マスツーリングでの給油

マスツーリングのガソリンスタンドは全員一緒に大きめのセルフで





この記事に辿り着いた方は

・マスツーリングのガソリンスタンドは時間がかかってつらい
・マスツーリングのマナー的なものを調べている
・マスツーリングをより効率よく楽しみたい
・マスツーリングは嫌いだ
・マスツーリングは面倒だ
・鱒釣りしたい


と言う方ではないでしょうか。大人数で行くマスツーリングだと、ガソリンスタンドでの給油1つとっても結構時間がかかりますよね。大々的なマスツーリング
ではなく、3台でいっても結構待ち時間がかかるものです。


マスツーリング時の給油方法やタイミングについて少しずづ改善を繰り返して、「これが1番効率がいいな」という答えに辿り着いていますので共有致します。

マスツーリングのときは大きめのセルフサービスのスタンドでいれるのが吉です。



以前、少し大きめのスタンドに寄ったら店員さんが1人しかおらず、ものすごい時間がかかってしまったことがあります。少し大き目のところに狙って入ったのですが給油する機会は複数あるけど店員さん1人・・・。そういうパターンもあるのかと勉強になりましたね・・・。後ろの人は「この先のスタンドに行って入れちゃうね!あとで合流ね!」と先に行っちゃう始末!←ナイス判断でした


店員のおばちゃん「今人がいなくてねーごめんねー」
僕ら      「こっちこそ大人数で来ちゃってごめんなさい」


とお互いに恐縮してしまいました。



なのでマスツーリングのときは大きめのセルフに寄ってください。大きめじゃなくてもセルフにしてください。セルフならライダーが店員さんになれるからこのケースのような心配しないで済みますからね。

給油は全員同時にするのが吉



それと、スタンドに寄ったら全員給油するのが好ましいです。オフ車とビッグツアラーでは航続距離に凄い差があるのでちょっと話は別ですが「あと100キロは走れるから今は入れなくていい」というのはやめた方がいいです。

100キロ走ったあと、直前に給油した人はあと200キロ走れるということになったりします。


ちなみにオフ車は150キロ程度、ビッグツアラーだと500キロ越えとかの航続距離の差があります。


マスツーリングの集合場所で

「今日一番航続距離が短いのがビューエルさんなので200キロ毎に給油しまーす!皆様それに合わせて各自判断してくださーい!それ以外では給油しませんよー!」

と伝えます。ビューエル乗りさんが恐縮したような態度をしますが心の中では「ビューエルガソリン入らないし燃費そんなに良くないけど可愛いよ趣味性高いよ可愛いよ」と思っているはずです。


自分の段取りミスで全体を止めるのは
非常に恐縮・・・


このアナウンスをしていれば


「今日一番航続距離が短いのが○○さんなので200キロ毎に給油しまーす!皆様それに合わせて各自判断してくださーい!それ以外では給油しませんよー!」

という周知をマスツーリングしょっぱなにしておけば、

「僕のバイクは450km走れるから2回に一回給油でいいな!」
とか
「僕のバイクは300km走れるけど毎回(200kmごと)給油しなきゃだな!」


みたいに各々良い感じに段取りできますよね!

おばちゃんごめーん!

マスツーに効くハンドサイン一覧は>>>こちら
千鳥走行を知らない方とのマスツーは>>>こちら
マスツーリングの作法:千鳥走行は>>>こちら
マスツーリング駐車の流儀は>>>こちら
マスツーの幹事になったら準備することは>>>こちら
新説!マスツーリングでは初心者を最後尾にする!は>>>こちら
新説!千鳥走行の停止時の並び方は>>>こちら
マスツーリングでの給油は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

マスツーリングでの給油” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です