【4つの知恵で】サイドスタンドエンドは甘え【対処】

サイドスタンドエンドを買う必要はない。停める場所を選ぶ。落ちている石ころでも対処可能。


過去記事から読み上げ機能を実装しています。上にYoutubeのサムネイルがある場合、タップしていただければ読み上げ機能が発動します。 冒頭はチャンネル紹介ですので30秒程度飛ばして頂いても結構です。 記事内容の補足説明も入れていますので読み上げをスタートさせてから一緒に記事を読むとより楽しめます。別の作業をしながら聞き流していただいても楽しめます。
アスファルトのせいなの!
妖怪のせいなの!



この記事に辿り着いた方は

・サイドスタンドエンドを買おうか検討中の方


ではないでしょうか。そんなもん買わなくて大丈夫ですよ。少し頭を使えばわかりますので頭を使って対処しましょうねと言う記事です。
巷に溢れる 「ツーリング必携の持ち物○選!」 的な記事で「サイドスタンドエンドは必ず持って行こう!」とか平気で書いてあるのでそれに対するアンサー記事です。別にアンサー求められてねーけど。


「ツーリング必携の持ち物○選!」的な記事にイライラしながらツッコむ記事 は>>>こちら

真夏のアスファルトは柔らかいのでサイドスタンドエンドがないとが沈むことがある


アスファルトは硬いものと思っていますが、(実際に硬いものですが)実は熱に弱く、35度を超える様な真夏日に炎天下にさらされると結構柔らかくなります。
上をバイクや車で通過したり、歩いて渡っても「埋まっていく」なんてことにはならないのですがバイクの重さをとても狭い範囲で支えているサイドスタンドでは文字通り


「埋まって」いきます。


そのまま放置しているとどんどん傾きがきつくなって最終的にサイドスタンドでは支えきれなくなり、無人のまま転倒。ということになります。この現象は実際にはそれほど心配しなくても良いです。僕は16年バイクに乗っていますがアスファルトにサイドスタンドが埋まったことは1度しかありません。

アスファルトにサイドスタンドが埋まった状況

奇跡的に写真がありました。
見事に亀裂に突っ込んでいます。
これで見るとそうでもないけど
その時は倒れるんじゃねーかってくらいに感じました。


夏、鬼押出し園の駐車場にバイクを止めて一通り観光してバイクに戻るとなんだかえらい角度になっていました。よくよく見ると、アスファルトの亀裂のすぐ横にサイドスタンドを立てたため、亀裂の中に滑るようにして沈んでいました。注意力不足です。

僕は基本的に観光地に長居しないのでそれが良かったです。ハーレー乗り様のようにずっとだべっていたら転倒させていたかもしれません。

サイドスタンドエンドを使わないでアスファルトにサイドスタンドが埋まらないようにする知恵

日陰に駐輪する

アスファルトは気温ではなく直射日光でどんどん温められていきます。黒いアスファルトに燦燦と降り注ぐ太陽。そりゃ熱くなりますよね。

日陰に止めればアスファルトはさほど柔らかくなっていないので問題なく停められます。

アスファルトに止めない

そもそもですが、アスファルトがやばいならアスファルトに停めなきゃいいんです。
コンクリートで蓋がしてある側溝の上などにサイドスタンドをたてましょう。間違えてもグレーチングの網の中にスタンド立てないようにしましょう。サイドスタンドが網に入ったら最悪です。そこまでの阿呆はいないと思ていましたがyoutubeをみてから考えが変わりました。色んな人がいるなぁ。

もちろん土の上でもサイドスタンドは沈みます


アスファルトの上は余程暑い日で余程安いアスファルトで余程日差しがきつくなければさほど気にしなくてもいいですが、土の上は普通に沈みます。
お店の駐車場が土であったりしたらなんとか対策をして停めなければなりません。

サイドスタンド沈むの防止グッズ

サイドスタンドエンド



サイドスタンドの接地部分の面積を広くして沈まなくする便利アイテムです。車種専用品が多いようです。着けっぱなしにできて、高いものではないので割りといいかもしれません。
走行中に落ちそうな気もしますが。

スタンドホルダー



着けっぱなしではなく都度敷いて回収するものです。紐がついているのでバイクに跨ってから回収できる優れものです。一見賢そうなアイテムですが、これをすぐ出せるところに積載しておくことや回収後の収納を想像するとなんとも馬鹿げたものに見えてきます。僕はいらないかな・・・。


知恵を使えばこんなグッズ必要ないんすけどね。HAHAHA!!!

僕のサイドスタンド沈むの防止グッズ~突然土の上に停めなければならなくなった場合~

近くに落ちている大きめの石をサイドスタンドと土の間に噛ませます。これで16年過ごしています。これで倒れたらサイドスタンドエンドつけます。今のところ倒れたことはありません。もちろん停めるときに1速に入れるのが前提ですよ。

現地でなんとかなるものでなんとかするのも風情があります。


バイクを駐輪するときにギアを入れなければならないたった1つの理由 は>>>こちら

僕のサイドスタンド沈むの防止グッズ~前もって砂の上に停めるの分かっている場合~


サイドスタンド部分に注目

コンビ二でフリーペーパーもらったっす。ホテルで全部読んで応募もしましたので無駄にはしていません。使った後に回収するのがだるかったけど、ここまでの砂浜だときっとサイドスタンドエンドでも支えられないような気がするので現場対応としてはベストだったかなと思います。わかんねーけど。

まとめ

いかがでしたでしょうか。わざわざサイドスタンドエンドを買うならば知恵を使いましょう。浮いたお金でツーリング!

日陰に停める
アスファルトにサイドスタンドを立てない
石を使う
フリーペーパーを使う(後で全部読む)


と言う感じでスマートにツーリングを楽しみましょう。 夏の北海道のアスファルトは結構沈むらしいので行く方はお気をつけ下さい。


真夏のスマホの熱暴走を永遠に解決する世界で唯一の3ステップ は>>>こちら
【最適解】バイク歴16年の夏のバイク服装11個の全アイテム は>>>こちら
夏のバイクツーリングを涼しく快適にするたった1つの非常識な裏技 は>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!


あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA