マスツーリングの幹事になったら出発までやることの流れ

前日までの周知と当日の周知をしっかりと





この記事に辿り着いた方は


・マスツーの幹事を頼まれた
・マスツーの幹事をやってみたい
・ツーリングを企画したい



と言う方ではないでしょうか。


マスツーリングの幹事をするのはとても大変です。マスツーリングは「幹事に連れてってもらっている」と言っても過言ではないです。

バイク乗りという少し変わった人たちをまとめまければならないのです。マスツーリングの幹事には絶大なカリスマ性が求められます。しかしただの変わった人にそんなカリスマ性はないので「計画性」で補っていきましょう。そこは。

カリスマ!

ついにマスツーリングの幹事を頼まれる日が・・・



いよいよバイクに慣れてきて、いっしょに走る人に信頼され、「次は幹事お願いね」とマスツーリングの幹事を仰せつかったら快く引き受けましょう。

思わず「えー嫌だー」などと言ってしまった場合、今までの幹事さん達に土下座して回りましょう。いつまでも他の人に甘えるわけにはいきません。この記事に従ってやれば出発まではばっちりうまくいきますから楽しんで幹事しましょう。


一緒に走る人が気心の知れた仲でも安心安全なツーリングにするため、楽しい思い出をお互いに持ち帰るため、幹事の仕事をしっかりやりましょう

◯日程の調整





日程の調整は仕事で「数社集まる打ち合わせの日程調整」に似ていますね。。二輪免許を取得できる年齢の方はみな大人なので各々予定に縛られて生きています。それを最大限尊重した日程調整の仕方です。

直近の1ヶ月くらいで「絶対にツーリングに行けない日」と「確実にツーリングに行ける日」を全て挙げてもらう

「絶対に行けない日」ではない「確実にツーリングに行ける日」が一番重なった日に決定する

その日が「確実にツーリングに行ける日ではない人」に「なんとか調整できるー?」とお願いする

調整できない人は「次にタイミング合ったときで!」と諦める

日程のバチ決まり



※連絡は常に全員に共有できる状態が好ましいです。LINEグループやメールの引用一斉送信など。

※参加希望者が多ければ多いほど、全員参加を目指すとなかなか日程が決まらずダラダラしてしまうので最大参加できる人数を目指しましょう。全員参加はマストではないと考えたほうが全体の幸せに繋がります。

◯ルート決め





ツーリング参加者に「どこか行きたいところありますか?参考にします」と送る。

だいたい「任せるよ!」と返信が来ます。

ルート決めます。このブログの>>>ルート公開カテゴリーを参考にしてルートを決めて頂ければ幸いです。マスツーリングはソロツーリングと違って予定通りルートを進めるのが重要になってくるのでいつもよりしっかりと出します。

ルートのバチ決まり

◯集合場所、時間の連絡


集合場所は高速道路のSAやPAが分かりやすいです。

駐輪場が2つある場合は「建物に向かって右」「喫煙所の方」などとわかるようにします。高速道路を使わない場合、コンビニは店舗名を正確に伝えるなど迷わずに合流できる分かりやすい場所を伝えましょう。

「道志村のセブン」ではなく「セブンイレブン相模原津久井青野原店」と伝えます。この方が参加者の方がナビ設定しやすいです。

◯ルートの共有


ルートを出したらノートに書き出したルートとGoogleマップを共有して全員にわかるようにします。出発地は自宅や現在位置にせず、集合場所にした方が無難です。

ツーリングプラン、ルートの計画の仕方は>>>こちら


◯延期条件を伝える


中止ではなく延期です。せっかくあなたが苦心して計画したルートをわざわざ中止にするのはもったいない。「前日の降水確率50%以上or朝僕が起きたとき(何時頃)に雨が降っていたら延期にします。前日の夜と出発前にケータイチェック願います。連絡ない場合はGOです。」と伝えておきましょう。

天気によってツーリングを延期する自分ルールを作るは>>>こちら


◯細かい連絡事項の共有

・合流前にガソリン満タン願います
・遅刻した場合次の目的地で合流してください
・高速代は◯◯円です
・千鳥走行願います
・航続距離が一番短いのは◯◯さんなので200キロ毎にガソスタ寄ります。




など予め伝えられることは全て伝えましょう。「細かいやつだなー」と思われるかも知れませんが、それがマスツーリングの成功に繋がります。それが幹事の役割です。それがやつらにはわからんのですよ。


このブログで役に立つ記事があれば是非共有してください。「今回の千鳥走行はこのルールでお願いします→(okbloの記事リンクURL)」みたいな感じで。


◯当日集合場所で

・「集合してくださーい!おはよーございまーす!今日は宜しくお願いしまーす!」と元気に挨拶します。皆をまとめてください。

・初メンバーがいたら紹介しましょう。その方が初心者の場合はその旨を他のメンバーに伝えます。初メンバーからは一言もらってください。既存メンバーも車種と名前を言ってもらいます。

・事前に共有したことを簡単に口頭で確認します。「ルートは送っている通りです」「千鳥走行は送っているブログの通りです」等。もし確認していない人がいれば内容を教えてあげましょう。

・走る順番を伝えましょう。「先頭は僕いきます。◯◯さん、◯◯さん・・の順でお願いします」や「次の目的地の◯◯までフリー走行です。そこで会いましょう!」(←僕はこっちが好み)と伝えます。


出発!!!

と言う感じです。

※下見に行かれる幹事さんがいますが僕はおすすめしません。彼女と映画を観に行くのに下見で一人で観に行く人なんていないでしょ。お金と時間の無駄+一緒に行ったときの感動がなくなります。

まとめ


いかがでしたでしょうか。数をこなさないと難しいマスツーの感じですが、任命されたときにこの記事を参考にして見てください。

・日程調整
・ルート決め
・集合時間、場所の連絡
・ルートの共有
・延期条件の周知
・当日集まったら気の利いたこと言う


こんな感じであなたのマスツー感じデビューがうまくいきますように!

マスツーに効くハンドサイン一覧は>>>こちら
千鳥走行を知らない方とのマスツーは>>>こちら
マスツーリングの作法:千鳥走行は>>>こちら
マスツーリング駐車の流儀は>>>こちら
マスツーの幹事になったら準備することは>>>こちら
新説!マスツーリングでは初心者を最後尾にする!は>>>こちら
新説!千鳥走行の停止時の並び方は>>>こちら
マスツーリングでの給油は>>>こちら





僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

マスツーリングの幹事になったら出発までやることの流れ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です