バイクにスマホを取り付けるスマホケース スマホホルダーの答えセパハンにも楽にポン付け

DEGNER デグナー NB-18 吸盤式ナビタンクバッグ 

・落ちない
・モバイルバッテリーと相性が良い
・スマホの熱暴走対策ができる
・セパハンにも楽に設置できる


↑楽天にしかなさそうでした。








バイク、ツーリングとスマホは死ぬほど相性がいいです。


積載能力が低いバイクに「ナビ」「音楽プレイヤー」「携帯電話」「パソコン」「カメラ」「疑似レーダー探知機」などを手のひらサイズのスペースで積むことができます。


使えそうなアプリを追加すれば可能性は無限大。いい時代になったなぁ。スマホ有り難う。



で、スマホをどーやってバイクに積むかなんですが世の中にはたくさんバイク用のスマホホルダーがあります。たくさんありすぎてどれがいいのかわかりませんよね。大丈夫!この記事を読めば解決!「答え」があります。というかタイトル下に書いてありました。

DEGNER デグナー NB-18 吸盤式ナビタンクバッグ を買えば良いだけです。


◯ NB-18 がバイクのスマホケースとして優れている点




・モバイルバッテリーとスマホが一緒に入る

→最大の理由はモバイルバッテリーとスマホを一緒に入れられることです。USB電源なんてもう古いです。配線の取り回しや、ツーリングの度に設置するする手間から解放されます。



・転倒時スマホを守ってくれる




→スマホって第二の脳(記憶能力は第一よりかなり優秀な)って感じですよね。

パスワードややら連絡先やら一括して管理してくれています。

スマホが壊れたら最初の設定めちゃめちゃ面倒ですよね。

以前新しいスマホにしたら2回連続で不具合がでて(2回とも新品に交換対応)、短期間のうちに3回初期設定をしました。もーね。舌噛んで星になっちゃおっかなーって具合で面倒でしたね。3回目は無駄に設定するのが早くなってましたけど。



そんな大事なスマホを裸でハンドル周りに設置している人がたくさんいます。

こんなやつ

転倒時にどっか飛んでいってバキバキになったりしないんですかね?走ってて不安になりそうです。


んで色んなライダーが無駄なカッパの携行を推奨するのにこれはスマホホルダーは裸でいいんだみたいな疑問と矛盾。


まぁ僕は雨の日絶対乗らないからいいですけど。


NB-18みたいなケース型だとバイクがダメになってもスマホは無事でいられると思います。少なくとも裸の物よりは大丈夫な可能性が高いですよね。


・真夏のスマホの熱暴走対策が使える




鬼のようにスマホを冷却して熱暴走を防ぐことができます。



真夏のスマホ熱暴走対策は>>>こちら


・セパハンにも楽にポン付けで設置可能




バーハンドルであればクランプで簡単に設置できるスマホホルダーですが、セパハンだと気軽に設置しづらいです。VFR400Rの頃はステムバーなどを使ってなんとか設置していました。この製品名だとそんなもの必要なくトップブリッジにポン付けでいけます。ベルクロでぐるりんちょ。なぜこれがスタンダードアイテムになっていないのか理解できません。


ステムにぐるっと
まきまき
外さずにガソリン入れられますこれが意外と


※写真は熱暴走対策済仕様なので穴が開いているです。






少しでも楽につけられる物を探していてナップスのお姉さんに「これ付きそうなんすけど試してきていいスか」とお願いして試させてもらったもんねー!





NB-18 がAmazonで取り扱いしてないっぽいので供給が心配です。
僕のビューエルはタンクがダミータンク(ガソリンはフレーム内に入る)な上に樹脂なので使えませんが」こんなのでもいいかもですね。

タンクだとナビのとき見づらいんですが NB-18 がなくなったら仕方ない・・・。これで代用ですかね。

モバイルバッテリーの答えは  こちら
スマホの熱暴走対策は >>>こちら

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクにスマホを取り付けるスマホケース スマホホルダーの答えセパハンにも楽にポン付け” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です