立ちゴケ、転倒のバイク被害を減らすアクスルスライダー、エンジンスライダー

バイクにはエンジンスライダーとアクスルスライダー


この記事にたどり着いた方は

・立ちゴケの被害を少しでも少なくしたい
・アクスルスライダーの効果は?
・エンジンスライダーはバイクを守ってくれるのくれないの?


という方ではないでしょうか。立ちゴケは突然やって来ます。技術的なことである程度防げますが、完全に防ぐ手段はありません。


【初心者必見】バイクの特性を利用した立ちゴケ対策 は>>>こちら




僕も今まで1度だけやってしまったことがあります。初心者のころではなく15年乗り続けたあとです。人生何が起こるかわかりませんね。


15年目で初の立ちゴケ は>>>こちら


何が起こるかわからないので
できる限りの対策をしていきましょう。

立ちゴケしてしまったときに守るパーツと守らないパーツを分ける


立ちゴケで一番怖いのは修理費用です。修理費用の安いものに莫大な費用をかけて壊れないように対策するのではコスパが悪くなります。


ということで、コスパを考えて守るべきパーツと守れないパーツを分けていきます。


もしすべてのパーツを守るような対策をするとバイク全体を金属のフレームで覆わなければならなくなるので見た目も変わってしまいますしね。


高価なので立ちゴケ被害から守るべきバイクのパーツ

・クランクケース
・エンジンカバー
・フロントフォーク

安価なので守らなくてもいいパーツ

・レバー
・ペダル
・ステップ
・グリップ
・ミラー

高価だけど守れないパーツ

・カウル
・マフラー


という感じです。


では守るべきパーツを守れる可能性が高い対策品を説明していきます。絶対に守れるわけではないので「可能高い」という表現を使っています。

アクスルスライダー


アクスルシャフトに貫通させてスライダーをつけるものです。

アクスルシャフトとはダイヤの真ん中とフロントフォークの端を繋いでいるパーツです。ここにスライダーがあると、転倒時にフロントフォークが地面につかないのでフロントフォークの破損を防ぐことができます。

前後セットでつけましょう。

エンジンスライダー


車種によってつける場所は若干変わりますが、主にクランクケースカバー、エンジンを守ります。アクスルスライダーと併用することでステップ類やレバーも守れる場合もあります。

エンジンガード


エンジン回りを守ります。

大型のものを取り付ければ大きさに比例して守れる範囲も広がっていきますが、バイク本来のデザインは損なわれていきます。アクションカメラなどを付けて撮影される方にはステー代わりになるのでいいかもしれません。

小物入れやフォグランプなどもつけることができるかもしれません。


エンジンスライダー同様、アクスルスライダーと併用することで更に守れる範囲が広がる可能性があります。


公道を走るバイクにアクスルスラーダー、エンジンスライダーを取り付ける賛否


スライダーは本来、サーキット走行で転倒した車両が路面を滑ってコースアウトするように取り付けられたものです。

ですので公道でスライダーを使用することに肯定派と否定派にわかれます。

アクスルスラーダー、エンジンスライダー否定派の意見


公道で転倒した場合に、車体が滑ることでガードレールに突っ込んで被害が大きくなったり、崖から落ちてしまったり、対向車線に滑っていってしまったりということになる可能性が増えるという考え方です。

他にもスライダーをフレームやクランクケースなどに取り付けたときに、転倒時そこの一点に力が加わり、フレームが曲がってしまうなど被害が大きくなることも考えられ、車体のダメージも大きくなるかもしれません。

一理あるというか全くもってその通りだと思います。

アクスルスラーダー、エンジンスライダー肯定派の僕の意見


しかし、僕レベルのツーリンガーであれば転倒時にガードレールに激突して致命傷になるようなスピードで走ったりしません。というか技術的にできません。ガードレールに突っ込んだのは1度だけです(おい)。


正確に言うと、スライダーがうまく機能するような速度では転倒できない気がします。


スライダーがあってもなくても滑る距離変わらずみたいな?


力が一点に集中するという点でも恐らくそれほど重大なダメージを受けるのであればスライダーがなくても同じことの様な気もするし・・・。


それよりも身近に起こり得る立ちゴケや速度の低い転倒に備えるべきだと僕は思います。

という理由で僕は肯定派です。


アクスルスラーダー、エンジンスライダーまとめ

赤〇がアクスルスライダー
青〇がエンジンスライダー


いかがでしたでしょうか。後々の修理代を抑えるために是非装備していたいパーツたちです。スライダー、ガードのお世話にならないのが一番ですが・・・。


バイクのデザインが崩れることを嫌う人は

・前後アクスルスライダー+エンジンスライダー

・前後アクスルスライダー+小型のエンジンガード

バイクのデザインが崩れることを妥協できる方

・前後アクスルスライダー+大型のエンジンガード


という感じで不意に訪れる立ちゴケ、転倒に備えて少し気を楽にして走り回りましょう。



僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA