余計なものを省いた日帰りバイクツーリングの持ち物4選!

・車検証、自賠責保険の証書のコピー 
・モバイルバッテリー
・スマホ
・財布(運転免許証、保険証、クレジットカード含む)

※スマホホルダーは「バイクに取り付けるもの」なので省いています。

スマホケースの答えは>>>こちら





そんなんで楽しめるといいね




あなたはツーリングに持っていく持ち物を調べて「カッパーも工具もいるのか・・・こんなのもあんなのもいるのか。はあ・・・」と思っていませんか?

カッパ携行についての新説は>>>こちら







僕の感覚からすると本当に非効率的な「必携持ち物リスト」がweb上で散見されます。



こんな記事を書いている方は

「ネットの情報を鵜呑みにした初心者」か
「僕より心配性」か
「紹介している商品を売りたい前向きな方」か
「まともな天秤を持ち合わせていないベテラン」か

のどれかかなと邪推します。


ちなみに僕は「バイクに乗ったことのない脳内ライダー」です。



初めてokobloに来て頂いた方は>>>こちら

ブログを始めて驚いたこと


ブログを始めるまで真剣にバイク関係のブログを読んだことがなかったです。正確には「スタッドボルト修復」などニッチな記事は検索結果から読んだりしていました。特にこの記事のような、初心者向けの「ツーリングに必要なもの」などは全く読まなかったです。


ブログを始めて「世間ではどんな風に書いてるのかな」とリサーチしたら本当にビックリしました。「初心者が初心者に書いている」ような記事しかないのです。もー僕のバイクの先生先輩はなにをしているのでしょうか。

まあいいや。



このブログはフィクションです>>>こちら




「最新版!ツーリング必携のオススメの持ち物リスト○選!」にツッコんでいく記事をまだ読んいない方は>>>こちら





余計なものを省いた日帰りバイクツーリングの持ち物



・車検証、自賠責保険の証書のコピー 
・モバイルバッテリー
・スマホ
・財布(運転免許証、保険証、クレジットカード含む)

・車検証、自賠責保険の証書のコピー 

車検証と自賠責保険証書があれば名義変更可能になりますので原本を持ち運ぶのは防犯上非常に危険です。
しかしこれらの証書を携帯しないと下記の罰則があると定められています。

車検証・・・50万円以下の罰金
自賠責保険の証書・・・30万円以下の罰金
道路交通法ではなく自動車損害賠償法というものに違反しますので違反点数はありません。



バイクは盗難の可能性が車より高いので車検証のコピーの携行でも罰金を免除してもらえるケースが多いそうです。というか僕はバイクの違反で捕まって車検証の提示を求められたことがありません。車だとだいたい求められます。お巡りさんが気を利かせてくれているのか?

・モバイルバッテリー


電源をバイクから取るUSB電源は過去の遺物だと思っています。

バイク用電源の答えは>>>こちら

20000mAh程度の容量のものを使えば1.8日くらい持ちます。
モバイルバッテリーの答えは>>>こちら

・スマホ


こんなコンパクトな機器1つで

・ナビ
・カメラ
・動画撮影
・ネット検索
・お財布
・財布
・音楽プレイヤー
・ネズミ捕り発見レーダーなど


が利用できます。スマホなしではツーリングに行けません。

スマホとバイクの相性の良さは>>こちら

・財布(運転免許証、保険証、クレジットカード含む)


どこに出かけるときでももていきますね。日帰りであれば現金は5000円も入っていれば十分です。極一部の高速以外ではクレジットカード使えますし。



首都高ではETCカード手渡しで支払いができますは>>>こちら



まとめ

いかがだったでしょうか。

検索上位のグダグダいらないものを羅列しているベテランブロガーさんと違い、本当に必要なものを一瞬で終わらせてみました。




これから趣味としてバイクに乗ろうかと思っている方もこの持ち物ならほとんど手元にありますよね。
「ヘルメットとか装備以外に揃えなきゃいけないものたくさんあるなー」という悩みが少しは解決したのではないでしょうか


この装備で走り始めて他に必要なものが出てきたら買い足していけばベストかと思います。その際はokobloを参考にしていただければ幸いです。


他にも最高気温毎の装備やおすすめのバイク用品についても記事にしていきますのでカテゴリーや検索窓から探してみて下さい。


※記事から記事への内部リンクが間に合わないです。←>>>いいわけ





僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です