世界で唯一「バイクファッションがダサいから着ないという人が存在しない」を証明できた記事

バイクファッションがダサいから着ないなんて人は初めから存在しなかった



ダサいライダー
「あたしの命は軽いのよー!ヒャッハー!」





この記事に辿り着いた方は

  • バイクファッションなんてダサいから着ない
  • ダサくないバイクウアエ10選!とかいう記事を書いているライターさん
  • バイクファッションはファッション重視と言う方
  • 普段着ライダーを見るとため息が出る方
  • おしゃれライダーを見ると反吐が出る方



ではないでしょうか。違いますか。まあいいけど。バイクウエア、バイクファッションに関して、老婆心ながらあれこれ考察してきましたが、この度飛んでもない事実に気づいてしまったので記事にします。



バイクファッションがダサいから着ない、ファッション重視という人について冷静に考察してみた



バイクファッションと私服を混同している若者
「おれらの命は羽毛並みの軽さだぜー!ヒャッハー!」
「イエーーーーーーイ!」





これまで出してきたバイクファッション関係の記事は、ブログを始めたばかりということもあり、鼻息荒く書いてしまっていた気がします。最近ワインも美味しく感じてきて大人の階段を登り始めたので、ここいらで少し冷静に、もう一度「バイクファッションがダサいから着ない」という方々について考察してみることにしました。


「バイクファッションがダサいから着ない。ファッション重視だから私服で乗る。」


ということは少なくとも


「バイクファッションよりおしゃれな私服でバイクに乗っている」




ということですよね。


バイクファッションよりダサい私服で乗るのであればバイクファッション着ますもんね。

バイクファッションがダサいから私服で乗る方にとって重要なのは「おしゃれ」「自分らしく(笑)いられる」ということですものね。当然ですよね。



考察する内に僕は恐ろしい事実に気づいてしまいました。今までの自分への恥ずかしさでガタガタ震えが止まりません。その事実とは・・・・・・








そんなおしゃれな格好でバイクに乗っている人をみたことがない。

ということです。不幸にして僕は「おしゃれな格好でバイクに乗っているライダー」を見たことがないのです。


今まで長くバイク趣味を続けてきた中で、私服で乗っていらっしゃる方は大勢見ました。

ライジャケでない方は皆様、くっそださいイモ臭い私服であり、バイク云々抜きにしても「おしゃれな服だなぁ」と思ったことは一度たりともありません。



・前開きのチェックのシャツ
・ダメージジーパン
・とんがった珍妙な靴
・顔だけ>>>ジェロムレバンナで格好は敗戦国の子代表みたいな。
・革ジャンの上に何故か腕を引きちぎられたジージャンを着ている
・ポケットが死ぬほどついているストレッチパンツ
・風の抵抗を無視したパーカー
・とりあえずパーカー
・パーカーしかないのかやっぱりパーカー





とてもじゃないけど「ファッションにコダワッテまーす」「服には気を使ってます(キリッ)」とは言えない、



むしろその対局にいるような方ばかりでした。



チェックのシャツなんて>>>ピーターアーツくらいしかおしゃれに着こなせませんよね。



結局ライダーはチェック柄しかきないくせにファッションにこだわろうとする
チェックを着る前にフロントの空気圧チェックした方がいいね!減ってるよ!





バイクファッションがダサいから私服で乗る、 ファッション重視、という人の恐ろしいほどの矛盾


「バイクファッションがダサいから着ない。私服で乗る。」ということはおしゃれな私服でバイクに乗っているということですよね。


ここで物凄い矛盾が発生します。




「バイクファッションがダサい、ファッション重視だから着ない。私服で乗る。」

と言う方がいる一方で、


「おしゃれな服で乗っている人なんか見たことない。
みんな大変おダサい私服で乗っている」


という現実。




てことは・・・



私服で乗っている人は「バイクファッションがダサい、ファッション重視、という理由ではなく、なにかもっと別の理由(先祖代々の家訓、経済的理由)」でバイクファッションを着ていないだけであって「バイクファッションがダサいから」という理由で私服で乗っている人なんて人は存在しない。


ということ。安心しました。全部僕の勘違いでした。お恥ずかしい限りでございます。






敗戦国の子代表


バイクファッションがダサい、ファッション重視と言う人まとめ


いかがでしたでしょうか。


「バイクファッションがダサいから着ない。ファッション重視だから私服で乗る。」と言う方がいる一方で、「おしゃれな服で乗っている人なんか見たことない。みんな大変おダサい私服で乗っている」という現実がある時点で 「バイクファッションダサいから」という理由で私服で乗っている人なんて人は存在しない。 というなんとも平和な結論に達しました。


まさかあんなダサい私服を「おしゃれ」なんて思っているわけないですもんね!


