新説!千鳥走行時の信号停止時の並び方~立ちゴケの被害を最小に~

立ちゴケしても被害を最小限にする




CBR「おい!千鳥になれって!」
GSX以下「うるせーって!」


この記事に辿り着いた方は



・千鳥走行中に信号待ちをすると隣のバイクとの間隔が狭くて怖い
・隣のライダーがフラフラしていて怖い
・隣のライダーが立ちゴケしてこっちに倒れてきたことがある
・もっと安全に、不安なくマスツーリングを楽しみたい


と言う方ではないでしょうか。この記事ではあなたのマスツーリングが少し言い感じになるかもしれないヒントを書いていきます。

マスツーリング時はみなさま千鳥走行をすると思います。千鳥走行で停車するときのヒントです。


千鳥走行の停車時の常識



マスツーリングの十鳥走行の信号などでの停車時は車間を詰めて横に二台並ぶ、このような陣形が常識です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_0099.jpg です
これ一般的ってゆーか常識


走っているときに空けている車間を縮めるので前後左右の車間がとっても短いですよね。前後はまだいいとしても、停車中や発進のときに立ちゴケなんかやらかした日にはお隣さん目掛けて大分することになります。


ですで、特に初心者の方は「ここは絶対立ちごけできない!発進に気を使うなぁ」と思ったことはないでしょうか。

ベテランの方も隣に初心者の方や初めましての方がいたりして「お隣さん近いなぁ大丈夫かなぁ」と一瞬でも思ったことはないでしょうか。

仲間といえども周囲の車両を信用しすぎないのは自身の安全を確保するのにとても大事なことなので、こんな風に思ったことがあると思います。



こういうちょっとした不安や心配、イライラが疲労の原因にもなり、楽しいはずのツーリングが「なんとなくあれだったな・・・」と思う原因になってしまいます。

こういう原因は全排除の方向です。楽しく走って楽しい思い出をもちかえりたいですもんね。

そこで僕は下記の並び方をオススメします。



車間を詰めすぎず、横の車両と安全なスペースを空ける

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_0101.jpg です
少し左右に広がって、「常識ver」に比べると車間も詰めていません。

真横に並ぶと立ちゴケされたとき、したときにどーしよーもないですからね。お互い安全安心で乗るための千鳥走行ですから停車も安全安心で!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_0100.jpg です
通常バージョンで立ちゴケした場合
隣の車両に一直線です






この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_0102.jpg です
新説で立ちゴケした場合

これで自己責任の範疇ですね。立ちごけするのは基本がなっていない人だけで十分です。巻き添えにしないで下さい。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

・車間(特に左右)を詰めすぎない



というなんてことはないことですがこれでコケる車両が1台なのか2台なのかが決まります。


次のマスツーのときにでも、横に停まったバイクがこちら側に立ちゴケしたときのことを想像して見てください。


きっとあなたのバイクに接触するくらいの間隔しか取れていないと思いますよ。


ちょっとしたことでもなるべく不安要素を減らして心軽くして楽しみましょう。ベテランの方は「こんなの必要ないよ」と思うかもしれませんが他の方、特に初心者の方はそうでは無いかもしれませんよ。



あなたが想像力豊かで、少しでも隣のバイクを脅威だと感じたら、思い切ってこの記事を共有してください。あなたのバイクライフが少しでもいいものになりますように!




ごめんじゃ済まないよ。まじで。



マスツーに効くハンドサイン一覧は>>>こちら
千鳥走行を知らない方とのマスツーは>>>こちら
マスツーリングの作法:千鳥走行は>>>こちら
マスツーリング駐車の流儀は>>>こちら
マスツーの幹事になったら準備することは>>>こちら
新説!マスツーリングでは初心者を最後尾にする!は>>>こちら
新説!千鳥走行の停止時の並び方は>>>こちら
マスツーリングでの給油は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

新説!千鳥走行時の信号停止時の並び方~立ちゴケの被害を最小に~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です