バイクでの手放し運転のススメ~乗りながらリフレッシュ~


○バイクに乗りながらリフレッシュする





手放し運転の共通事項をまだ読んでいない方は必ず>>>こちらを読んで下さい。

※この記事の内容は公道ではなくクローズドコース限定の話です。自宅にあるサーキット場や一般車が入って来れない場所で行ってください。

ツーリング中、特に長距離のツーリングでは「いかに疲れを体に蓄積させないか」が重要になってきます。




楽しい道を走るためにつまらない道を走っているときになるべく疲れを貯めないようにしましょう。





休憩中にストレッチをすることはとても重要ですが、乗っているときににもやってしまえます。









手放しをして、上体を上げて「前傾姿勢解除してあげる」だけでも大分違いますよ。

他に

・肩や首、手首をぐるぐる回す
・腰を捻る
・腕を広げて伸ばすのと一緒に風を感じる(気持ちいい!)



など、結構ストレッチ的なことができます。

一人タイタニック

手放しは関係ないですが

・足首を回す
・立ち乗りをして下半身に血液を循環させる
・足を曲げたり伸ばしたりして擬似屈伸をする

などちょいちょい挟みます。




※信号で止まっているときにストレッチなど体を動かすことはおススメしません。ジャイロ効果が働いていないので車体が動いていないときと比べて安定していません。
首のストレッチをしたら地面にこんにちはしていたなんてことにならないように。


僕は手放しできる局面ではなるべく手放しして走っています。ずっと同じ姿勢はきついすよ。

※このブログはフィクションです。バイクの免許すら持っていない脳内ライダーの僕が適当に書いているブログです。 内容を真に受けないで下さい。初めてokobloに来て頂いた方は>>>こちらをご覧ください。




手放しでライテクの確認をするは>>>こちら
手放しで不具合を早期発見するは>>>こちら
手放しで乗りながらリフレッシュは>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です