皆様も私服でバイクに乗るライダー様達のファッションをジロジロチェックをしてみてくださいね。


「かっこいいバイクファッション10選!」とかの記事でプロテクターも入っていないジャケットとかグローブを紹介しているライターさんはあれだ!まだこの事実に気付いていないんだ!頭弱えええええ!


世界で唯一「バイクウエアがダサいから着ないという人が存在しない」を証明できた記事 は>>>こちら
「バイクウエアがダサイから着ない」と言う人がとてつもなくダサイ問題 は>>>こちら
1つの事故からバイクウエアの重要性を説く記事~瀕死の重傷を負った体験談~ は>>>こちら
バイクウエアがダサい問題~バイクウエアにおしゃれを持ち込む愚かさ~ は>>>こちら
アマリングと服装の摩可不思議な関係 >>>こちら
恐怖!妖怪H2半袖おじさん現る!>>>こちら
人とかぶらない物、事がいい!というあなたへ~個性とはなにか~は>>>こちら




僕にハンバーガーを奢って!




世界で唯一「バイクファッションがダサいから着ないという人が存在しない」を証明できた記事” に対して12件のコメントがあります。

  1. けんた より:

    人のファッションをバカにしてはあまり良くないことだと思います。

    1. okoblo より:

      けんた様
      コメント頂きましたokobloです。ブログの方針としてコメントは基本的に公開していないのですが、けんた様はまだお若い様ですので補足させていただきます。

      コメント頂いた記事を書いた目的は「バイクに軽装で乗らないにしよう」というメッセージを込めて書いています。

      例えば、大人は暴走族のことを「珍走団」「ダサイ族」などと呼んで、若い人が暴走族に憧れないようにします。この記事もそれに似ていて「軽装でバイクに乗る人のことを悪く言って」若い人が安全な装備でバイクに乗るようになって欲しいと思って書きました。

      つまり「一部のライダーのファッションセンスを悪く言っている」のではなく「軽装でバイクに乗っているライダーのことを悪く言っている」ということです。その結果みんな安全な服装でバイクに乗ってくれればいいと思っています。

      けんた様もバイク似興味を持って色々調べているうちにokobloに辿り着いてくれたのだと思います。けんた様がバイクに乗り始めるときに、「うざいブログに馬鹿にされないようにプロテクター入のジャケット着るか・・・」と思っていただければ幸いです。もし「うざいブログに書いてあったから逆に私服で乗ってやるぜ」と思われたのなら十分気をつけて乗ってください。バイクはすぐ死にます。

      誰にも気を使わず、万人受けを狙わずに、好き勝手書いているブログなので不快な点があると思いますが、このメールの内容をご理解頂けるのであればまた遊びに来ていただければ幸いです。

      それでは良きバイクライフを・・・

      okoblo

  2. おいらの愛馬はヴィンテージ より:

    はじめまして。25歳のハーレー乗りです。
    中型に乗り始めた20歳の頃から、Tシャツ一枚で走るのには抵抗があり、可能な限りのフル装備を心がけていました。
    それが、最近になってハーレーに乗り始めるな否や…というか雑誌やSNSなどメディアの影響は恐ろしく、いつしかバイクウェア=ダサい、軽装こそカッコいいと刷り込まれてしまいました。
    ところがこの頃はイタすぎるコスプレおじさんに遭遇することが多々あり、心を痛めると共に、複雑な思いを抱えるようになりました。
    主様の過激なまでの辛辣なメッセージに、私自身多少のダメージは受けましたが、ホントにその通りだと共感できる部分が多かったです。^^;
    背中にドクロやド派手なメーカーロゴの入った服では、身を守ることはできないのに普段着にもちょっと辛いものがあります。帯に短し襷に長しですね。
    目が醒めました。これからは、自分の本心に従って安全なバイクライフを送れそうです。ありがとうございました^ ^

    1. okoblo より:

      おいらの愛馬はヴィンテージ様

      コメントありがとうございます。

      99人のハーレー乗りさんから「何言ってんだおめー。服装なんて自由だろーが。クソ記事書きやがって。ボケカス。」とコメントをもらっても、1人のバイク乗りさんから頂いたコメントで報われます。

      安全な格好でハーレーに乗ると、メディアに流されているハーレー乗りさんからは「あのハーレー乗りキマッてねーな」と思われるかもしれませんが、流されないハーレーに乗っているバイク乗りさんと、多くのバイク乗りさんからは「あのバイク乗り超キマッてんなぁ」と思われると思います。

      伝わらない人に伝わるように(多くはやっぱり伝わりませんが)、他のブログやバイク関係のライターさんと違ってかなりきつめに書いてあるブログですがたまに役に立つ記事もありますのでまた遊びに来ていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA