ヘルメットサイズの選び方




大きいサイズから被ってみて、頭を振ってずれないサイズ



この記事に辿り着いた方は



・ヘルメットのちょうどいいサイズがわからない・・・・
・バイク用品店で被ってみたけど、大きいような小さいような・・・
・高い買い物だから失敗できない・・・
・自分にバリッと合った最高のサイズのヘルメットで最高のツーリングをしたい!



という方ではないでしょうか?違うか?




そんな悩みとは今日でおさらば。サイズの選び方の答え置いておきますね。



ヘルメットのサイズ選びはとっても難しい

僕も最初にヘルメットを買うときは困りました。洋服であれば誰かに見てもらったり、ウエストの余り具合を見たり、鏡に映して肩のラインが合っているか見てみたりといった「客観的根拠」(鏡で見てみるも含む)に基づいて選ぶことができます。


しかしバイクのヘルメットは「主観」でしか見ることができません。というか主観で感じることしかできません。


「あれ?きついかな?」
「やっぱりゆるいかな?」
「ん?」
「え?」
「あん?」



てな感じです。




ネットでヘルメットサイズを選ぶ基準は調べられますがどれも結構分かり辛いんですよね。メジャーで測ったりとか。こっちはド素人ですから。




バイク歴が長くなると共に、>>>jojoにヘルメット選びが上手になってきて、「サイズ選びはこの方法がベスト」と断言できる選び方に辿り着いていますのでその方法を共有します。






フルフェイス(公道使用不可)

初めてのヘルメット!サイズ選びで大失敗僕!の巻





僕の初めてのフルフェイスはショウエイ【国内一流メーカー】のものでした。






頭がデカい自覚があった(昭和のスターはみんな顔がでかいので気にしていませんけどね!HAHA!)ので、試着した上でXXLを買いましたが・・・



・首を振るとずれるし
・口元が見えてガンダムのパイロットの様だし
・減速するとヘルメットが前にずれて視界が遮られるし
・なんか肩が凝るし

・事故ったときすっぽ抜けるし



ヘルメットすっぽ抜け詳細は>>>バイクウエアの重要性にて







エントリーモデル【入門用、安いやつ】でしたが、当時の自分には超高級品だったので3年ほど使いましたが・・・。





ヘルメットの耐用年数は3年ですがは>>>こちら





「>>>ぼく、いきまーす!(全然イケてない)」










ヘルメットのサイズ選びはとっても大事



ヘルメットのサイズが大きすぎると・・・




・重くて首が疲れる
・加減速でずれてきて視界を妨げる
・事故の時にすっぽぬける
・見た目が残念になる



ヘルメットのサイズが小さすぎると・・・



・締め付けられて頭が痛くなる
・脱着が大変になる
・脱着時髪を引っ張ってしまってハゲる
・締め付けのストレスでハゲる





ヘルメットのサイズが合っていないと、長距離ツーリングではマジで地獄です。ハゲるしね。



世間一般のヘルメットサイズの測り方





バイク用品店【ナップス、二輪館など】やメーカー【アライ、ショウエイなど】からヘルメットサイズの計り方が出ています。






・頭の一番大きい外周部分を計測して対応するサイズを探す
ヘルメットを被ったときに眉毛とヘルメットの間隔が人差し指一本分になる


とかそんな感じのです。





人差し指はまぁわかるとしても、果たして素人が「頭の一番大きい外周」を正確に計れるのかと言う疑問があったります。こっちは素人です。仕立て屋ではありません。



ヘルメットサイズ選びで想定される、用品店の店員さんとのなんかスッキリしないやりとり







ヘルメットのきつい緩いは本人しか感じられない感覚的なものなので用品店に行って店員さんに相談しても






「次はどーですかー?きついですかー?緩いですかー?」


「(きついような気もするしも少し緩くてもいいような気もするしなぁ。でも店員さんにこれ以上付き合ってもらうのも悪いしなぁ。。。)あ、これ、丁度いいかもですー(;´∀`)






となってしまうかもしれません。



悲しい!高い買い物なのに!遠慮!THE遠慮!



服もヘルメットも一人でゆっくり選びたいもんですわね。




ヘルメット サイズ
(店員さんに悪いんで)
これくださあい・・・





ヘルメットサイズの決め方





結局、ヘルメットのサイズなんてせいぜいS,M,L,XL,XXL【60~62cmなどのセンチメートル表記もあります】の五種類程度しかありません






なので、用品店に行って、まずXXLを被ります





頭を左右に思いっきり振ります。




ヘルメット サイズ







多分ヘルメットがずれます。ですので



次にXLを被ります。。。
次にLを被ります。。。






とサイズを順に下げていってずれないサイズを見つけます。
それは少しきつく感じる塩梅のはずです。それがあなたに最高に合ったサイズです。






被っているうちにヘルメットの内装が頭に馴染む………馴染むゾッッッ!となるので少しきつく感じるくらいが良いです





ヘルメット サイズ
これ以上悩んでも無駄無駄アアアアア!








これを各ヘルメットメーカーそれぞれ行い、携帯にメモします。

・アライは60cm

・ショーエイはXL

・シンプソンはL………という感じ。

次に買うときに悩まなくていいようにメモを保存します。次回からはネットで悩まずに買えます。






で、気に入ったヘルメットを購入して海辺に置いて写真を撮れば。 ミッションクリアー。




ヘルメット サイズ
あらいいですねえ・・・





【ネットショップ向け/売れる商品写真の撮り方講座】



まとめ



いかがでしたでしょうか。


・ヘルメットを被って頭を左右に振る
・サイズが大きい順に試していく

・ずれないサイズがあなたのサイズ
・各メーカーのあなたサイズを出して次から悩まなくていいようにする




こんな簡単なことであなたに最高のサイズがみつかります。この記事のおかげで悩む時間が大幅に短縮されたので、その分ツーリングに行きましょう!最高のヘルメットと一緒にね!


バイクのヘルメットに使うケミカル代がほぼタダになる代用品の紹介は>>>こちら
バイクのヘルメットに消臭スプレーをおススメしない理由は>>>こちら
ヘルメットの洗い方~がっつり丁寧に編~専用クリーナー(笑)なんていらないよは>>>こちら
簡易的なヘルメットの洗い方は>>>こちら
ツーリング休憩中のヘルメットの置き方の答え(もう一つの答え)は>>>こちら
ツーリング休憩中のヘルメットの置き方の答え(推奨)は>>>こちら
バイクのヘルメット、メーカーイメージは>>>こちら
ヘルメットの耐用年数は購入から3年ですがは>>>こちら
ヘルメットサイズの選び方は>>>こちら
結局ヘルメットのシールドはクリア、スモーク、ミラーどれがいいのか答えは>バイク用のヘルメット規格については>>こちら
Bluetoothレシーバーとスピーカーのヘルメットへの取り付け方は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!



↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

ヘルメットサイズの選び方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です