バイクの給油口の動きが固いときのたった1つの対処法

シリコンスプレーを稼動部に吹いて拭き取る




あなたの愛車の給油口はストレスなく、快適に回りますか?動きますか?



給油はバイクのお食事の時間ですのでこちらも気持ちよくガソリンを入れてあげたいですよね。

経年劣化で動きが渋くなる給油口

しかし長く乗っていると給油口に鍵を突っ込んでも回し辛くなったり、ペコペコ部分のヒンジの動きが渋くなったりしていきます。
鍵が曲がるんじゃねーかってくらい渋くなることもあります。

そんなときはいつものこれ

>>>テケテテッテテー♪


シリコンスプレーーーーー!



いつお世話になってます。シリコンスプレー先輩です。この子なんでもできますね。将来の夢は宇宙飛行士でしょうか。

給油口への注油の仕方



ビューエルさんは大胆にも給油口が丸々外れるタイプです。稼動部分、パーツとパーツの隙間に吹き掛けていきます。

結構「これでもか」と吹きかけます。鍵を差してパーツを稼動させ(鍵を閉めたり開けたりする)てまたビタビタ吹きかけます。

ついでにペコペコヒンジにもスプレーします。一通り満足したら綺麗に乾拭きして完了!パーツの間にシリコンスプレーが入り込んで動きがスムーズになりました。


ペコペコもスムーズになりました。

動くところ全て


ペコペコのヒンジ
鍵穴にはシリコンスプレーは勧めません


給油口の蓋が外れないのも同じ


蓋がタンクから外れないタイプ(普通はこっち)は給油口にテープを貼って蓋をして、タンク内にシリコンスプレーが入らないようにしてから作業しましょう。


タンクにシリコンスプレーがついてもツヤツヤになるだけで害はありませんが気になる方は給油口周りのタンクも養生しましょう。


鍵穴には鍵穴用のグリスがあるのでそっちの方がいいかも。ゴミが貯まりやすくなるといいますが僕は使っちゃってます。


バイクの日常的にシリコンスプレーで注油すべき9箇所 は>>>こちら
ウインカー、パッシングボタンが効かないときにやるたった1つのこと は>>>こちら
バイクの給油口の動きが固いときのたった1つの対処法 は>>>こちら
フロントフォークの寿命を3倍延ばすメンテナンス方法 は>>>こちら
ニュートラルに入らないシフトペダルがスコスコ動くたった1つの裏技は>>>こちら


僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

バイクの給油口の動きが固いときのたった1つの対処法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA