悪名高きレッドバロンについて

賛否両論レッドバロン、ぼくは賛




バイクに興味をもってまず車両を見に行ってみるのが「レッドバロン」ではないでしょうか。
店舗が多く、広く、展示している車両も多いのでとりあえず行ってみる方が多いと思います。一人でやっている小さなショップだと見られるバイクも少ないし営業的な話は最小限です。レッドバロンは「営業担当」と「作業担当」とで人が別れているため、良くも悪くも営業が丁寧です。

そして家に帰ってネットでレッドバロンを調べると物凄く悪名高く>>>ビックル(ソーダがお勧め)すると思います。「やっぱり違うとこにしよー」と思うのも当然です。ネットではひどい話がたくさんでて来ます。

従業員が多い会社で悪評はある程度仕方のないこと


ネットでの悪評は、店舗が多く働いている人も多い会社では当然のことだと思います。一人でやっている飲食店ではきっとバイトテロはおきませんよね。店舗と従業員が多いチェーン店で起きますよね。働いている人が多ければ多いほど、従業員の分母が多ければ多いほど「ヤバイことをやるヤバイやつ」が紛れ込む数が増えます。もちろんそのための採用時の「面接」や、雇ってからの「教育」ではありますが人間も会社も完璧ではないので「ヤバイやつがヤバイこと」をするのはある程度仕方ありません。

バイク販売業界で最も多くの店舗を展開するレッドバロンも同じです。しかもいい情報は拡散されません悪い情報はすぐ拡散されますからね。人間の性です。


大切なのは「レッドバロンでこんなひどいことがあった」という情報は「レッドバロン〇〇店でこんなひどいことがあった」ときちんと受け取ることです。レッドバロンを利用しないではなく、レッドバロン座間〇〇店を利用しないと考えることが大事かと思います。


レッドバロンの良いところ

◯オイル交換が物凄く安い
→オイルリザーブシステムというシステムを使うと物凄く安いです。最初に一万円ほど払う必要がありますが、その後は1000円しません。普通のショップで大型バイクのエンジンオイル交換をした場合一回2万円とかざらです。これはとても魅力的です。ちなみにオイルリザーブシステムで使っているエンジンオイルは「いたってフツーのグレードのオイル」とのこと(以前なにかのネット記事で見た)。高いオイルを長く使うより、安いのオイルを頻繁に交換した方がエンジンにいいですよ。


◯パーツの在庫が豊富
→「レッドバロン本社の倉庫は宝の山」と言う噂を聞いたことがあります。>>>噂の真相は不明ですが市場に出回らないバイクのパーツをストックしていると言うことです。特に中古車の場合はパーツが手に入らなくなる可能性もあるのでその倉庫を利用しない手はないです。日本のヒップホップの重鎮、ライムスターも聞かない手はないです。耳はない、か?
噂の真相はイントロが最高。ダンディなグッドライダーならCDで手元に置いておきたい一枚。


◯ロードサービスがついてくる
→ロードサービスとはツーリング先で自走不能になっても無料でレッカー移動してくれるサービスです。最近はロードサービス付きの任意保険も増えてきたのでレッドバロンの優位性はそんなにないです。しかし店舗に電話していつもお世話になっている人に救援を求められるのはなんとなく安心します。保険の証券番号などがわからなくても名前を言えば手配してくれます。


◯代車が借りられる
→通勤でバイクを使っていると代車がかなりありがたいです。無料で借りられます。勿論予約もできますよ。

◯ドリンクが安い
→店舗に必ずある自販機がいかがわしいくらい安いです。

レッドバロンの悪いところ


◯評判が悪い
→先述の通り、最寄りのレッドバロンにヤバイやつがいないことを祈ります。付き合っていく中で「なんかやべーかな」と思ったら次に近い店舗に行けば面倒見てくれます。

◯車体が高い
→車体は安くありません。その差額は追々オイル交換だけで取り戻せます。

制服がダサイ
→そのままです。営業の方も整備の方もびっくりするくらいダサい制服を着ています。

◯パーツが割高?
→見積もりをもらって高ければ、持ち込みやネットで買ったものを店舗着にしても対応してくれます。店舗に依るかもしれませんが。かなり融通を利かせてくれると思っています。

◯店舗内で情報がうまく伝わらないことが多い
→タイヤ交換の見積もりをもらって断った後にオイル交換しに行くと窓口の人に「タイヤっすよねー」と言われたりする。なので、電話でお願いした内容も窓口で改めて全て伝え直すようにしています。

◯整備技術が低いと言う噂がある
→メンテナンスを熟知した人はこう思うのかもしれないが少なくとも僕よりは百万倍あります。レッドバロン全体で共有している「この車種でこーゆー不具合が出て、こーしたら直りました」みたいなネットワークがあるっぽい。「違う店舗でこんなことがあってそのときはこーだったみたいです」的な話がたまに出るので。これってかなりすごいことだと思います。

◯違法改造にあたるものは取り付けてくれない
→当然といえば当然です。いや、当然です。車検をクリアできない社外マフラー等、違法改造にあたるパーツは取り付けてくれません。別のショップか自分で取り付ければ良いです。社外マフラーがついているからといってメンテナンスを断られたりはしません。

〇お客様対応窓口がない
信じられないことに本社に問い合わせ先がないです。全国チェーンで展開している大きな会社なのに最終クレームを入れられる先が店長レベルです。もし店長さんがヤベーやつだった場合ヤベー対応しかしてもらえません。その先は弁護士か?裁判か?これはいかんと思います。しかしよく考えると個人のショップでも最初で最後のクレーム先が店長なのでまあ変わりはないかなとも思います。でもチェーン展開しているのだから本社に窓口欲しいですよね。





何を隠そう、僕もホーネット250からはレッドバロンにお世話になっていまーす。

多分初心者の方がお世話になるには一番いいんじゃないかなと思います。


僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

悪名高きレッドバロンについて” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です