タナックス(TANAX) MOTOFIZZミニフィールドシートバッグ、ミドルフィールドシートバッグ、フィールドシートバッグ、キャンピングシートバッグ比較。購入までの考え方。

春の西吾妻スカイバレー
最上川源流の碑前にて青空と

奥行きと容量のバランスで考える

僕は悩みに悩んでフィールドシートバッグを選びましたがその理由と考え方を記事にします。

◯購入前の僕の積載について




・7Lのシートバッグは持っていた
・上記のものより更に小さいシートバッグも持っていた
・上記2つのバッグ以外にバイク用ではない小さなポーチなどを複数取り付けて一泊ツーリングできる程度の積載能力は有していた。


ジョギングする人が荷物いれるっぽい伸びるやつ
7ℓのシートバッグをシートに
小さいシートバッグをタンデムステップに
スマホケース

◯購入のきっかけ





宿泊ツーリングのコスパの良さにようやく気がつき「もっと楽に、もっと長期間ツーリングしてぇなぁ」と思った。ちなみに一緒に東北のツーリングマップルも買いました。泊まりツーリングおすすめ!


◯何故MOTOFIZZ製品だけが対象になったのか。




他社のものと機能を見比べると、全てにおいてMOTOFIZZ製品の方が上回っていた。ネット上のインプレやレビューもMOTOFIZZ製品の方が多く上がっていた。多く上がっているということはそれだけ多くの人に選ばれているということ。ということはライダーの要求に応えている会社の製品だと理解したため。


◯中古か新品か

毎日常用するものではなく、泊まりツーリングの時だけ使うものなので活躍の回数自体は少ない。なので安ければ中古でもいいかなとヤフオクを見てみました。


二週間位入札の動向をうかがいましたが、人気なのか「この金額で中古買うなら新品でいいじゃん」という感じでした。



皆様ヤフオク見るだけ時間の無駄ですよ。

選び方の考え方



◯奥行き


奥行きは短ければ短いほど良いと考えました。

ビューエルは車体が極端に短い車両なので必然的にリアシートも短いです。

バッグが後ろに出っ張れば不安定になります。前に出っ張れば腰に当たってライディングの邪魔をしてしまいます。これだけは避けたかったので「バッグの奥行き」を一番気にしました。


◯横幅





奥行きよりは気にしませんでした。
極端に横に長いと
・ヤジロベーの様に力が働いてライディングに影響があるかな。
・積みづらくなるかな。
・すり抜けの時気を使うかな。
くらいは考えました。


◯高さ





奥行きと横幅と高さの中で一番ライディングに影響がないのが高さかなと思いました。


シートバッグを付ける時点で足を上げて乗り降りに気を使わなければならないのは決まっているので容量を稼ぐには「高さ」で稼ぐしかないなと考えました。


◯容量





既に一泊分の積載能力は有していたので中途半端なサイズは欲しくありませんでした。大きければ大きい方が良いとなりました。


選び方の考え方は「奥行きが長すぎず、容量がなるべく大きいもの」という方向に決まりました。


ミニフィールドシートバッグ、ミドルフィールドシートバッグ、フィールドシートバッグ、キャンピングシートバッグそれぞれのサイズと容量

ミニフィールドシートバッグ



200(H)X370(W)X300(D)mm(最小時)
200(H)X510(W)X300(D)mm(最大時)
容量 : 19〜27L
→全てのサイズが申し分ないが容量がもう少し欲しいところ。今の積載量より少ーし増えるくらいかとといったところ。

ミドルフィールドシートバッグ



(H)230×(W)520×(D)280mm(最小時)
(H)230×(W)680×(D)280mm(最大時)
容量:29~40L
→奥行きがぶっちぎりで一番短いのがグッド。しかし積んでいるときのスタイルを諦めきれていないのか、高さではなくひたすら横幅で容量を稼ぐスタイル。積めるものも限られるか?

フィールドシートバッグ




 310(H)X470(W)X310(D)mm(最小時)
 310(H)X670(W)X310(D)mm(最大時)
容量 : 39〜59L
→横幅は長すぎず、しっかり高さで容量を稼いでいる特筆すべきは奥行き。ミニフィールドシートバッグよりも1cm長いだけ。


キャンピングシートバッグ




350(H)X620(W)X350(D)mm(最小時)
350(H)X820(W)X350(D)mm(最大時)
容量 : 59〜75L
→容量は最高。大きすぎるか。奥行きがちょっと長すぎる




こんな考え方でフィールドシートバッグを選びました。僕の他のバッグも僕のバイクと僕の考えに合っていないだけでどれもスバらしいものだと推測できます。

このバックはこんな方に合うんじゃないか、考え方




ミニフィールドシートバッグ(Kシステムあり)
・最大のツーリングが一泊の方
・かっこいいバイクのシルエットを諦めきれない方





ミドルフィールドシートバッグ(Kシステムあり)
・2泊以上のツーリングを視野に入れている方
・かっこいいバイクのシルエットを諦めきれない方





フィールドシートバッグ
・2泊以上のツーリングを視野に入れている方
・お土産物もガンガン積みたい方
・積載と引き換えにバイクのシルエットを諦められる方





キャンピングシートバッグ
・連泊キャンプ行く方
・5日以上のツーリング行く方
・積載と引き換えにバイクのシルエットを諦められる方




※キャンピングシートバッグは他の3つのバッグよりも車種を選ぶと思うので積めるかの確認は入念にしてください。「キャンプシートバッグ  車種名」でググってください。多分積めますけど大きいんでね・

ミニフィールドシートバッグ、ミドルフィールドシートバッグ、フィールドシートバッグは積めないバイクはほとんどないと思います。もし積めなかったら「おれのバイク特殊だなぁー可愛いなぁー」とバイク愛を深めてください。

ウエストバッグは>>>こちら
リュックは>>>こちら
タンクバッグは>>>こちら
シートバッグは>>>こちら
泊まりツーリングバッグの答えは>>>こちら
日帰りのシートバッグの答えは>>>こちら
シルエットを諦めきれない日帰りのシートバッグの答えは>>>こちら

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

タナックス(TANAX) MOTOFIZZミニフィールドシートバッグ、ミドルフィールドシートバッグ、フィールドシートバッグ、キャンピングシートバッグ比較。購入までの考え方。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です