バイクの空気圧管理の答えはエアコンプレッサーとL字のエアバルブ

エアコンプレッサーとL字バルブで長年の悩みに終止符




タイヤの空気圧管理はとっても大事です。

タイヤが温まっているのでガソリンスタンドでは空気圧管理をしたくありませーん。
>>>こちら



バイク屋さんでやってもらうのが一番ですが月一とかでは行きません。空気圧だけのために行くの億劫です。


どーすっかー。家でやるかー!



◯エアコンプレッサー



僕が使っているものです。安いですが問題なく使っています。


・入れながら空気圧の表示がでるので安心です。
・工具箱のような専用ケースがついてくるので雰囲気出ます。
・ノズルをエアバルブに押し込まずに充填できるのでバルブにも優しいです。バルブ傷めるとゆっくりパンクしていきます。
・始めに到達したい空気圧を設定すると自動で止まってくれます。





※ノズルの先端をバルブから外す時に空気が抜けるので速やかに外してください。注意するのはこれくらいです。



◯L字のエアバルブ




形がいいです。高さがあるのものだと、バルブとホイールとの接点を押してしまいバルブの根本を傷めてしまいます




上記のコンプレッサーで入れる分には問題ないですけど、ツーリング先で入れることも多少あるだろうし何よりかっこいいですからね。



国産車のノーマルホイールのバイクはリム穴径がφ8mmのものが多いようです。必ずバイク屋さんに確認してから買ってください



カスタムされたホイールや外車に乗っている方は
適応リム穴径がφ11.5mmのものが多いようです。必ずバイク屋さんに確認してから買ってください。

ちなみにビューエルにはどちらも合わなかったので諦めました(‘ε’*)バイク屋さんで両方試してもらって無理でしたー!(ヾノ・∀・`)ムリムリ







◯エアバルブエクステンション





上記のL字のエアバルブの適合がわかんねー高いー。不安ー。という方はこちらで十分事足ります。これはつけっぱなしで走行できませんがコンプレッサーにこーやってつけておけば問題ないです。







自宅前でエアコンプレッサー使ってプシュプシュするの「メンテナンス自分でやるライダー」の雰囲気がバンバンでて楽しいですよ!本当にはメンテナンスできないけどねー!








僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクの空気圧管理の答えはエアコンプレッサーとL字のエアバルブ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です