最初のツーリングはソロツーかマスツーか

ソロツーリングかすごく身近な人と2台で

初心者の方は最初のツーリングに行くの緊張しますよね。一回行ってみればどーってことないんですが最初の頃は緊張すると思います。「誰かいっしょに行く人いないかなーベテランがいるといいなー」と周りを見渡したりします





それはやめてください。




自分の足で立て





初心者の方はまずソロツーリングでバイクの運転に慣れ、愛車とのシンクロ率を上げてからマスツーリングに参加した方がいいです。



車であれば普段車を運転している人が助手席に居ればあれこれ指示をもらって教えてもらって、安心しながら上達するかもしれません。




バイクの場合は指示をもらいながら走ることができません。(インカムを繋いで、という方法もありますが初心者の方でバイク購入と同時にインカムを導入する人は稀かと思いますのでここでは除外して考えます)




結局自分の体と頭でもって経験を積み重ねて上達するしかないです。





経験を重ねる前にマスツーリングに参加すると自分も気を使うし周りも気を使います





ベテランの人は初心者のペースで走るのはかなり辛いです。



速度が遅いのは勿論、アクセルを開けるタイミングもブレーキをかけるタイミングもチグハグなので後ろを走っているだけでストレスになります。






「いやぁそんなこと思ったことないよ」という人もいると思いますが、それは



初心者「遅かったですか?」
ベテラン「全然そんなことないよ!」





という定型文と同じです。「いやぁそんなこと思ったことないよ」なんて思うわけないです。








本当は「アクセルもブレーキもでたらめだし遅くて逆に危ない。後ろ渋滞してたぞ。」と思っているけど言えないのです。僕も言えませーん。





「もう少しメリハリつけた方がいいかもだけど全然そんなことないよ!」って言っちゃいます。定型文です。






もしベテランのあなたが本当に 「いやぁそんなこと思ったことないよ」 と心から思っているならば、お辛いかもしれませんがあなたは他の人に 「アクセルもブレーキもでたらめだし遅くて逆に危ない。後ろ渋滞してたぞ。」と思われていますよ。認識を改めましょう。あなたはベテランではなくバイク歴が長いだけの初心者レベルです。






ベテランの方は心の中ではそう思っているけど口には出さずに一緒に走ってくれます。何故か?技術抜きにしてあなたと走るのが楽しいからです。

そんなベテランさんの好意に甘えるのはやめましょう





初心者の方も「迷惑かけてないかな」「遅くないかな」「ベテランさん怒ってないかな」と気を使いながら無理をして走るハメになります。






気づかないうちに自分とバイクの技量を越えたスピードで走ってしまいます。







危ない上に疲れます。




疲れるということは危険度が増していくということです。


疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れるから危ないから 疲れる



という

無限の負のスパイラルに入ってしまいます。休憩のときも気を抜けません。隣に停めたベテランさんのバイクめがけて立ちゴケなどしたら立ち直れません。



完全に lose-loseの関係です。






なので、ある程度走れるようになるまではソロツーリングに徹した方が良いです。元々一人で乗ることがバイク趣味の本質だと思っているので。迷惑にならないくらい走れるようになってからマスツーリングに参加してください。

でも、理想は「アクセルもブレーキもでたらめだし遅くて逆に危ない。後ろ渋滞してたぞ。」と言ってくれるような信頼関係のある人とインカム繋ぎながら行くのがいいよなぁー。






そんな人めったにいないもんなぁー!僕にもいなかったもんなー!










僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です