バイク屋さんにメンテナンスをお願いする前に洗車をすべきではない理由

不具合のヒントを消してしまう


この記事に辿り着いた方は

・バイクのお勉強をしている
・バイクのメンテナンスはお店にお願いしようと思っている


という方ではないでしょうか。この記事ではバイクメンテナンスをバイク屋さんにお願いする時の小さな注意点を一瞬で説明します。頭の片隅に入れておいてください。


バイクの不具合を洗い落とさないために洗車せずにバイク屋さんに行く

痕跡を消さないように・・・


誠実にバイクと向き合っている方の中には、バイク屋さんにメンテナンスをお願いするときに、

「普段からきれいに、きちんと、愛情を持ってバイクに乗っていることをわかって欲しいな!洗車してから行こう!」
「汚いままメンテナンスをお願いしたら失礼だからきれいにしてからお店に行こう!」


と考える方もいると思います。しかし、それはやめた方がいいと僕は思います。



メンテナンス前に洗車をしないほうがいい理由


例えばあなたのバイクがほんの少しだけオイル漏れを起こしていた場合、そのオイル漏れが軽微なもので、普段からそのバイクに乗っているあなたは気づかないものだったとします。

あなたが気づかない程度の「うっすらオイルが漏れた跡」や「パッキンから何かが漏れた跡」などをヒントとしてバイク屋さんが「オイル漏れしてる!」「パッキンダメになってるかも!」などと気づけるかもしれません。


バイク屋さんに行く前に洗車をしてしまうと。そういった「不具合に気づけるヒント」を洗い流してしまうことになりかねません。


そんな理由でメンテナンス前に洗車をするべきではないと僕は考えます。



バイク屋さんに行くのはどのタイミングが一番いいの?

これくらいドロドロならあれだけど・・・


普段からマメに洗車をすることはとても大事です。バイクをきれいに保てるだけでなく普段は気づけない不具合に自分で気づけてトラブルを早期発見できる可能性が高くなります。


しかしバイク屋さんにメンテナンスに行く直前のツーリングから帰っても洗車をせずにそのままメンテナンスを受けましょう。普段通りの走りをして、普段通りのバイクの汚れ具合でメンテナンスに行けば、もし自分では気づけない不具合があった場合、プロであるバイク屋さんは気づけるかもしれません。




ということでツーリングのあと洗車せずにバイク屋さんに行くことをおすすめします。


まとめ


いかがでしたでしょうか。オフロードを走ってドロドロに汚れたバイクの場合はまた話は違いますがいつものツーリングの汚れをそのままにしてバイク屋さんにいくことをおすすめします。

・不具合発見のヒントであるバイクの汚れを洗い落とさずメンテナンスに行く


僕はこれで「ガスケットだめになってるから変えとくねー」というアドバイスをいただいたことがあります。小さなことですが、後々の大きなトラブルを予防できるかもしれないので記事にしました。


【全32項目】これを気にしていればバイクメンテナンスは完璧一覧 は>>>こちら
バイクの洗車はメンテナンスの第一歩になるという大切な考え方 は>>>こちら
バイク洗車に必要な道具一覧と洗車方法9ステップ は>>>こちら
【洗車場、水、洗剤不要】フクピカのみを使う、最も簡単なバイク洗車方法 は>>>こちら
【洗車場不要】水も洗剤も使わないバイク洗車はたった5ステップは>>>こちら
バイクを高圧洗浄機で洗車するYouTuberが愚かである理由 は>>>こちら







僕にロッコルを履かせて!



あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA