バイクヘルメットの種類とそれぞれの特徴

特徴を掴んで自分に合ったバイクヘルメットを選ぼう!


この記事にたどり着いた方は

・バイクの免許を取得しようとしている
・初めてヘルメットを買おうとしている
・バイクに興味がある


という方ではないでしょうか。


この記事はそんなあなたのためにヘルメットにはどんな種類があるのか、どんな特徴があるのか、自分にはどんなヘルメットが合っているのか、がわかる記事です。


バイク歴17年の経験に基づいた情報ですので是非読んでいってみてください。


バイクヘルメットの種類は5種類



バイク用のヘルメットは大きく5種類に分けられます。安全規格やメーカーなどについてはこちらの別記事をご覧下さい。


バイクヘルメットメーカー9社のイメージと9種のランキング は>>>こちら
バイクヘルメット規格の解説と8つの規格の安全性ランキング は>>>こちら


ここではヘルメットの形状で分けられる5種類について説明していきます。

その5種類とは

・フルフェイス
・ジェットヘルメット
・システムヘルメット
・ハーフヘルメット
・オフロードヘルメット


です。

ヘルメットの種類(別名、通称など他の呼び方)

○×評価
・安全性
・高速安定性
・音響性能(音楽を聴く場合)
・メガネとの親和性
・夏の使用
・冬の使用

各項目の解説
総評

向いている人

という流れで説明していきます。

フルフェイスヘルメット(フルフェイス、フルッペ)

・安全性◎
・高速安定性◎
・音響性能(音楽を聴く場合)◎
・メガネとの親和性△
・夏の使用○
・冬の使用◎

・安全性
→頭全体が硬いシェル(帽体)で覆われているため安全性が高い。

・高速安定性
→風を流す形状をしているので高速安定性に優れている。

・音響性能(音楽を聴く場合)
頭とヘルメットの内装がフィットするため音質が良い

・メガネとの親和性
→慣れるまでメガネの脱着はできないが走行中に風でずれることは少ない。

・夏の使用
→見た目よりも暑くない。

・冬の使用
→密閉性が高いため温かい

総評
一番バランスが取れている。バイクを趣味としている人にはもっともスタンダードな種類と言える。

向いている人
バイクを趣味として楽しもうとする人

ジェットヘルメット(ジェット、ジェッペル)

○×評価
・安全性△
・高速安定性△
・音響性能(音楽を聴く場合)○
・メガネとの親和性○
・夏の使用◎
・冬の使用△

・安全性
→顎が剥き出しなので頭は守れるが顔は守れない。

・高速安定性
→顎が開いているため風の巻き込みがある。

・音響性能(音楽を聴く場合)
→耳とヘルメットは密着しているので音質は悪くないが顎部分の風切り音があるためボリュームは大きめにする必要がある

・メガネとの親和性
→慣れればメガネをかけたまま脱着ができるが、結局少しはずれること

・夏の使用
開口部が広いためフルフェイスよりは涼しい。

・冬の使用
開口部が広いため寒い

総評
フルフェイスやシステムがこの世界になければ選ぶであろうヘルメット。

向いている人
頭は守りたいが顔は不細工なので特に守らなくてもいい人
自分の顔をわざわざ周囲に見てほしい人

システムヘルメット(システム、パカパカするやつ)

○×評価
・安全性◎
・高速安定性◎
・音響性能(音楽を聴く場合)◎
・メガネとの親和性◎
・夏の使用○
・冬の使用◎

・安全性
→頭全体が硬いシェル(帽体)で覆われているため安全性が高い。

・高速安定性
→風を流す形状をしているので高速安定性に優れている。

・音響性能(音楽を聴く場合)
頭とヘルメットの内装がフィットするため音質が良い

・メガネとの親和性
→メガネをかけたまま脱着ができる。

・夏の使用
→見た目よりも暑くない。

・冬の使用
→密閉性が高いため温かい

総評
一見、フルフェイスの上位互換に思えるがヘ前面が開くという機構のため、
・帽体が大きくなる
・重量が増える
というデメリットがある。

向いている人
メガネをかけている人

ハーフヘルメット(ハーフメット、半ヘル、半帽(ハンボウ))

○×評価
・安全性×
・高速安定性×
・音響性能(音楽を聴く場合)×
・メガネとの親和性×
・夏の使用△
・冬の使用×

・安全性
万が一のときは恐らく頭も守れない

・高速安定性
高速道路では風で浮いてくる

・音響性能(音楽を聴く場合)
そもそもスピーカーが設置できない

・メガネとの親和性
メガネ飛んでく

・夏の使用
涼しいが日焼けする

・冬の使用
寒い

総評
最悪のヘルメット。バイクが趣味の人からくそみそに馬鹿にされる。

向いている人
頭も顔も悪いので守らなくていいという人

オフロードヘルメット(オフメット)

○×評価
・安全性◎
・高速安定性△
・音響性能(音楽を聴く場合)◎
・メガネとの親和性×
・夏の使用△
・冬の使用△

・安全性
→頭全体が硬いシェル(帽体)で覆われているため安全性が高い。

・高速安定性
バイザーがあるので風の影響をかなり受ける。首に力を入れ続けなければならない

・音響性能(音楽を聴く場合)
→頭とヘルメットの内装がフィットするため音質が良い

・メガネとの親和性
ゴーグルを使用するのでそもそもかけられない

・夏の使用
ゴーグルをしているとかなり暑い

・冬の使用
ゴーグルが曇る

総評
オフロードであれば鉄板。

向いている人
オフロードバイク、モタードに乗っている方

あなたに合ったヘルメットの選び方

オンロードバイクであればフルフェイスヘルメット
オフロードバイクであればオフロードヘルメット


でいいかと思いますが、敢えて細分化させると

見た目の大きさと重さを我慢できる方はシステムヘルメット
メガネをかけている方はシステムヘルメット
小さくて軽いものがいい方はフルフェイスヘルメット
オフロードバイクに乗っている方はオフロードヘルメット
不細工で自己主張が強い方はジェットヘルメット
顔も頭も悪くて自己主張が強い方はハーフヘルメット
これ以外の方はフルフェイスヘルメット

という感じです。


初めてヘルメットを購入される方へ


初めてのヘルメットは一番バランスの取れたフルフェイスがいいと思います。フルフェイスを被って過ごしてみて

・ヘルメット被ったまま飲み物が飲めたらなぁ
・もう少し重くても我慢できそうだなぁ
・もっと顔で風を感じたいなぁ
・メガネの脱着がしんどいなぁ
・俺ってブスだなぁ


などと思い始めたら次のヘルメットにフルフェイス以外を選ぶのがいいです。バランスが取れている分一番不満が出づらく、自分がヘルメットに何を求めているか見えてきやすいです。


まとめ


いかがでしたでしょうか。

自分の命を守るためのものですから自分の責任でお好きなものを選べばいいと思います。


少しでも快適に、楽しく、もっと遠くへという方にはフルフェイスをおすすめします。

ジェット、システム、ハーフの「休憩中被ったまま飲み物が飲める」というメリットについては「休憩なんだから脱いでから落ち着いて飲めよ!」と常々思っているので考慮していません。


という感じで今日も元気にヘルメットを選びましょう。



サイズ合ってる?バイクヘルメットサイズを決めるたった1つの方法 は>>>こちら
バイクヘルメットのシールドの効果とクリアシールドを選ぶたった1つの理由 は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA