趣味としてのバイクのコスパについて

コストを圧倒するパフォーマンスの高さ

「98万拾う」
イケたわじゃねーよ




コスパとは

コストあたりのパフォーマンス
費用対効果



ですが、最近「コスパがいい」という言葉は


「コストが低くてパフォーマンスは普通」位の感じで使われることが多い気がします。



バイクは趣味の中でも高コストなのは事実

バイクに乗るには結構コストがかかります。ざっくりですが、所持免許なしの若者の初期費用で、

◯免許15万
◯車体50万
◯任意保険14万円/年
◯装備諸々10万
◯メンテナンス代5万
◯ツーリング代6万





最後のツーリング代で無理やり100万の大台に乗せた感は否めませんが分かりやすく100万。たっけぇー。なんでおれバイク乗れてんだろう。不思議!



実際は車体をローンで買ったり、保険も分割でしょうからガツーンと100万はかからないのですが。いやぁ高いっすね。記事書いててちょっとショックです。

コストを圧倒的に凌駕するパフォーマンス

まぁショックを受けてても始まらないので話を先に進めます。

僕が何を言いたいかというと。

確かにコストはかかるけどパフォーマンスがエグい高い



ということです。





バイクが与えてくれる喜び楽しみ悲しみ怒り他諸々(パフォーマンス)はまさにプライスレス。100万なんてお安く感じます。


他のことではちょっと味わえないです。



以前ホトトーーークでぐっさんが


「バイクに乗っていない人は損はしていない。乗っている人が得をしているだけ」



と言いましたが本当にその通りだと思います。目の前の100万円は凄い大金ですが、長い人生の中の100万円なんてきっと誤差の範囲内です。


僕は人生を、できる範囲の中で最大限楽しみたいので「長い人生の中の100万円」をバイクに使って得をしながら生きていきます。

一年目に100万かかっても二年目からは

◯任意保険14万円/年(←年々下がる)
◯メンテナンス代5万
◯ツーリング代6万


と、35万!月々約3万円!高ぇなおい!やめたやめたーー!!!





やっぱりバイクは高いし危ないからやめた方がいいですね!



バイクを人にすすめてはおけないは>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です