これを際立たせるための装飾語です。

暴走族を「珍走団」「ダサイ族」と言ってイメージダウンを狙うのと同じで、このブログでは私服ライダーを悪くに言います。バイクウエア着用率がガンガン上がって私服ライダーが減るように、たまにこんな記事を書いていこうと思っています。


みなさん半袖ライダーを見かけたらリアタイヤをジロジロ見てください。

アマリングとはは>>>こちら
アマリングを消す方法は>>>こちら
バイクウエアがダサいから着ないという人の答えは>>>こちら
バイクウエアがダサイから着ないと言うダサイ人問題は>>>こちら
バイクウエアの重要性は>>>こちら
バイクウエアがダサい問題は>>>こちら
アマリングと服装の不思議な関係>>>こちら
恐怖!妖怪H2半袖おじさん現る!>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

アマリングと服装の不思議な関係” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です