チェーン清掃、メンテナンスを楽にする!リアタイヤ浮かす部材の使い方

後輪を浮かせてチェーンメンテナンスが格段に楽になる。しかも格安で。






センタースタンドがついている車種には無縁の話ですが、チェーンメンテナンスをするときにリアタイヤを浮かせられないとかなりしんどいです。少し進んで作業して、少し進んで作業して、気づいたら汗だくで。




でもメンテナンススタンドは高いし、自分のバイクにうまく使えるか少しだけ不安だし、ネットで「メンテナンススタンドでバイク倒した」などの情報もたくさんあるし、なかなか手が出ません。メンテナンススタンドでバイク倒すのは誰でもやっちゃうあるあるだそうです。









メンテナンススタンドを買ったことがあったのですが「届いたその日にホーネットを廃車にする大事故(自爆)」をやってしまった(色々あるなあ)ので使ったことがほぼありません。友人のメンテナンスの手伝いで使ったくらいです。


ホーネットの後はプロアーム(片持ちスイングアーム)のVFR400FRに乗り換え、この部材を作ったので(通常のメンテナンススタンドではプロアームを持ち上げられない)日々のメンテナンスで メンテナンススタンド をせっせと使ったことがないのです。




僕はこんな部材を自作して使っています。ずっと昔にネットで見つけたものです。




凄く単純な構造でございます
Jack!up! Jack!up!>>> USA! USA!






XB9Rはハーレーの血が流れているのでチェーンではなくベルトです。メンテナンスフリーのドライブベルトです。ラッキー。






なのでこの部材の使い方を通勤用のDトラッカーxさん(USAのクソガキ仕様~おうちと会社をぐーるぐる♪~)で説明していきます。Dトラさんもビューエルさんと同じで顔出し基本NGとのことなので見づらい部分がありますがご了承下さい。







サイドスタンドを立ててフロントブレーキをかけた状態にします。ヒモでもビニールテープでもヘアゴムでもなんでもいいです。僕はS字フックを加工して使っています。メタリックな感じがいいかなと思っただけです。






Front break(e) system・・・
作動!





タイヤに近い、且つフレームやスイングアーム等の車体の強い部分と地面の間に部材を入れます。地面がツルツルだと滑ってうまくいきません。アスファルトの上とかが良いかと思います。



バイアスタイヤだからアマリングは大目に見てください・・・





ゆっくり蹴ります。押します。



>>>そろりそろり・・・





部材がまっすぐになると






リアタイヤが浮きます。最初はコツがいりますが慣れれば割とうまくいきます。







下ろすときは蝶番を内側から少し押してやるとすぐ降ります。僕はヒモをつけて引っ張るスタイルです。




ストン






収納はこんな感じ。「リアタイヤ浮かす君」とか「ジャッキアップ太郎さん」と呼んでいます。ブレーキレバーに引っかける部材は「止まるん君」「動かんぞう」などと呼んでいます。


その辺りにセットで引っかけています。




タイヤ外すとかの重整備には向きませんがチェーンメンテナンスくらいならヨユーヨユー。







VFR400R時代にネットで見つけて真似して作りました。今検索かけましたがネタ元見つけられませんでした。



ジャッキアップ太郎さんの作り方は>>>こちら





こんなん嫌やわというかたはこちらをどうぞ。僕には太郎がいるので必要ないですが使いやすそうで興味があります。






僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です