バイクに乗る後ろ姿で下手くそなのがバレる件

バイクは下半身で乗るもの


「バイクは下半身で乗るもの」とはよく言われることですので皆さまどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

下半身でちゃんと乗れると乗車姿勢もかっこよくなり、コーナリングも決まり、ツーリングの疲れも減るので万々歳です。
下半身で乗れていないとピンを手を突っ張ったようなダサい乗車姿勢になり、コーナリングは曲がらず、ツーリングでは疲れてしまいます。

下半身で乗ることを意識するために片手運転してみたり、両手を離して運転してみたりして自分のライディングをたまに見直したりするのもバイク趣味の楽しい一面です。


>>>バイクでの手放し運転のススメ~ライテク向上という見地から~

ニーグリップが大切


下半身で乗るのに最も大切なことは、これまたよく言われることですが「ニーグリップ」です。
これはなにも膝で挟むだけではなく、カカトやモモ、時にはヒジを使ったりしてバイクとの接点を増やしたりします。革製品を身に着けたりニーグリップパッドをバイクに取り付けたりなどして少しでも摩擦係数を上げて、より強くグリップできるようにします。


ニーグリップに代表される下半身での運転はバイクに楽しく乗るという観点からすると当然のことであえり、なくてはならないことだと思っています。


バイクのニーグリップパッド、タンクパッドの効果、貼り方や裏技
正しくニーグリップできてる?空手の構えを取り入れた効果的な方法

バイクが下手くそな後ろ姿


「ニーグリップができているか」「下半身を意識しているか」ということは一見本人以外の第三者にはわからさそうなものですが、実際には驚くほど簡単にわかってしまいます。


後ろから見て「つま先が外を向いている」とニーグリップができていない、下半身で乗れていないライダーという
認識でいいと思います。

高速道路などつまらない道を走っているときに飽き飽きして姿勢を崩して乗るときもあるので、その場合は一概に「つま先が外を向いている=下半身で乗れていないライダー」とはなりませんが、ワインディングロードを走っているときであればほぼ間違いなく下手くそライダーです。

乱暴な運転をするライダー程バイクが下手くそな後ろ姿をしている


街乗りで半ヘルを被っているお兄さんや、強引にすり抜けしていくライダーさんはこの「つま先パッカーン」率が高いです。

山道を走っているときも強引に抜いていくライダーさんは「つま先パッカーン」率が高いです。


ちなみにガニマタでバイクに乗ってる人たまにいるじゃないですか。アメリカンとかビッグスクーターとか旧車ネイキッドとかでたまに見ますが、あれは「動物が毛を逆立てたり、立ったり、羽を広げたりして相手を威嚇する」のと同じです。自分に自信がないから少しでも自分を大きく見せるという動物的なやつです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

いかがもくそもありませんが、あなたがもし少しでも運転がうまくなりたいのであれば、周りに「運転が下手な人だな」と思われたくないのであればつま先を閉じて無茶な運転をしないことです。


うまい人は不快感を与えずに抜いていきます。下手ほど抜きたがります。自分を自分ではないビッグサムワンに見せることにベクトルを向けています。あなたはそうではなく実際の自分を大きくしていけばいいと思います。


なんの話でしたっけ?


つま先パッカーンはダサいよ


というなんてことはない話でした。


僕にロッコルを履かせて!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA