【10代の方必見】経済的にバイクを趣味として続けていけるかざっくりした話

過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

経済的には誰でもバイクを趣味にできる。




きみにも羽が生えるといいね








この記事に辿り着いた方は



・バイク趣味を始めたいが、維持していけるか不安
・普通の大学生がバイク趣味を続けることができるか不安
・バイクはある程度お金に余裕がないとできない趣味だ



と考えている方ではないでしょうか。年間の維持費がいくらいくらなど、具体的なものではなく「どんな人間であればバイクを趣味として続けていけるか」ということをざっくり書きたいと思います。すでにバイクに乗っている方向けではなく、「これからバイクに乗ろうとしている方への応援メッセージ」と言う感じです。






ちなみにこのブログを書いている僕はの仕事はブラックよりのサラリーマンです。年収はいたってフツーです。



遡ると、地方から進学で上京して、月8万(内45000円は家賃)の仕送り+アルバイト代で安いアパートで生活していた貧乏系男子でした。それでも大学生のときからずっとバイクに乗り続けています。


途中フリーター時代も挟んでいます。



大学卒業→就職がフツーとすればフツーより下です。


メンテナンスはお店頼り。未だに自分ではほとんどなにもできません。



初心者の頃はたくさんの違反金を払い(再試験にもなった)




数々の高額な講習(違反に伴うやつ)を受け





それでも人並みの物を食べ、服を着、デートもし、特に何かを我慢することなくおじさんになることができています。


つまりお金のことはバイクを趣味とすることを諦める理由にならないということです。








今はお金がなくてもきっとうまくいきます。子どもの頃は楽しいことをたくさん楽しみましょう。子どものころに「経験したくてもできなかったこと」があるとおっさんになってからみっともなくそれを追い続けるしょーもない人間になりますよ。バイクに限らずね。そういう醜い人って結構いますよ。僕の周りにもたくさんいます。






「お前の青春は返ってこないんだよ」と言う感じです。楽しいことたくさんできて良かったー!バイクも含めてね。




乗ってみて合わなかったら売ればいい。免許代は「昔バイク乗ってたんだよねー」と話せる思い出代と思いましょう。このブログを読破すれば続かない可能性はグッと減ると思います。最短距離の答えを書いているので。是非利用してください。

好きな曲聞きながら楽しく走るのもいいし、
>>>この辺り
>>>この辺り
>>>この辺り 聞きながらいい意味で自分の内に内に沈んでいくのも心地いいですよ。


まとめ


いかがでしたでしょうか。過去の自分へのメッセージのつもりでしたが、よく考えたら僕の場合お金のことなんて考えずに乗り始めたのでこのメッセージはいらなかったかもしれません。後先考えずに乗り始めて良かったと思います。今現役で貧乏系男子の方も乗りたければ乗らないと一生のれないかもしれませんよ。取り戻せない青春に憧れる中途半端なおっさんにならないようにやりたいことやっていきましょう。バイクの場合、経済的なことは理由にならないと僕が証明していますしね。



でもバイクは危ないし寒いし暑いし臭いから>>>やめた方がいいですよ。
バイク初心者のツーリングはソロツーかマスツーかどちらがいいのか は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!





あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

HONDA スーパーカブ50